視覚障がい者の方へ

視覚障がい者のためのHP情報
ホーム > 募集内容 全科履修生(新規・再入学) | 教養学部

募集内容 全科履修生(新規・再入学)

1.募集定員

15,000人(2・3年次編入学を含む)

 

2.入学資格

平成28年4月1日現在満18歳以上(平成10年4月1日以前に生まれた方)で、かつ次の1から7Bのいずれかに該当する方

※教育指導の関係上、日本国内に居住し、郵便により連絡がとれる方に限ります。

 

*****

1 高等学校・中等教育学校を卒業した方

2 大学入学資格検定または高等学校卒業程度認定試験に合格した方

3 外国において学校教育における12年の課程を修了した方、またはこれに準ずる方で文部科学大臣の指定した方

4 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した方

5 文部科学大臣が別に指定する専修学校高等課程(修業年限3年以上)を文部科学大臣が定める日以降に修了した方、大学入学資格があるとして文部科学大臣の指定した方

6 高等専門学校第3学年を修了した方、または特別支援学校高等部を修了した方

7A 本学において、個別の入学資格審査により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる方[7 募集内容 全科履修生(1年次入学・再入学) 7.個別の入学資格審査希望について参照]

7B 選科履修生または科目履修生として本学に在籍し、基盤科目(保健体育を除く)または導入科目から履修し、合わせて16単位以上を修得している方

*****

 

※1から7Aの資格については、インターネット出願の場合も3.証明書類を送付いただく必要があります。これが困難な場合は、まずは選科・科目履修生として在学する7Bの方法をご検討ください。

 

3.証明書類

2.入学資格で1から7Aに該当する方は下記の証明書類を準備し、所定の封筒で郵送してください。7Bに該当する方および全科履修生として在籍したことのある方は不要です。

証明書類の発行には時間を要する場合がありますので、早めのご準備をおすすめします。

 

*****

該当入学資格 1

証明書類:入学資格に該当する卒業証明書または卒業見込証明書の原本

注意事項:

卒業・修了見込みで出願する方は、見込証明書を出願時に提出し、卒業・修了が確定した時点で速やかに卒業・修了証明書を再提出してください。平成28年10月28日(金曜日)[必着]までに卒業・修了証明書の再提出がない場合は入学許可を取り消します。

卒業・修了証書(卒業式等で授与される、賞状に似た形式のもの)に限っては白黒コピー、日本の大学・短期大学を卒業または退学した場合は、当該校の卒業・退学証明書と様式3-2の組合せをもって左記の証明書に代えることも可能です。

注 大学・短大の卒業証明書のみでは、入学資格を確認する書類にはなりません。大学院修了証明書等は使用できません。

 

該当入学資格 5・6

証明書類:入学資格に該当する修了証明書または修了見込証明書の原本

注意事項:

卒業・修了見込みで出願する方は、見込証明書を出願時に提出し、卒業・修了が確定した時点で速やかに卒業・修了証明書を再提出してください。平成28年10月28日(金曜日)[必着]までに卒業・修了証明書の再提出がない場合は入学許可を取り消します。

卒業・修了証書(卒業式等で授与される、賞状に似た形式のもの)に限っては白黒コピー、日本の大学・短期大学を卒業または退学した場合は、当該校の卒業・退学証明書と様式3-2の組合せをもって左記の証明書に代えることも可能です。

注 大学・短大の卒業証明書のみでは、入学資格を確認する書類にはなりません。大学院修了証明書等は使用できません。

 

該当入学資格 2

証明書類:大学入学資格検定または高等学校卒業程度認定試験合格証明書の原本

注意事項:合格証書に限っては両面白黒コピー、日本の大学・短期大学を卒業または退学した場合は、当該校の卒業・退学証明書と様式3-2の組合せをもって左記の証明書に代えることも可能です。

 

該当入学資格 3・4・5

証明書類:該当する入学資格に応じた証明書の原本

注意事項:入学資格3・4・5は、特別な証明書が必要な場合があります。該当する方は早めに学生サポートセンター(043-276-5111)までご相談ください。

外国の学校を卒業された方は、英文(凡例、略記を含む両面全文の和訳添付)または和文による卒業証明書などが必要となります。平成28年7月31日(日曜日)必着

 

該当入学資格 7A

証明書類:[7 募集内容 全科履修生(1年次入学・再入学) 7.個別の入学資格審査希望について]参照

注意事項:平成28年7月31日(日曜日)必着

 

該当入学資格 外国籍の方

証明書類:[2 出願にあたって 3.外国籍の方の出願について]参照

*****

 

書類送付についての注意事項

証明書類は、必ず原本を提出してください。

 

現在の氏名と証明書に記載された氏名に変更があった場合

姓のみ変更:変更理由、年月日等を便せん等に記入して出願書類と一緒に提出してください。

姓名の変更、名のみの変更:戸籍・免許証等の変更前と変更後の氏名が確認できる書類の写しを提出してください。

 

インターネット出願をした方で必要書類を送る場合は、封筒表の「インターネット出願証明書類在中」の欄にチェックマークをし、その右欄に整理番号をご記入ください。出願票は同封しないでください。

提出書類は返却いたしません。

出身校がすでに統廃合等の理由により証明書等の発行を依頼できない場合は、出身校が設置されていた都道府県庁にお問い合わせください。

 

証明書類送付方法

インターネット出願

下記大学本部に郵送してください。(出願票は同封しないこと)

〒261-8686 千葉県千葉市美浜郵便局私書箱5号 放送大学 学務部学生課 出願登録係宛

 

郵送による出願

出願票提出時の封筒に同封してください。

 

4.既修得単位の認定について

他大学、短期大学等を卒業または退学された方、高等専門学校を卒業または退学されて、4年次、5年次に単位を修得された方、[8 募集内容 全科履修生(2・3年次編入学) 2.編入学資格]の要件を満たす専修学校専門課程または高等学校等専攻科を修了された方等で第1年次に入学する場合、希望により他大学等で修得した単位(科目等履修生として修得した単位を含む)を審査のうえ、卒業に必要な単位として認定します。

※入学後は、単位の審査を希望しても認定されませんのでご注意ください。

※認定結果については、入学後に審査のうえ、12月中旬に通知する予定です。

 

既修得単位の認定上限

基盤科目、導入科目 30単位(その内、面接授業として8単位、外国語科目2単位を含む)

専門科目 認定されません。

合計30単位(その内、面接授業として8単位)

※提出された単位数等に基づき単位認定の可否を審査し、一括して認定します。

※導入科目は自コース開設扱いの単位として認定されます。

 

必要書類

他の大学・短期大学を卒業または退学された方

別冊の「出願票他提出書類セット」様式3による証明書

および大学入学資格(高等学校卒業等)を証明する書類または様式3-2経歴申告書

 

高等専門学校を卒業・中退された方

別冊の「出願票他提出書類セット」様式4による証明書

※4年次、5年次で修得した単位のみ、認定対象となります。

 

専修学校専門課程を修了された方

別冊の「出願票他提出書類セット」様式5による証明書

および大学入学資格(高等学校卒業等)を証明する書類

 

高等学校等専攻科を修了された方

別冊の「出願票他提出書類セット」様式6による証明書

および大学入学資格(高等学校卒業等)を証明する書類

 

旧国立工業教員養成所、旧国立養護教諭養成所を卒業された方

卒業年月日および履修科目名と単位数が明記されている証明書

および大学入学資格(高等学校卒業等)を証明する書類

 

旧制諸学校を卒業された方

在学期間および履修科目名と毎週授業時間数が明記されている証明書

および大学入学資格(高等学校卒業等)を証明する書類

 

平成3年文部省告示第68号第5号に掲げられた教育施設(省庁系大学校)における学修の単位認定については学生サポートセンター(043-276-5111)へお問い合わせください。

 

注意事項

証明書類は、必ず原本を提出してください。

卒業または退学見込みの方は、出願時にご提出いただくほか、までに卒業・修了・退学証明書をあらためて再提出期限までにご提出ください。

他大学等での単位が確定していない場合は、出願時にご提出いただくほか、あらためて再提出期限までにご提出ください。<再提出期限 平成28年10月28日(金曜日)必着>

現在の氏名と証明書等に記載された氏名に変更があった場合は、その旨(変更理由、年月日等)を便箋等に記入して出願書類と一緒に提出してください。(場合によっては別途書類の提出をお願いする場合があります。)

外国の大学等の単位認定を希望される方は、大学等が発行する英文(凡例・略記を含む両面全文の和訳添付)の各種証明書の提出が必要です。資格等の確認に時間を要しますので、平成28年7月31日(日曜日)必着で出願ください。

提出書類は返却いたしません。

 

5.修業年限および在学年限

第1年次入学の場合、修業年限(※1)は4年、在学年限(※2)は最長10年となります。

なお、以前に本学を退学等により学籍を失った方々が、再び全科履修生に入学しようとする場合の修業年限および在学年限については必ずしも上記のとおりとはなりませんので、学生サポートセンター(043-276-5111)へお問い合わせください。

※1 修業年限:卒業までに最低限在学しなければならない期間

※2 在学年限:在学ができる最長期間(休学期間を除く)

 

6.修業年限の通算について

過去に本学の選科・科目履修生として一定の単位を修得された方が全科履修生に入学する場合、下表のとおり修業年限を通算することができます。ただし、卒業の要件とならない単位は除きます。

修業年限の通算は、出願時に本人の希望により行います。なお、この制度の適用により修業年限および在学年限が大幅に短縮されることもありますので、学習計画を十分に検討のうえ、申請してください。

 

選科・科目履修生としての修得単位および当該単位の修得に要した期間(平成28年度第1学期末時点)

31単位以上修得し、かつ、単位の修得に要した期間が1年以上

62単位以上修得し、かつ、単位の修得に要した期間が2年以上

 

*****

選科・科目履修生としての修得単位および当該単位の修得に要した期間:31単位以上修得し、かつ、単位の修得に要した期間が1年以上

通算される年数:1年

修業年限:3年

在学年限:8年

 

選科・科目履修生としての修得単位および当該単位の修得に要した期間:62単位以上修得し、かつ、単位の修得に要した期間が2年以上

通算される年数:2年

修業年限:2年

在学年限:6年

*****

 

上表の単位修得に要した期間中に以下の期間がある場合は、その期間は修業年限の通算の対象になりません。

他の大学、短期大学、高等専門学校、専修学校専門課程または高等学校等専攻科の学生であった期間

大学入学資格取得以前に本学の選科・科目履修生であった期間(本学で所定の単位[16単位]を修得して入学資格を得た場合、所定の16単位および他に修得した単位は卒業に必要な単位として認められます。)

 

必要書類

別冊の「出願票他提出書類セット」様式1と様式7

大学入学資格を証明する書類([7 募集内容 全科履修生(1年次入学・再入学) 3.証明書類]参照)

 

注意事項

この制度は出願時に申請した場合のみ適用となります。出願後の申請や変更はできません。

通算される年数は自動的に換算されます。申請時に年数を選択することはできません。

平成28年度第1学期で修業年限の通算に必要な単位を修得見込みの場合には、平成28年8月下旬に送付される単位認定試験の成績をご確認ください。また、単位修得状況によっては、通算の措置を受けることができない場合もありますので、事前に十分検討のうえ、申請してください。

編入学あるいは1年次既修得単位認定制度との併用はできません。

 

7.個別の入学資格審査希望について

入学資格審査の申請対象者

外国人を対象に教育を行うことを目的として我が国に設置された教育施設において高等学校に対応する3年に相当する学習歴を有する、若しくは有する見込みのある方、又は日本の大学院への入学資格が認められる教育施設を卒業、若しくは卒業見込みの方が対象となり、提出された申請書類に基づき入学資格審査を行ったうえで選考します。

申請期間(通常の出願期間と異なるので、注意してください)

平成28年6月15日(水曜日)から平成28年7月31日(日曜日)必着

 

申請方法および申請書類

1 全科履修生出願票(別冊の「出願票他提出書類セット」様式1)

2 放送大学教養学部全科履修生入学資格審査申請書(nyugaku@ouj.ac.jpへ様式を請求してください。)

3 当該教育施設の長発行(厳封)の調査書(文部科学省所定の様式に準じたもの)

4 当該教育施設の申請者在学当時の教育内容等(学校案内、学則、カリキュラム、卒業に必要な総授業時数等)が確認できるもの

5 当該教育施設の卒業証明書又は卒業見込み証明書(卒業見込みで申請する方は、卒業が確定した時点で、速やかに卒業証明書の原本を提出してください。)

提出期限 平成28年9月30日(金曜日)

卒業証明書の提出を本学で確認した後でなければ、入学許可書、印刷教材等が発送できませんので証明書類はできるだけ早く提出してください。また、入学資格を認められた方が平成28年9月30日(金曜日)までに卒業できなかった場合は、その入学資格の認定は効力を失います。

※ 外国籍の方の場合 [2 出願にあたって 3.外国籍の方の出願について]参照

 

申請書類提出先

申請者は、上記書類を取り揃え「入学資格審査申請書類在中」と朱書し、下記宛に郵送してください。

提出された申請書類は返却しません。

〒261-8686 千葉県千葉市美浜郵便局私書箱5号 放送大学 学務部学生課 出願登録係宛

 

審査基準

「大学入学資格に係る専修学校高等課程の指定に関する実施要項」(昭和60年9月19日文部省高等教育局長裁定)による指定の要件を準用し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があるかを審査します。

 

審査結果の通知

審査結果は、申請者宛に通知します。

 

8.再入学について

全科履修生として本学を卒業した方または卒業見込みの方は、卒業したコース(卒業した旧専攻に対応するコース)以外のコースに再入学(3年次学士入学)となり、既に本学で修得した単位が通算されます。

なお、卒業するためには、[1 概要 6.全科履修生の卒業のために必要な単位・条件]の要件を満たし、且つ、再入学するコースのコース科目(導入科目、専門科目、総合科目)から、新たに16単位以上(既修得単位を含まない)修得する必要があります。

全科履修生として本学に在籍し、退学または除籍(在籍期間満了を含む)となった方は、再入学することにより、以前修得した単位および在学した期間(4年を限度)が通算されます。

 

必要書類

別冊の「出願票他提出書類セット」様式1のみ

※再入学希望の方は入学資格に該当する証明書類が不要です。

 

出願方法

インターネット出願

インターネット登録をもって手続終了です。

出願票は送付しないでください。

 

郵送による出願

出願票のみ提出用封筒に入れてください。

〒261-8686 千葉県千葉市美浜郵便局私書箱5号 放送大学 学務部学生課 出願登録係宛

 

9.在学生への注意事項

平成28年度第2学期も引き続き学籍のある方

「平成28年度第2学期科目登録申請要項」を平成28年7月中旬に別途送付します。別冊の「出願票他提出書類セット」では科目登録ができませんのでご注意ください。[10 科目登録申請についての注意事項参照]

科目登録申請開始の8日前になっても「科目登録申請要項」が未着の場合は、学生サポートセンター(043-276-5111)へお問い合わせください。

 

平成28年度第1学期末(平成28年9月末)で学籍がなくなる方

在学期間が満了となる方

再入学(継続して学修)を希望される場合は、別冊の「出願票他提出書類セット」の出願票または大学本部から送付する「継続入学用関連書類(再入学)」にて入学手続きを行えます。

またシステムWAKABAでも手続きができます。面接授業の科目登録も希望する場合は、システムWAKABAにて指定の期間中に出願する必要があります。[11 面接授業の登録申請参照]

※集団入学および共済組合を利用して入学した方を除く。

※「継続入学用関連書類(再入学)」は、平成28年7月上旬から中旬(予定)に送付します。

 

卒業見込みの方で再入学(継続して学修)を希望される場合

大学本部から平成28年7月上旬から中旬(予定)に送付される「卒業見込み者あて連絡事項(封書)」を確認のうえ「継続入学用関連書類(再入学)」を学生サポートセンター(043-276-5111)へご請求ください。

平成28年7月中旬を過ぎても「卒業見込み者あて連絡事項(封書)」が未着の場合は、学生サポートセンター(043-276-5111)へお問い合わせください。

 

ページの先頭へ