視覚障がい者の方へ

視覚障がい者のためのHP情報
ホーム > 学生生活の栞 大学院 > 放送大学イメージソング と・も・た・ち

放送大学イメージソング と・も・た・ち

小椋佳 作詩

小椋佳 作曲

 

いきてきて こころにたずね これがたからと いえるもの

とみでなく めいよでもなく それはともたち

 

ながいたびじの みちづれだった おなじじだいの いくさのなかま

あるいはときに きそいあいいどみあい

いま うちとけてなごみあう

ほほえみうかべる たがいのひとみに じぶんのれきしをふとかいまみる

 

あるだけで ただいるだけで うれしいかちと いえるもの

まぎれなく ためらいもなく それがともたち

 

くそまじめとは いわないけれど いっしょけんめい いきてきたこと

ことばむようで うつしあいかんじあい

いま めをほそめ ひびきあう

いのちのふかみに いすわるこどくも こいびとのようなぬくもりいだく

 

なげきやくどいぐちも うなずいてかきちらしてくれた

めんとむかっていうこともないだろうけど

ともでいてくれて ありがとう

 

かずかずの そのふるまいは たすけすくいといえるもの

むくいなく みかえりもなく それはともたち

 

ほめられるほど りっぱじゃないが それぞれのめに はじないことに

こころをつくし つとめあいはげみあい

いま たらなさをささえあう

たがいのなまざし むかえるあしたを のぼりざかとしてせなかをつつく

 

ひそやかなよろこびも ともにいてふくらましてくれた

ぶきようだからくちにだすこともないけれど

ともでいてくれて ありがとう

ページの先頭へ