ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
  • 企業・学校関係者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 在学生の方へ

ここからサイト共通メニューです

ここから本文です

放送大学エキスパート(科目群履修認証制度) FAQ -よくあるご質問-

ご質問一覧

Q&A

1.制度全般に関する質問

Q1.「放送大学エキスパート」と「科目群履修認証制度」は同じものですか。
A1.「放送大学エキスパート」は制度の愛称です。各プラン名(社会探究プラン、市民活動支援プラン等)は、認証名の愛称となります。
制度の正式名称は「科目群履修認証制度」です。認証状には、認証の正式名称(現代社会の探究、市民政策論等)が記載されます。
Q2.申請すると、何がもらえますか。
A2.学長名による「認証状」と、「証明書」(単位修得科目一覧を明記したもの)を発行します。また、希望により、携帯できるカードも発行します。
Q3.本制度の対象者は誰ですか。学籍がなくても申請できますか。
A3.本学教養学部に在学中、または在学期間終了翌学期中の方が対象です。この期間を過ぎると申請できませんので、申請するためには再入学していただく必要があります。
Q4.本制度の目的は何ですか。認証状を取得すると、どんなメリットがありますか。
A4.全科履修生の方については、教養学部の科目をより体系的に学ぶことができ、学士号に表われてこない、特定分野の学習成果を対外的に伝えることができます。 選科履修生及び科目履修生の方については、学習計画を立てる際の目標として、あるいは履修モデルのようなものとしてお考えいただければと思います。
Q5.認証状は、必ず取得しないといけないものですか。
A5.本制度は本学の卒業要件ではありませんので、在学中に必ず取得しないといけないものではありません。
Q6.認証状は資格のようなものですか。また、履歴書の資格欄に書けますか。
A6.本制度は、学校教育法第105条の「履修証明制度」に基づいた制度です。本学である特定分野の科目を体系的に学習したことの証明として、履歴書に書いていただくことは可能です。

2.申請手続について

Q7.認証状を申請するには、どのような手続が必要ですか。
A7.事前に特別な手続は必要ありませんので、通常の科目登録を行なってください。認証取得条件を満たす単位数(プランによって異なります)を修得された時点で、所定の発行手数料をお支払いのうえ、交付願を提出してください。
Q8.発行手数料の支払方法を教えてください。
A8.銀行振込、郵便定額小為替、現金書留の3通りの支払い方法があります。
詳細は、申請手続方法をご覧ください。
Q9.交付願の入手方法を教えてください。
A9.「科目群履修認証制度(放送大学エキスパート)について」というパンフレットの最終ページに掲載されています。パンフレットのPDF版はこちらでご覧いただけます。
Q10.発行手数料の金額を教えてください。
A10.
  • (1)認証状+証明書 1,000円
  • (2)認証状+証明書+カード 1,500円

となります。

証明書を2通以上希望される場合、2通目以降は1通につき200円となります。

(例)認証状+証明書2通の場合 1,200円
認証状+証明書2通+カードの場合 1,700円

Q11.交付願や発行手数料を本部や学習センターに直接持って行ったり、また認証状を本部や学習センターで直接受け取ったりすることはできますか。
A11.現在のところ、申請から交付にかかるまでの手続は、全て本部で行なっており、郵送のみでのお取り扱いとさせていただいています。ご不便をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

3.認証取得条件について

Q12.プランによって認証の取得条件が違いますが、どのプランでも認証を受けることはできますか。
A12.本学で開設されているどのプランでも、履修認証制度の認証を受けることができます。本制度は平成20年に学校教育法に基づく制度となりましたが、その基準として設けられたのが、「課程の総時間数は、120時間以上」というものです。(参考:文部科学省ホームページより http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shoumei/
本学で実施している科目群履修認証制度は、全てのプランでこの基準をクリアしております。
Q13.授業科目群は、どのような科目ですか。
A13.原則として、1科目2単位の放送授業です。
ただし、「異文化コミュニケーションプラン」及び「アジア研究プラン」「日本文化を伝える国際ボランティア・ガイド(基礎力)養成プラン」の「任意の外国語科目」及び「日本文化を伝える国際ボランティア・ガイド(基礎力)養成プラン」の「指定の日本文化に関する科目」については面接授業も対象とします。
Q14.成績は関係ありますか。
A14.必要な単位を修得していれば、成績は問いません。
Q15.一度退学(卒業)した後、再入学したのですが、以前に修得した単位は認定されますか。
A15.以前の学籍で修得した単位であっても、授業科目群に該当すれば認定します。
Q16.以前に在籍した学校での既修得単位は認められますか。
A16.本制度は、放送大学独自の制度であることから、授業科目群は本学が開講している科目のみを対象としており、以前に在籍した学校での既修得単位は認められません。
Q17.昔に修得した科目も申請に利用できるのでしょうか。
A17.

取得を希望するプランの授業科目群に指定されている科目は、利用できます。
授業科目群に指定されている科目は、その科目の開講年度から数えて10年間認証取得条件として認められます。
たとえば、「○○('17)」という科目は2017年度に開講した科目なので、2026年度中まで有効で、2027年度からは授業科目群から外れます。

Q18.科目が二段書きされている場合がありますが、どういう意味ですか。
A18.

本制度は、平成18年度に始まりましたので、原則として、授業科目群は平成18年度時点で開講していた科目及びそれ以降に新たに開講した科目を対象としています。例外的に、「再履修不可」の制限がかかっている科目に限り、過去の科目も授業科目群として認めています。その場合、現在開講中の科目を上段に、閉講した科目を下段に記載し、上段、下段どちらの科目の単位を修得されても認証取得条件として認めます。なお、科目の有効期限については、上段の科目の有効期限を下段の科目にも適用します。

「再履修不可」の制限の有無は、「授業科目案内」の「科目名欄」で確認することができます。

Q19.「閉講科目」とは、どのような科目ですか。
A19.当初開講していた科目が、科目の改訂により閉講になった場合、「閉講科目」として別枠に記載しています。新たにその科目を履修することはできませんが、既にその科目の単位を修得済みの場合は、その科目の有効期限までは、引き続き認証取得条件として有効です。
Q20.申請するのにあたり、何か注意することがありますか。
A20.単位不足等の理由により、申請受付後に発行手数料を返金する例が多数あります。返金手続には非常に時間がかかるうえ、振込手数料等はお返しできませんので、認証取得条件を満たしているかどうか、申請される前によくご確認ください。システムWAKABAから単位修得情報、履修情報等がご確認いただけます。

4.履修証明に関する質問

Q21.平成20年4月からエキスパートが学校教育法に基づく制度になりましたが、手続には何か変更はありますか。
A21.特に変更はありません。平成20年4月以降に発行する認証状は自動的に新しいものとなります。ただし、制度改正に伴い、本学全科履修生への入学資格を有していること(高等学校卒業またはこれと同等以上の大学入学資格があること)、という条件が申請資格に加わりましたので、必要に応じて個別に大学入学資格を確認させていただくことがあります。
Q22.平成20年4月以降の認証状とそれ以前の認証状はどのように違うのですか。
A22.平成20年4月以降に発行する認証状には、学校教育法第105条の規定に基づく制度であることが明記されます。 これに対して、それ以前の認証状は放送大学独自のものとなります。なお、 実際の取り扱いは、今まで同様、各団体がどのように評価するかになると考えます。
Q23.全科履修生への入学資格を有していません。エキスパートは申請できないのですか。
A23.本学全科履修生への入学資格を有していない方は、基盤科目(保健体育を除く)または導入科目から合わせて16単位以上修得していただくと、全科履修生への入学資格が得られます。この条件の詳細については、「学生募集要項」でご確認ください。
なお、この単位についても認証状取得のための単位としてお使いいただけます。

5.科目群履修認証カードに関する質問

Q24.既に認証状を発行してもらっていますが、追加でカードを申し込むことはできますか。
A24.できます。カードのみの発行については、手数料は1,000円です。なお、平成20年5月以前に認証状を取得された方が新たにカードを申し込む場合は、1枚目のカードに限って特例措置により手数料が500円になります。
また、2枚目以降のカードは原則紛失された場合等を除き発行しておりません。

ここからカテゴリ内メニューです

放送大学とは close
  • 放送大学で学ぶ6つの魅力
  • どんな人が学んでいるの?
  • 学習方法は?
  • インターネットを活用した学び方
  • 大学院で学ぶ6つの魅力
目的別に探す open
  • 学位に関係なく、好きな科目だけ履修したい方
  • 大学を卒業したい方[学士号取得]
  • 大学院を修了したい方[修士号取得]
  • 心理学を学びたい方
  • キャリアアップしたい方[現職教員]
  • キャリアアップしたい方[看護師、准看護師]
  • 放送大学で目指せる資格
科目を探す close
  • 大学
  • 大学院(修士課程)
  • 大学院(博士後期課程)
  • 科目群履修認定制度(放送大学エキスパート)
学生の声 close

院内研修のないクリニックに勤務。学ぶことで、焦りや不安がなくなりました

情報収集を徹底し、受験準備わずか半年で大学院に合格

大学を卒業し、大学院へ進学。医療現場で、妊婦さんや家族の心を支えたい

学費(授業料、入学料) close
  • 大学
  • 大学院
ページの先頭へ