視覚障がい者の方へ

視覚障がい者のためのHP情報
ホーム > 出願にあたって | 教養学部

出願にあたって

1.視聴方法について

下の表のいずれかの方法で、放送授業が視聴できることをご確認ください。

 

*****

テレビ放送(BS231ch)

BS放送231チャンネルで放送しています。(無料)

最初にお手元のリモコンで「BS」に切り替えてください。選局は以下の方法があります。

方法(1) リモコンの「番組表」ボタンを押して番組表を表示し、放送大学を選択する。

方法(2) リモコンで12チャンネルを選択した後、リモコンの選局ボタン(+や∧等)を押してチャンネルを切り替える。

方法(3) リモコンで「3桁入力」や「10キー」等のボタンを押した後、数字キーを「2」「3」「1」の順に押す。

※リモコンやテレビ等の機種によりボタンの名称や操作方法が異なる場合がありますので、取扱説明書をご参照ください。

※関東の一部エリアでは、地上デジタル放送の12チャンネルでもご覧いただけます。視聴可能エリアについては、放送大学ホームページをご参照ください。(http://www.ouj.ac.jp/hp/bangumi/

地上デジタル放送は、平成30年9月末で終了予定。

※放送大学の番組を放送しているケーブルテレビでも視聴できます。視聴方法については、お近くのケーブルテレビにお問い合わせください。

 

ラジオ放送(BS531ch)

BS放送531チャンネルで放送しています。(無料)

テレビでお聴きいただく音声放送で、画面には番組名が静止画で表示されます。

(聴取方法)

(1)お手元のリモコンで「BS」に切り替える。

(2)放送大学テレビ(231チャンネル)を選択する。

(3)リモコンの「データ放送」のボタンを押す。

(4)データ放送画面の左下に「○青BSラジオへ」というメッセージが表示されますので、リモコンの青ボタンを押す。

※BSラジオの録音方法はお手持ちの録画機器によりテレビの録画方法とは異なる場合がありますので、メーカーにお問い合わせください。一般的な録音方法については、放送大学ホームページをご参照ください。(http://www.ouj.ac.jp/hp/toiawase/broadcast/#anc-q7-08

※関東の一部エリアでは、FMラジオ放送でも聴取できます。周波数は77.1MHz(前橋は78.8MHz)です。聴取可能エリアについては、放送大学ホームページをご参照ください。(http://www.ouj.ac.jp/hp/bangumi/

FMラジオ放送は、平成30年9月末で終了予定。

※放送大学の番組を放送しているケーブルテレビでも聴取できます。聴取方法については、お近くのケーブルテレビにお問い合わせください。

 

学習センター・サテライトスペース

前述の受信メディア等を使用できない方は、学習センターまたはサテライトスペースにて視聴できます。

※詳しくは所属を希望する学習センター等にお問い合わせください。

 

その他の視聴方法

インターネット

開講期間中はインターネットでも視聴できます。(※著作権者からインターネット配信について許諾を得られなかった一部授業を除く)

利用にはインターネットに接続されたパソコンやスマートフォンなどが必要です。(ただし、パソコンなどに映像データを保存することはできません)

科目名や必要な設備・環境については放送大学ホームページをご覧ください。

 

インターネットラジオ radiko.jp

放送しているラジオ科目を同時にパソコン、スマートフォン等で聴取できるIPサイマルラジオサービス(radiko.jp)を実施しています。詳しくはホームぺージをご覧ください。

 

オンライン授業の受講方法

インターネット

平成27(2015)年4月からオンライン授業を開設しています。詳細は、別冊の「平成28年度第2学期授業科目案内(教養学部)117頁」をご参照ください。

オンライン授業は、インターネットによる受講となります。受講にはインターネット接続されたパソコンとWebブラウザ、Adobe Flash Player最新版が必要です。各科目の文字情報による教材を閲覧するには、Adobe Reader最新版のインストールが必要です。

閲覧方法・学習方法・推奨環境の詳細は本学ホームページにてご確認ください。

*****

 

2.身体等に障がいのある方の出願について

身体等に障がいのある方で、「介助者の同席がないと学習が難しい」などにより、特別な対応がないと学習に支障をきたす恐れがある場合、修学上の特別措置を希望することができます。特別措置をご希望の場合は、所属を希望する学習センターまたはサテライトスペースへ、予めご相談ください。(各学習センター等で対応できる修学上の特別措置が異なる場合があります。)ご相談の際に、ご希望内容に対して当該センター等で対応できる特別措置について具体的に検討させていただきます。

出願票の「特別措置希望欄」に1をつけた方で、ご相談(面談)が済んでいない方へは、追って学習センター等から個別面談のための日程等を連絡いたします。

※個別面談のスケジュールの都合上、原則として第1回募集への出願をお願いいたします。

※面談の日程等は、ご出願後概ね1、2週間以内に当該学習センター等から連絡いたします。

※連絡の関係上、出願時に「障がいの状況と、電話、メール、郵送の中で、ご希望の連絡方法を書いたもの(様式自由)を同封してください(記入例:難聴なので電話以外の方法を希望)。ただし、前学期からの継続入学の場合は同封不要です。

※出願の際、出願票措置欄に記入がない場合は、入学後に特別措置を受けられない場合がありますので、ご注意ください。

 

3.外国籍の方の出願について

本学に全科履修生として入学をお考えの方は、次のいずれかの書類を添付願います。

 

在留カードの写し(両面)

特別永住者証明書の写し(両面)

外国人登録証の写し(両面)

日本への在留ビザの写し

 

なお、本学は通信制の大学であることから、留学ビザの資格発生要件となりませんのでご注意ください。

 

ページの先頭へ