視覚障がい者の方へ

視覚障がい者のためのHP情報
ホーム > 学生生活の栞 大学院 > 01 授業

01 授業

(1)修士課程

(1.)放送授業

ア 放送の視聴による学習

放送授業は、テレビ放送による科目(以下「テレビ科目」という。)とラジオ放送による科目(以下「ラジオ科目」という。)の2種類があり、科目によりテレビ科目かラジオ科目かが決まっています。テレビ科目、ラジオ科目いずれも1つの放送授業期間に15週にわたって放送され(2単位科目は週1回、4単位科目は週2回、1回45分)、学期ごとに完結します。その授業内容は第1学期、第2学期とも同じです。

放送授業の放送時間割は、「授業科目案内」、「放送大学番組表」及び放送大学のホームページに記載されています。

 

イ 印刷教材(テキスト)による学習

印刷教材は、放送授業科目ごとに、放送授業と互いに補完するように作成されています。学習にあたっては、この印刷教材を読み、併せて放送授業を視聴して行うこととなります。

印刷教材は、科目登録申請をし、授業料を所定の期日までに納入された場合に、大学から送付します。

印刷教材に、教育内容に影響を及ぼす誤りが見つかった場合は、正誤表を発行します。ただし、主任講師が教育内容に直接影響がない軽微な誤りと判断した場合は、正誤表は発行されません。

 

ウ 科目の改訂

各授業科目は、最新の学問成果を採り入れ、かつ、理解しやすい授業にするために、概ね4年に1度改訂が行われます。

 

エ 放送授業科目の単位

放送授業科目は、放送授業と印刷教材を併せて学習し、単位認定試験に合格することにより、2単位又は4単位を修得することができます。

 

オ 放送授業の視聴方法

①テレビ放送(BS231ch)

BS放送231チャンネルで放送しています。(無料)

最初にお手元のリモコンで「BS」に切り替えてください。

<選局方法>a、b、cいずれかの方法により、視聴できます。

a リモコンの「番組表」ボタンを押して番組表を表示し、放送大学を選択する。

b リモコンで12チャンネルを選択した後、リモコンの選局ボタン(+や∧等)を押してチャンネルを切り替える。

c リモコンで「3桁入力」や「10キー」等のボタンを押した後、数字キーを「2」「3」「1」の順に押す。

※リモコンやテレビ等の機種によりボタンの名称や操作方法が異なる場合がありますので、取扱説明書をご参照ください。

※ 関東の一部エリアでは、地上デジタル放送の12チャンネルでもご覧いただけます。視聴可能エリアについては、本学ホームページをご参照ください。(http://www.ouj.ac.jp/hp/bangumi/

地上デジタル放送は、2018年9月末で終了予定。

 

②ラジオ放送(BS531ch)

BS放送531チャンネルで放送しています。(無料)

テレビでお聴きいただく音声放送で、画面には番組名が静止画で表示されます。

<聴取方法>aからdの手順により、聴取できます。

a お手元のリモコンで「BS」に切り替える。

b 放送大学テレビ(231チャンネル)を選択する。

c リモコンの「データ放送」のボタンを押す。

d データ放送画面の左下に「青BSラジオへ」というメッセージが表示されますので、リモコンの青ボタンを押す。

※一般的な録音方法については、本学ホームページをご参照ください。

http://www.ouj.ac.jp/hp/toiawase/broadcast/#anc-q7-07

ただし、機種によっては対応ができない場合があります。

※関東の一部エリアでは、FMラジオ放送でも聴取できます。周波数は77.1MHz(前橋は78.8MHz)です。

聴取可能エリアについては、本学ホームページをご参照ください。(http://www.ouj.ac.jp/hp/bangumi/

FMラジオ放送は、2018年9月末で終了予定。

 

*****

放送大学の番組を放送しているケーブルテレビでも視聴・聴取ができます(注1、注2)。

(注1)ケーブルテレビによる地上波放送(地上デジタル放送・FMラジオ放送)も2018年9月末で終了となる予定です。

(注2)ケーブルテレビによるBS放送(テレビ・ラジオ)のうち、次に該当する場合は、2018年3月末で終了となる予定です。

放送大学テレビ科目視聴中に、リモコンの「d(データ放送)」ボタンを押しても「データ放送」に移行しない(データ放送を視聴できない)。

放送大学テレビ科目視聴中に、音声モードを副音声に切り替えると放送大学ラジオ科目の音声が聴取できる。

*****

 

③インターネット配信

放送授業(テレビ科目、ラジオ科目)は、パソコンやスマートフォンなどで開設期間中ならいつでも視聴することができます。

ただし、インターネット配信はストリーミング配信ですのでダウンロードすることができず、視聴中は常にインターネット通信費がかかる場合があります。

通信費がかからないWi-Fi環境等での視聴を推奨します。

視聴方法等については、下記URLをご覧ください。

http://www.ouj.ac.jp/hp/gaiyo/abouthp/#anc03

※「美学・芸術学研究(13)」は配信していません。

 

④インターネットラジオ radiko.jp

ラジオ科目をパソコンやスマートフォンなどで放送と同時に聴ける「radiko」(ラジコ)もご利用いただけます。詳しくは、http://radiko.jpをご覧ください。

 

⑤学習センター等における視聴による学習

放送授業を視聴できない場合または繰り返し学習する場合には、学習センター等にDVD・CD等の視聴設備があり、テレビ科目はDVDで、ラジオ科目はCDで、都合のよい日時に視聴することができます。DVD・CD等の内容は、基本的にテレビ・ラジオで放送した内容と同一で、1科目45分15本(4単位の科目は30本)で完結しています。

なお、新規に開設する科目のDVD・CDについては、全ての科目分を学習センター等に、年度当初に配架することができない場合がありますので、ご了承ください。

新規の開設科目は、科目名の末尾に(17)と表示してあります。

 

(2.)オンライン授業

ア オンライン授業の登録方法

オンライン授業は、放送授業と同じ方法で登録します。詳しくは[3 科目登録]をご確認ください。

 

イ オンライン授業の内容

オンライン授業は、インターネット上で提供される諸情報による学習をし、双方向性を生かした設問解答、課題解答及び討論への参加等により行う授業です。

 

ウ オンライン授業の単位及び成績について

1単位科目は8回、2単位科目は15回にわたって配信し、学期ごとに完結します。

成績評価は○AからEまでの6区分で行い、C以上が合格です。

成績は、「成績通知書」によって通知します。また、システムWAKABA「履修成績照会」でも確認することができます。

単位を修得できなかった場合は、再度、科目登録申請が必要になります。

疑義が生じた場合には、キャンパスネットワークホームページ「質問箱」または「質問票」(巻末様式14)を用いて内容を伝えてください(5 質問について(修士課程のみ)参照)。オンライン授業科目の疑義の受付期間は、1学期は8月末、2学期は2月末までです。

 

エ オンライン授業の受講方法

放送大学ホームページ「オンライン授業体験版」でご確認ください。http://online-open.ouj.ac.jp/

体験版では、オンライン授業を受講するために必要なパソコン推奨環境、パソコンスキルの確認や、学習方法のご案内と合わせて、課題(小テスト、レポート、ディスカッション)の操作を体験することができます。

 

(2)博士後期課程

ア 「基盤研究」と「特定研究」の2つのアプローチによる研究指導

「基盤研究」と「特定研究」の2つの研究指導方法によって、専門分野の研究能力の深化とともに俯瞰力と創造力を幅広く備え実践と理論を結びつけることのできる高度な社会人研究者を養成します。地域社会や職場、自然・生活環境等、あるいは人間そのものに生ずる実践的な課題に対して、高度な視点から研究を行う教育課程を編成します。

 

イ 基盤研究

基盤研究は、社会人・職業人として持つ経験や現場での知識・技能(経験知、実践知)を体系化・再構成し深化させて学問知を構築し、社会人研究者としての基盤的な研究方法・技術や研究論の修得・充実を図るためのものです。

各プログラムの基盤研究科目の中に、必修として、特論科目と研究法科目を開設します。

 

①特論

特論は、博士後期課程院生の研究がプログラム内の自分が所属する狭隘な研究領域の専門だけに閉塞することなく、自分が関係するプログラムの各研究領域における最新の研究動向や実践的・理論的課題等を学ぶことで、研究テーマや課題、方法を関係領域のより広い学術的・実践的な文脈の中で捉え直し、研究の課題や方法などを更に深化させたり再構築を図れるようにして、本学大学院博士後期課程の目的である「関連領域の学術水準を踏まえて発展させ俯瞰力を身につけた社会人研究者の養成」を目指します。

毎年度前期に集中講義にて実施し、所属プログラムの全教員によるオムニバス講義と共同討議という授業形態で行います。本部キャンパスにて直接対面指導を実施し、参加できない場合はWeb 会議システム等にて間接対面指導を行います。

 

②研究法

研究法は、博士論文で取り組もうとする研究課題に関係した先行研究や理論の検討、研究方法論などを学ぶ演習(ゼミ)形式の指導です。教員から定期的に作業課題が出され、提出されたレポートに基づく研究指導をWeb 会議システムやメール等で行います。院生同士でのディスカッションが有効と思われる場合には対面でのゼミやWeb会議システムを利用した間接対面指導も行われます。

毎年度後期に実施し、1年次後期に、主研究指導教員の担当するメジャー分野の研究法科目を履修、2年次後期には、副研究指導教員の担当するマイナー分野の研究法科目を履修します。本部キャンパス及び学習センター等にて、直接対面指導、Web 会議システムによる間接対面指導及びメール等による指導を行います。

 

ウ 特定研究

特定研究では、博士論文の完成に向けて、1年次から3年次まで段階を踏んだ体系的な研究指導を行います。各年次で、定期的な課題の出題と対面指導を行います。課題に対するレポート提出は、単位取得のための必須要件となります。一方、定期的な対面指導は、研究指導チームの3名が協力して指導に当たることとし、原則として本部キャンパスまたは学習センターにおいて実施します。

博士論文の柱となる研究を、メジャー分野、隣接専門分野及びマイナー分野の研究指導教員で構成される研究指導チームの下で進めます。特定研究では、博士論文の研究対象となるであろう事例研究や、フィールドワーク、実験・観察等に研究指導チームとともに取り組みます。この過程で、各々のテーマに基づく研究の遂行と博士論文作成を、学生のメジャー分野のプログラムに属する教員全員で指導・支援し、学際的な観点に立ってチェックする「プログラム報告会」を設け、研究と論文の内容・方法・水準のチェックを行います。個人あるいはグループ別の対面指導のみならず、在宅の学生に対し、Web 会議システム、メール等、各種の情報通信手段を用いて研究テーマあるいは教員や学生の生活実態に合わせて個別に指導する体制を整えます。さらに全ての都道府県に設置されている学習センターの所長及びスタッフは、学生がこうした指導を受け、研究を円滑に遂行できる環境を整備することによって、通信教育にありがちな学修の孤独化を防ぎます。

効果的・効率的な研究指導を行うため、上記のようなWeb 会議システム、メール等の情報通信手段を十分に活用し学生と教員間でやりとりできる場を設けますが、同時に直接対面での指導をより重視し、必要に応じて対面による指導と質疑応答をより密に行えるようにします。

 

*****

研究指導方法

基盤研究(「特論」と「研究法」)

第1年次(前期) 各プログラムの「特論」

第1年次(後期) メジャー分野の「研究法」

第2年次(後期) マイナー分野の「研究法」

 

特定研究(論文指導)

第1年次

事例研究(フィールド・ワーク、文献調査、資料調査、アクションリサーチなど)

プログラム報告会

 

第2年次

データ、資料等の整理・分析

博士論文の中心的な柱となる論文作成

事例研究(フィールドワーク、文献調査、資料調査、アクションリサーチなど)

プログラム報告会

 

第3年次

データ、資料の調査・分析

事例研究(フィールドワーク、文献調査、資料調査、アクションリサーチなど)

博士論文の作成

プログラム報告会

*****

ページの先頭へ