共修生を募集する科目【高知学習センター】

導入科目:生活と福祉|現代日本住居論

科目区分
2017年12月26日(火) 第1時限


10:00〜11:25
導入科目:生活と福祉 2017年12月26日(火) 第2時限 11:35〜13:00
科目コード 2017年12月26日(火) 第3時限 14:00〜15:25
2487594 2017年12月26日(火) 第4時限 15:35〜17:00
開設学習センター 2017年12月27日(水) 第1時限 10:00〜11:25
高知学習センター 2017年12月27日(水) 第2時限 11:35〜13:00
科目名 2017年12月27日(水) 第3時限 14:00〜15:25
現代日本住居論 2017年12月27日(水) 第4時限 15:35〜17:00
担当講師 授業概要
三浦 要一
(高知県立大学・教授)

【シラバス】
テキストの「まえがき」には「住居という身近な存在を、単に自分の身の廻りからだけでなく、広く日本全体の現代社会の状況という観点から学んで頂くことを希望する」とあり、日本人の住居の歴史、気候風土、近代化に焦点をあわせ、現代日本の多様な住居を取り上げます。

【授業テーマ】

  • 現代日本住居の系譜
  • 地域性と階層性
  • 農村住宅
  • 町家
  • 中廊下型住宅
  • 都市LDK型住宅
  • コーポラティブ住宅
  • 住まいの計画と文化

【学生へのメッセージ】
現代日本の多様な住居を紹介するので、どのような力が住居を動かしているのか考えてみよう。

クラス 教科書
K 授業当日にプリントを配付します。
募集定員(定員に達した時点で受付終了) 参考書
若干名 ・現代日本住居論(鈴木成文/放送大学教育振興会/¥2,000/ISBN=4595812574)
この参考書は絶版です。入手不可能な場合は図書館等で閲覧ください。
受付期間 連絡先
10月14日(土)より受付開始 高知学習センター(TEL 088-843-4864)
その他(特記事項)

この科目は2009〜2015年度「共通科目」、2008年度以前「共通科目」に該当します。
 

導入科目:社会と産業|高知県と地域社会学

科目区分
2017年12月02日(土) 第1時限


10:00〜11:25
導入科目:社会と産業 2017年12月02日(土) 第2時限 11:35〜13:00
科目コード 2017年12月02日(土) 第3時限 14:00〜15:25
2487608 2017年12月02日(土) 第4時限 15:35〜17:00
開設学習センター 2017年12月03日(日) 第1時限 10:00〜11:25
高知学習センター 2017年12月03日(日) 第2時限 11:35〜13:00
科目名 2017年12月03日(日) 第3時限 14:00〜15:25
高知県と地域社会学 2017年12月03日(日) 第4時限 15:35〜17:00
担当講師 授業概要
玉里 恵美子
(高知大学・教授)

【シラバス】
高知県の地域課題について、地域社会学の視点から検討していきます。講義だけではなく、受講生同士でグループワークを行い、課題解決について議論を深めていきます。

【授業テーマ】

  • 社会学の視点(講義)
  • 地域社会学の基礎(講義)
  • 「地域」とは何かを考える(グループワーク)
  • 高知県の地域課題を考える(グループワーク)
  • 高知県における地域再生の取り組み(講義)
  • 高知県における住民主体のまちづくり(講義)
  • 高知県における地域課題の解決に向けて(グループワーク)
  • 「地域の力」とは何かを考える(グループワーク)

【学生へのメッセージ】
午前中は講義を行い、午後からは4〜6人のグループワークをします。全員が発言し、参加できるように工夫しますので、緊張せずに出席してください。

【受講者が当日用意するもの】
高知県内で実践している「まちづくり」などに関する「新聞記事」などを数点持参してください。用意できなくても構いません。

クラス 教科書
K 授業当日にプリントを配付します。
募集定員(定員に達した時点で受付終了) 参考書
若干名
受付期間 連絡先
10月14日(土)より受付開始 高知学習センター(TEL 088-843-4864)
その他(特記事項)

この科目は2009〜2015年度「共通科目」、2008年度以前「共通科目」に該当します。
 

導入科目:自然と環境|化学と空想のはざまで

科目区分
2017年12月16日(土) 第1時限


10:00〜11:25
導入科目:自然と環境 2017年12月16日(土) 第2時限 11:35〜13:00
科目コード 2017年12月16日(土) 第3時限 14:00〜15:25
2487632 2017年12月16日(土) 第4時限 15:35〜17:00
開設学習センター 2017年12月17日(日) 第1時限 10:00〜11:25
高知学習センター 2017年12月17日(日) 第2時限 11:35〜13:00
科目名 2017年12月17日(日) 第3時限 14:00〜15:25
化学と空想のはざまで 2017年12月17日(日) 第4時限 15:35〜17:00
担当講師 授業概要
北條 正司
(高知大学・名誉教授)

【シラバス】
化学に関する身近な現象から、遥かなる真理の世界へと話が展開していきます。化学研究に身を投じた者の厳しい日常生活、未来への熱いメッセージ、新規に発見された化学現象などが、童話やエッセイ、対話の形態を取りながら、平易な言葉で語られます。化学的内容としては(1)水特性の二面性、(2)イオンの解離、(3)酒類の熟成現象、(4)純金の海水への溶解などが扱われます。

【授業テーマ】

  • 化学の楽しさ
  • 水とアルコール
  • 強電解質の電離
  • 反応速度と金属イオンの役割
  • 水のおいしさ
  • 酒の熟成
  • 室戸海洋深層水に純金を溶解させる?
  • まとめ

【学生へのメッセージ】
化学の好きな方、嫌いだった方どちらでも結構です。基本的な化学現象から、最先端の化学までが対象となります。何か新しい知識に触れてみたいとの意欲のある方なら誰でも歓迎します。

クラス 教科書
K ・化学と空想のはざまで―青い地球と酔文対話―(北條正司/創風社出版/¥1,944/ISBN=9784860372408)
教科書は各自で購入するか、または11月15日(水)までに事務室へ申し込んでください。
募集定員(定員に達した時点で受付終了) 参考書
若干名
受付期間 連絡先
10月14日(土)より受付開始 高知学習センター(TEL 088-843-4864)
その他(特記事項)

この科目は2009〜2015年度「共通科目」、2008年度以前「共通科目」に該当します。
 

専門科目:社会と産業(旧専攻:社会と経済)|21世紀の龍馬像

科目区分
2017年11月11日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:社会と産業(旧専攻:社会と経済) 2017年11月11日(土) 第2時限 11:35〜13:00
科目コード 2017年11月11日(土) 第3時限 14:00〜15:25
2487659 2017年11月11日(土) 第4時限 15:35〜17:00
開設学習センター 2017年11月12日(日) 第1時限 10:00〜11:25
高知学習センター 2017年11月12日(日) 第2時限 11:35〜13:00
科目名 2017年11月12日(日) 第3時限 14:00〜15:25
21世紀の龍馬像 2017年11月12日(日) 第4時限 15:35〜17:00
担当講師 授業概要
塩原 俊彦
(高知大学・准教授)

【シラバス】
坂本龍馬の生き方のインプリケーションから、21世紀の龍馬像を想定し、21世紀の世界を理解するための視角を養います。

【授業テーマ】

  • 21世紀の龍馬像
  • 最先端技術と龍馬:Government2.0への対応
  • 最先端技術と龍馬:請願権
  • 最先端技術と龍馬:ロビイスト
  • 龍馬の「新国家」から世界共和国へ:統治と宗教
  • 龍馬の「新国家」から世界共和国へ:統治と暴力
  • 龍馬の「新国家」から世界共和国へ:主権国家の虚妄
  • 龍馬の「新国家」から世界共和国へ:主権国家の虚妄

クラス 教科書
K ・民意と政治の断絶はなぜ起きた−官僚支配の民主主義(塩原 俊彦/ポプラ社/¥864/ISBN=9784591150931)
教科書は各自で購入するか、または10月10日(火)までに事務室へ申し込んでください。
募集定員(定員に達した時点で受付終了) 参考書
若干名 ・官僚の世界史−腐敗の構造(塩原 俊彦/社会評論社/¥3,024/ISBN=9784784515547)

・ウクライナ2.0−地政学・通貨・ロビイスト(塩原 俊彦/社会評論社/¥2,808/ISBN=9784784515424)
受付期間 連絡先
10月14日(土)より受付開始 高知学習センター(TEL 088-843-4864)
その他(特記事項)

この科目は2008年度以前「専門科目:社会と経済」に該当します。
 

専門科目:社会と産業(旧専攻:社会と経済)|日本の経済発展と経済政策

科目区分
2018年01月06日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:社会と産業(旧専攻:社会と経済) 2018年01月06日(土) 第2時限 11:35〜13:00
科目コード 2018年01月06日(土) 第3時限 14:00〜15:25
2487667 2018年01月06日(土) 第4時限 15:35〜17:00
開設学習センター 2018年01月07日(日) 第1時限 10:00〜11:25
高知学習センター 2018年01月07日(日) 第2時限 11:35〜13:00
科目名 2018年01月07日(日) 第3時限 14:00〜15:25
日本の経済発展と経済政策 2018年01月07日(日) 第4時限 15:35〜17:00
担当講師 授業概要
石筒 覚
(高知大学・准教授)

【シラバス】
日本は明治以来、経済発展を遂げてきました。本授業では、この経済発展にかかわるさまざまな経済政策に関して解説します。経済政策は、みなさんの生活にとても密接にかかわっている反面、その内容や背景が分かりにくいのも事実です。経済学を学んでいくにつれて、それが現実の社会とどのように関係しているのかを理解する必要性が出てきます。授業では、具体的な政策事例をふまえて、時間軸と空間軸を交えながら考えていきます。

【授業テーマ】

  • 日本の経済発展を考える(1)
  • 日本の経済発展を考える(2)
  • 経済政策の基礎(1)
  • 経済政策の基礎(2)
  • 地域経済と経済政策(1)
  • 地域経済と経済政策(2)
  • 経済政策の諸課題(1)
  • 経済政策の諸課題(2)

クラス 教科書
K 授業当日にプリントを配付します。
募集定員(定員に達した時点で受付終了) 参考書
若干名
受付期間 連絡先
10月14日(土)より受付開始 高知学習センター(TEL 088-843-4864)
その他(特記事項)

この科目は2008年度以前「専門科目:社会と経済」に該当します。
 

専門科目:人間と文化|中国古小説の世界

科目区分
2017年11月25日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:人間と文化 2017年11月25日(土) 第2時限 11:35〜13:00
科目コード 2017年11月25日(土) 第3時限 14:00〜15:25
2487675 2017年11月25日(土) 第4時限 15:35〜17:00
開設学習センター 2017年11月26日(日) 第1時限 10:00〜11:25
高知学習センター 2017年11月26日(日) 第2時限 11:35〜13:00
科目名 2017年11月26日(日) 第3時限 14:00〜15:25
中国古小説の世界 2017年11月26日(日) 第4時限 15:35〜17:00
担当講師 授業概要
高西 成介
(高知県立大学・教授)

【シラバス】
本授業では、中国の六朝時代から唐代にかけて書かれた、志怪小説と伝奇小説を取り上げます。志怪小説とは、六朝時代頃から書かれ始める、不思議な出来事や幽霊などについて記録した短い文章のことを言い、伝奇小説とは唐代に始まる虚構を意識して書かれた短編の物語を言います。本授業では、具体的な作品を紹介しながら、その魅力をお話ししたいと思います。

【授業テーマ】

  • 中国の古小説とは
  • 六朝志怪小説の世界(1)怪異と歴史
  • 六朝志怪小説の世界(2)幽霊と人間と
  • 六朝志怪小説の世界(3)別世界はどこにある?
  • 唐代伝奇の世界(1)記録と虚構 「枕中記」を例に
  • 唐代伝奇の世界(2)「杜子春」を読む
  • 唐代伝奇の世界(3)続「杜子春」を読む
  • まとめ

【学生へのメッセージ】
中国の古小説は、日本人にとっても馴染みの深いものです。授業では、単に作品の紹介にとどまらず、少し実際に漢文で読んでみたいと思っています。漢文と中国の古小説に興味を持つきっかけになることを願っています。

【受講者が当日用意するもの】
漢和辞典をお持ちでしたら、持参ください。

クラス 教科書
K 授業当日にプリントを配付します。
募集定員(定員に達した時点で受付終了) 参考書
若干名
受付期間 連絡先
10月14日(土)より受付開始 高知学習センター(TEL 088-843-4864)
その他(特記事項)

この科目は2008年度以前「専門科目:人間の探究 」に該当します。
 

専門科目:人間と文化|考古学の論点

科目区分
2017年12月14日(木) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:人間と文化 2017年12月14日(木) 第2時限 11:35〜13:00
科目コード 2017年12月14日(木) 第3時限 14:00〜15:25
2487683 2017年12月14日(木) 第4時限 15:35〜17:00
開設学習センター 2017年12月15日(金) 第1時限 10:00〜11:25
高知学習センター 2017年12月15日(金) 第2時限 11:35〜13:00
科目名 2017年12月15日(金) 第3時限 14:00〜15:25
考古学の論点 2017年12月15日(金) 第4時限 15:35〜17:00
担当講師 授業概要
宮里 修
(高知大学・講師)

【シラバス】
まず考古学の成り立ちと方法論を概説した後、3つの論点について解説します。1つ目は農耕の始まりです。概説ののち南四国の事例をとりあげる。2つ目は金属器文化の始まりです。概説ののち主に銅鐸について解説します。3つ目は中世城郭と城郭都市についてです。概説ののち高知市朝倉城跡を具体例としてとりあげます。

【授業テーマ】

  • 考古学とは
  • 農耕の始まり1
  • 農耕の始まり2
  • 金属器文化の登場1
  • 金属器文化の登場2
  • 中世城郭と城郭都市1
  • 中世城郭と城郭都市2
  • まとめと試験

【学生へのメッセージ】
日本史の基本的な知識、高知県の地理についての基礎的な知識があることが望ましいです。

クラス 教科書
K 授業当日にプリントを配付します。
募集定員(定員に達した時点で受付終了) 参考書
若干名
受付期間 連絡先
10月14日(土)より受付開始 高知学習センター(TEL 088-843-4864)
その他(特記事項)

この科目は2008年度以前「専門科目:人間の探究 」に該当します。
 

専門科目:自然と環境|海から気候変動を理解する

科目区分
2017年10月28日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:自然と環境 2017年10月28日(土) 第2時限 11:35〜13:00
科目コード 2017年10月28日(土) 第3時限 14:00〜15:25
2487705 2017年10月28日(土) 第4時限 15:35〜17:00
開設学習センター 2017年10月29日(日) 第1時限 10:00〜11:25
高知学習センター 2017年10月29日(日) 第2時限 11:35〜13:00
科目名 2017年10月29日(日) 第3時限 14:00〜15:25
海から気候変動を理解する 2017年10月29日(日) 第4時限 15:35〜17:00
担当講師 授業概要
池原 実
(高知大学・教授)

【シラバス】
地球温暖化の進行と様々な影響が危惧されています。雑誌やインターネット等にあふれる種々雑多な情報から気候変動に関する正しい情報を読み取るためには、科学研究に基づく基礎的な知識の修得と真偽を判断する力が必要です。海の調査や海底堆積物などの研究から、過去の地球上で起こっていた気候変動の実態やメカニズムが次第に明らかになっています。現在そして未来の地球環境を考えるためのエッセンスを解説します。

【授業テーマ】

  • 地球温暖化とは何か(IPCC報告書、海氷激減、深海も温暖化)
  • 海面が上昇したら高知平野はどうなるか(海面上昇リスク、氷床融解、ゼロm地帯)
  • 地球の気候はどのように変化してきたか(温室効果、太陽放射、CO2、海洋循環)
  • ミランコビッチサイクルと気候変動(氷期・間氷期サイクル、季節は巡る、北半球氷床)
  • 全球凍結の謎(地球史46億年、地球全体が氷漬け、炭素循環、生物進化)
  • 急激な気候変動はなぜ起こる(ヤンガードリアス、深層水循環、DOサイクル)
  • 南極海と南極氷床の変遷史(南極周極流、南極氷床発達史、始新世温暖期)
  • 黒潮の古海洋学(完新世の黒潮変動、氷期に黒潮はどこにあった?、黒潮の将来予測)

【学生へのメッセージ】
海洋学や地球科学的な時空間スケールを疑似体験するために、想像力豊かに講義に取り組んでください。現在そして未来の地球環境を考えるためのエッセンスを一緒に学びましょう。

【受講者が当日用意するもの】
赤系の色鉛筆もしくはマジックペン

クラス 教科書
K 授業当日にプリントを配付します。
募集定員(定員に達した時点で受付終了) 参考書
若干名 ・気候変動を理学する(多田隆治/みすず書房/¥2,592/ISBN=9784622077497)

・地球全史スーパー年表( 清川昌一・ 伊藤孝・ 池原実・ 尾上哲治/岩波書店/¥1,404/ISBN=9784000062503)
受付期間 連絡先
10月14日(土)より受付開始 高知学習センター(TEL 088-843-4864)
その他(特記事項)

この科目は2008年度以前「専門科目:自然の理解」に該当します。
 

総合科目|地域形成と生活空間

科目区分
2017年12月20日(水) 第1時限


10:00〜11:25
総合科目 2017年12月20日(水) 第2時限 11:35〜13:00
科目コード 2017年12月21日(木) 第1時限 10:00〜11:25
2487721 2017年12月21日(木) 第2時限 11:35〜13:00
開設学習センター 2017年12月21日(木) 第3時限 14:00〜15:25
高知学習センター 2017年12月21日(木) 第4時限 15:35〜17:00
科目名 2017年12月22日(金) 第1時限 10:00〜11:25
地域形成と生活空間 2017年12月22日(金) 第2時限 11:35〜13:00
担当講師 授業概要
宇都宮 千穂
(高知県立大学・准教授)

【シラバス】
町並みや景観は、地域の経済構造を反映したものです。例えば、町家の連なる京都の西陣地区は、織物業を支える空間構成になっています。
本授業では、地域の生活空間の形成過程を学びます。地域形成では、産業が大きな役割を果たしますが、同時に生活空間も形成され、私たちの生活を支えます。授業では、具体的な事例をとりあげ、その形成過程をみていきます。これにより、地域が抱える課題をとらえ、その要因を明らかにします。

【授業テーマ】

  • 地域経済と空間の関係を考える
  • 地域の特徴、歴史を知る 〜離島の暮らし〜
  • 地域のなりたち1 企業城下町の産業空間 〜愛媛県新居浜市〜
  • 地域のなりたち2 企業城下町の生活空間 〜愛媛県新居浜市〜
  • 暮らしのなりたち1 伝統産業と地域文化の形成 〜京都市西陣〜
  • 暮らしのなりたち2 生活様式と生活空間 〜京都市西陣〜
  • 地域を支える1 生活空間を補完するもの 〜高知市旭街〜
  • 地域を支える2 都市と農村をつなぐ 〜街路市、道の駅、マーケット〜

【学生へのメッセージ】
理解を深める目的で、一部、ワークショップを取り入れます。

クラス 教科書
K 授業当日にプリントを配付します。
募集定員(定員に達した時点で受付終了) 参考書
若干名
受付期間 連絡先
10月14日(土)より受付開始 高知学習センター(TEL 088-843-4864)
その他(特記事項)

この科目は所属コースのコース科目に該当します。