視覚障がい者の方へ

視覚障がい者のためのHP情報
ホーム > 科目登録申請についての注意事項 | 教養学部

科目登録申請についての注意事項

1.科目登録申請についての注意事項

2017年度第1学期に登録する科目のみ記入してください。本学の授業科目は、1学期間(半年間)で完結します。

2017年度第1学期に履修する放送授業・オンライン授業がない場合、出願が無効になります。継続入学生は、2016年度第2学期の成績通知書を確認のうえ、出願することをお勧めします。

郵送での申請後の取消、変更、追加は、理由のいかんにかかわらずできません。

科目登録は「科目コード」のみに基づいて行われます。科目名が正しくても科目コードを間違えた場合、希望と異なる科目が登録されることになります。また、科目が登録されないために入学できなくなることもありますので、科目コードを間違えないよう、十分にご注意ください。

改訂科目であっても履修制限がかかっていない科目がありますので、別冊の「2017年度第1学期授業科目案内(教養学部)」をご確認ください。

 

登録できない科目

「2017年度第1学期授業科目案内(教養学部)」に掲載されていない科目:夏季集中型科目・大学院科目・閉講した科目は登録できません。

単位認定試験日・時限が同じ科目:単位認定試験日・時限が同一である科目は1科目しか登録できません。また、同一試験日・時限に2科目以上を申請された場合、上段に記入された科目のみが登録されますのでご注意ください。[2017年度第1学期授業科目案内(教養学部)単位認定試験時間割参照](新規に登録した科目と、再試験となる科目の試験時間割が重なることがありますが、同一の試験日・時限に受験できる科目は再試験の科目を含め1科目です。)

既に放送大学で単位を修得した科目:科目内容が改訂された科目であっても登録できない科目があります。「2017年度第1学期授業科目案内(教養学部)」でご確認ください。

 

留意が必要な科目

面接授業科目:やむを得ない事情で閉講・日程変更する場合がありますが、それに伴い受講できない場合は授業料を返金します。急な閉講・日程変更で連絡が取れないためおいでいただいた場合における交通費等については、本学旅費規程の範囲内で補償します。講師の病気など、事情により他の講師が代講する場合があります。登録申請手続については、[11 面接授業の登録申請]をご参照ください。

卒業研究:全科履修生対象の選択科目であり、他の放送授業科目と異なり、毎年4月から3月までの通年制となっています。科目登録には一定の条件を満たす必要があります(履修開始前年度に卒業研究申請書を提出し、審査を受け履修が認められる必要があります)。詳しくは各学習センターで配布している「卒業研究履修の手引」をご参照ください。

体育実技:全科履修生対象の選択科目であり、選科履修生・科目履修生は申請できません。体育実技は、面接授業1単位として認定されます。詳細は、別冊の「2017年度第1学期授業科目案内(教養学部)」をご参照ください。

オンライン授業科目:オンライン授業を受講いただくには、ご自身でパソコンの用意等、学習環境を整えていただく必要があります。(学習センターのパソコンは利用できない場合があります。ご了承ください)。科目登録を行う前に、必ず、授業が受講できる環境にあるかどうかを、放送大学ホームページ「オンライン授業体験版」でご確認ください。また、科目ごとに必要なパソコン操作のスキル、学習内容、提出物の有無、提出期間が異なります。必ず、シラバス及び開講後のご案内をご確認ください。また、オンライン授業科目は、科目登録・成績評価上は放送授業として取り扱われます。卒業要件上は、「面接授業又はオンライン授業により修得すべき最低単位数」の20単位に算入されますが、「幼児理解の理論及び方法(15)」「教育課程の意義及び編成の方法(15)」「小学校外国語教育教授基礎論(17)」については、「授業形態を問わない単位数」として取り扱われます。

 

2.在学生への注意事項

[7 募集内容 全科履修生(1年次入学・再入学) 9.在学生への注意事項]、[10 科目登録申請についての注意事項 3.引き続き入学を希望する場合の注意事項]、[11 面接授業の登録申請]をご参照ください。

 

3.引き続き入学を希望する場合の注意事項

2016年度第2学期末で学籍が終了する方は出願が必要ですが、科目登録申請は不要となる場合があります。(下記参照)

 

科目登録申請が不要となる場合(再履修を希望する場合)

再履修科目の他に履修を希望する科目がない場合は、出願票裏面の科目登録欄は空白にし、●印の設問欄(桃色)の回答を「はい」として○をご記入ください。

2016年度第2学期に通信指導未提出または不合格の場合⇒2017年2月下旬から5月上旬までに再度通信指導問題を送付します。

2016年度第2学期に通信指導を合格し、単位認定試験を未受験または不合格の場合⇒2017年度第1学期の再試験を受験できます。2017年7月中旬に受験票を送付します。

2016年度第2学期単位認定試験を合格した場合⇒当該科目の再試験受験のためだけに出願手続きをしている場合は出願が無効となります。

※再履修のためだけの出願の場合、入学料のみ必要となり、再履修科目の授業料は不要です。

 

通信指導および単位認定試験を行わないオンライン授業科目については、再試験がありません。単位を修得できなかった場合は、再度科目登録申請が必要になりますので、ご注意ください。

 

科目登録申請が必要となる場合(再々履修を希望する場合)

2016年度第1学期に新規登録した放送授業で、2016年度第2学期の再試験が不合格だった場合に備えて、2017年度第1学期に再々履修を希望する場合、出願時に単位認定試験の結果が不明でも、あらかじめ2017年度第1学期出願時に科目登録申請が必要になります。

2016年度で閉講になった科目を再履修することはできません。

2016年度第2学期に単位認定試験(再試験)を未受験または不合格の場合⇒科目登録申請がされている場合、当該科目の登録が行われ、当該科目分の学費請求を行います。

2016年度第2学期単位認定試験(再試験)を合格した場合⇒科目登録申請がされている場合でも、当該科目は登録されません。したがって、当該科目のみの申請で出願手続きをしている場合、出願が無効となります。

ページの先頭へ