視覚障がい者の方へ

視覚障がい者のためのHP情報
ホーム > 募集内容 選科履修生・科目履修生 | 教養学部

募集内容 選科履修生・科目履修生

1.募集定員

40,000人(選科履修生・科目履修生の合計)

 

2.入学資格

平成28年4月1日現在満15歳以上である方(平成13年4月1日以前に生まれた方)

※別冊の「出願票他提出書類セット」選科・科目履修生用出願票(様式2)のみで出願できます(証明書類の提出は不要です)。

※教育指導の関係上、日本国内に居住し、郵便により連絡がとれる方に限ります。

※高等学校に在籍している方等も、選科・科目履修生として入学できます。

※平成10年3月の学校教育法施行規則の一部改正により、高等学校の生徒が大学の選科・科目履修生として修得した単位を、高等学校長の判断により高等学校の単位として認定できるようになりました。詳しくは、在籍している高等学校にお問い合わせください。

※選科・科目履修生は「卒業研究」と「体育実技」は受講できません。[10 科目登録申請についての注意事項参照]

 

3.教育訓練給付制度をご利用の方へ(ご利用の方のみお読みください)

本学は教育訓練給付制度厚生労働大臣指定講座の実施大学です。

また、本講座は、受給資格のある方が出願時に申請することで利用が可能になる制度です。

制度の利用方法、給付額、給付資格等については、厚生労働省開設のホームページ等にてご確認ください。

※本制度利用には雇用保険支払い期間等の条件がありますので、各自で事前に受講者本人の住所を管轄するハローワークへ受給資格の有無を必ず確認し、申請してください。(※雇用保険の加入のない方(公務員等)はご利用いただけませんのでご注意ください。)詳しくは厚生労働省職業能力開発HP http://www.mhlw.go.jp/bunya/nouryoku/kyouiku/index.htmlをご参照ください。

本制度を利用して放送大学の講座を受講するにあたり、コースを選定するために必要な情報 http://www.ouj.ac.jp/hp/nyugaku/new/pdf/kyufu_meijisyogakubu_h282.pdfを必ずご確認ください。

 

受講期間

選科履修生 平成28年度第2学期および平成29年度第1学期(平成28年10月1日から平成29年9月30日)

科目履修生 平成28年度第2学期(平成28年10月1日から平成29年3月31日)

 

*****

開設講座と科目群

対象学生:種講座名(指定講座番号):科目群※

選科履修生:教養学部企業会計コース(12015-992001-2):初級簿記(16)、現代会計(16)、マーケティング(13)、国際経営(13)、管理会計(14)

選科履修生:教養学部企業経営コース(12015-992002-5):技術経営の考え方(11)、経営学入門(12)、ケースで学ぶ現代経営学(12)、ファイナンス入門(12)、マーケティング(13)、国際経営(13)、組織運営と内部監査(13)、管理会計(14)、グローバル化と日本のものづくり(15)

科目履修生:教養学部企業経営(短期養成)コース(12015-992004-0):技術経営の考え方(11)、経営学入門(12)、ケースで学ぶ現代経営学(12)、ファイナンス入門(12)、マーケティング(13)、国際経営(13)、組織運営と内部監査(13)、管理会計(14)、グローバル化と日本のものづくり(15)

*****

 

コースの趣旨

企業会計

企業経営に際しては、社会における企業の役割を理解しつつ、適正利益をあげることを求められます。このコースでは、社会的思考・論理に関する知識の修得を目指します。

 

企業経営

企業経営に際しては、経営理念を持ちつつ、社会における企業の現状および将来展望を常に見据えなければなりません。このコースでは、経営および経済的思考・論理に関する知識の修得を目指します。

 

受講に必要な手続き

インターネット出願

出願情報入力画面で基本情報を入力する際、「教育訓練給付制度厚生労働大臣指定講座」欄の希望講座を選択してください。

 

郵送による出願

別冊「出願票他提出書類セット」選科・科目履修生出願票の、「教育訓練給付制度」欄を記入してください。

 

講座修了条件

選科履修生

受講期間中に、受講講座の科目群より4科目(本学において既に単位を修得済みの科目は対象外)以上選択し、4科目以上の単位を修得。

※受講期間中に4科目以上を修得できず、平成29年度第2学期の再試験の結果、4科目以上の単位を修得した方も、修了とします。(再試験を受ける為には、平成29年度第2学期に放送大学教養学部生として入学する必要があります)

※平成28年度第2学期のみで4科目以上の単位を修得した場合でも、受講期間は短縮されません。

 

科目履修生

受講期間中に、受講講座の科目群より2科目(本学において既に単位を修得済みの科目は対象外)以上選択し、2科目以上の単位を修得。

※受講期間中に2科目以上を修得できず、平成29年度第1学期の再試験の結果、2科目以上の単位を修得した方も、修了とします。(再試験を受ける為には、平成29年度第1学期に放送大学教養学部生として入学する必要があります)

 

受講講座を修了した方には、「教育訓練給付金申請書」、「教育訓練修了証明書」、「領収済証明書」を学習センター支援室より送付します。

修了できなかった方(再試験の方を含む)には、最終的に修了できなかった場合に通知します。

受講期間終了日の7日後までに上記の書類が届かない場合は、必ず学習センター支援室学生支援係〔電話:043-276-5111(総合受付)〕までご連絡ください。

 

注意事項

既に単位を修得した科目および平成28年度第2学期に再試験受験予定の科目は対象外です。

再試験受験資格を得るために支払った入学料は、給付金支給対象とはなりません。

給付講座を複数受講しても、支給申請できるのは1つの講座のみです。(教養学部と大学院の両方を受講した場合も同様です。)

受講修了後、給付対象となる経費の20%(上限10万円)がハローワークへの申請により給付されます。

 

ページの先頭へ