授業科目一覧
基盤科目
コース科目
卒業研究(全科履修生のみ)
夏季集中科目
メニューここまで

社会福祉への招待('16)

※印刷用にはシラバスPDF版新規ウィンドウ をご利用ください
主任講師
岩田 正美 (日本女子大学名誉教授)
放送メディア
テレビ
放送時間(平成28年度)
第1学期:(土曜)20時45分~21時30分
第2学期:(金曜)6時45分~7時30分

講義概要

社会福祉とは何か、それはどうあるべきかを明らかにすることは容易くない。だが、社会福祉は、すでに今日の私たちの生活に深く関連し、そのあり方は、社会の方向性を指し示している。本講義では、そうした「事実」としての社会福祉の姿を、いくつかの側面から具体的に示し、またそれらの「事実」を規定している社会福祉の多様な「価値」について、受講者と共に考えていきたい。それは少子高齢化という人口構成の変動、家族や労働のあり方の変貌、格差の拡大といった現代社会のあり方を考える素材でもあり、社会福祉や保健医療の専門家だけでなく一般市民が共に学ぶ必要がある。なおこの科目は看護師資格科目としても位置づけられている。
※詳しくはシラバス

開設年度
平成28年度
科目区分
コース科目(生活と福祉コース(導入科目))
〔2009年度~2015年度〕共通科目(一般科目)
〔2008年度以前〕 共通科目(一般科目)
科目コード
1710028
単位数
2単位
単位認定試験
試験日・時限
平成28年度 第1学期:平成28年7月28日(木曜)1時限(9時15分~10時05分)
平成28年度 第2学期:平成29年1月28日(土曜)3時限(11時35分~12時25分)
単位認定試験
平均点
備考
 
このページのトップへ本文ここまで

授業の目標

・事実としての社会福祉が、なぜ現代社会に存在しているのかを、人々の生活と社会のあり方から理解する
・現代の社会福祉の課題を多様な側面から理解する
・社会福祉の手段と利用資格を規定している考え方について考えることが出来る
・社会福祉を仕掛けている主体、利用者、専門職の多様性を理解する
・市民参加の必要性を理解することが出来る

履修上の留意点

特になし。

シラバス

テーマ 内容 執筆担当講師名
(所属・職名)
放送担当講師名
(所属・職名)
1 社会福祉という「仕掛け」 なぜ、誰によって近現代社会の中に、社会福祉という「仕掛け」がなされてきたのだろうか。本章では、この素朴な疑問から出発して、社会福祉という「世界」が、いくつか異なった価値や手法をもつ複雑な「世界」として近現代社会に位置づいていることを示し、この授業の導入としたい。

【キーワード】
近代社会、自由と自助、利他と互助、権利
岩田 正美
(日本女子大学名誉教授)
岩田 正美
(日本女子大学名誉教授)
2 生活の変動と「強い個人」 前章では、個人の自由と生活の自助規範の限界から社会福祉という「仕掛け」が、多様な形で近現代社会に生まれていったことを学んだ。本章では、これを近現代社会の生活責任の単位である個人や家族の生活の変動とリスクという観点から、もう少し深め、自助規範や自由権が想定している「強い個人」について再検討する。

【キーワード】
生活変動、家族周期、生活のリスク、強い個人
岩田 正美
(日本女子大学名誉教授)
岩田 正美
(日本女子大学名誉教授)
3 福祉国家と生活のリスク管理 生活の自助努力を補完し、人々の生活の多様なリスクをあらかじめ予防し、あるいは救済していくような国家レベルの装置が、福祉国家である。この章では、福祉国家が第二次大戦後、なぜ多くの先進諸国で求められたのか、それを構成する主な制度を概観し、またその正当性の解釈について学ぶ。

【キーワード】
福祉国家、予防と救済、シティズンシップ、社会連帯
岩田 正美
(日本女子大学名誉教授)
岩田 正美
(日本女子大学名誉教授)
4 福祉国家の「再編」と社会的排除 本章では、福祉国家の「危機」とも呼ばれる、新たな局面と、福祉国家の管理からこぼれ落ちた新たな社会問題を理解し、これを打開するための福祉国家の「再編成」の戦略を、多様な社会福祉の供給主体の参入、およびワークフェアといわれる社会的包摂の手法との関係で理解する。

【キーワード】
福祉国家の「再編」、社会的排除、社会的包摂、ワークフェア
岩田 正美
(日本女子大学名誉教授)
岩田 正美
(日本女子大学名誉教授)
5 社会福祉の多様な供給主体と新しい公私関係 社会福祉のニーズに誰が(どこが)応えるのか。本章では、国や地方自治体をはじめとする、福祉サービスを担う多様な供給主体や財源の類型を踏まえたうえで、4章で学んだ福祉多元主義の日本における進展について学ぶ。また、近年、拡大する公私パートナーシップやそれに伴い変化する新しい公私関係について理解する。

【キーワード】
4つの部門(セクター)、日本の福祉多元化、新しい公私関係
村田 文世
(日本社会事業大学准教授)
村田 文世
(日本社会事業大学准教授)
6 地方分権と「地域福祉計画」 80年代以降、「官から民へ」と同時並行して、国と地方自治体の政府間関係も変化してきた。本章では、中央集権から地方分権の流れを踏まえ、それに伴って地方自治体に求められる役割や機能はどう変化したのか、併せて、地方分権下における「地域福祉計画」の意義について学ぶ。

【キーワード】
中央集権、地方分権、地方自治体、地域福祉計画
村田 文世
(日本社会事業大学准教授)
村田 文世
(日本社会事業大学准教授)
7 社会福祉のニードと利用資格 本章では、社会福祉のニードについてまず学ぶ。続いて、社会福祉の制度や事業を利用する際の「資格」について検討する。公共サービス一般との違い、選別の基準がどのような考え方で作られているかを検討する。

【キーワード】
ニードの定義、ニード判定、利用資格、選別の条件
岩田 正美
(日本女子大学名誉教授)
岩田 正美
(日本女子大学名誉教授)
8 社会福祉の具体的手段と資源 ニードを持っている人びと、あるいは資格者に、社会福祉は何をどのように提供して、対応しているのだろうか。本章では、社会福祉の具体的な手段について理解を深め、また、その選択がどのような価値判断でなされるかを学ぶ。さらに、この具体的手段を資源の観点からも検討する。

【キーワード】
社会福祉の具体的手段、手段選択の意味、社会福祉の資源
岩田 正美
(日本女子大学名誉教授)
岩田 正美
(日本女子大学名誉教授)
9 施設という生活形態と脱施設化 「施設」と地域での「在宅」生活の選択問題は、高齢者や多様な障害者にとって重要なものであるが、本章では主に知的障害者(高齢期も含めた)を中心に「施設で暮らす」という生活形態の実際の姿と脱施設化について説明し、施設の意味と、個々人の生活形態の選択について考えてみたい。

【キーワード】
施設収容、脱施設化、(生活における)安全・安心、「新たな仕組」
田中 恵美子
(東京家政大学准教授)
田中 恵美子
(東京家政大学准教授)
10 地域で生活するということ
-自立生活運動の歴史と展開
本章では、脱施設化=施設を出たあと地域でどのように暮らしていくのかについて、「自立生活運動」として展開した重度身体障害者による活動を取り上げる。まず自立生活運動の起源、自立概念の変遷および社会資源としての当事者組織について説明し、施設生活から地域生活へ移行した障害者の生活における生活管理の可能性と課題、今後目指される方向性について検討したい。

【キーワード】
自立生活運動、自立概念、当事者組織、資源の管理者
田中 恵美子
(東京家政大学准教授)
田中 恵美子
(東京家政大学准教授)
11 地域福祉の具体的展開 本章では、改めて地域福祉とは何かを、①「地域を基盤とした福祉サービス供給」、②「地域づくり」、という二つの側面から、歴史的展開を追いながら考えてみたい。また、地域福祉を推進する社会福祉協議会や民生委員の活動を通して、地域福祉が具体的にどのように展開されているのか検討する。

【キーワード】
地域福祉、社会福祉協議会、民生委員、コミュニティソーシャルワーク
黒岩 亮子
(日本女子大学准教授)
黒岩 亮子
(日本女子大学准教授)
12 地域の問題と支え合いによる解決の課題 本章では、「互助」を重視する地域包括ケアシステムの登場した背景や特徴を学び、様々な「互助」活動の事例を通して、これからの地域のあり方についても考えてみたい。

【キーワード】
支え合い、互助、地域包括ケアシステム
黒岩 亮子
(日本女子大学准教授)
黒岩 亮子
(日本女子大学准教授)
13 社会福祉の現業組織と市民への「窓口」 本章では、社会福祉の利用を求める際に、市民が利用する「窓口」といわゆる「現業機関」や「現場」と呼ばれるサービス組織の体系について学習する。

【キーワード】
福祉官僚制、ストリートレベルの福祉官僚、現業機関、「窓口」
岩田 正美
(日本女子大学名誉教授)
岩田 正美
(日本女子大学名誉教授)
14 「援助する人々」
—専門職、ボランティア、そして「当事者」
社会福祉の実施は組織的なものであるが、その中で具体的に援助する人々は、いくつかの種類に分けられる。まず専門職と専門性について理解し、加えてボランティアや、「当事者」が援助する側にもまわる可能性があるなど、援助の担い手の多様性を理解する。

【キーワード】
福祉専門職、ボランティア、「当事者」、福祉の専門資格
岩田 正美
(日本女子大学名誉教授)
岩田 正美
(日本女子大学名誉教授)
15 社会福祉は誰のためにあるのか
-自立・参加・連帯-
21世紀は、産業構造、雇用慣行、人口構造、家族のあり方の大きな変化がより明瞭になり、福祉国家の制御不能な諸問題が出現している。あらためて、社会福祉は誰のために、どのようにあるべきなのかが問われている。

【キーワード】
福祉バッシング、社会参加(包摂)の経路、自立と社会連帯
岩田 正美
(日本女子大学名誉教授)
岩田 正美
(日本女子大学名誉教授)
このページのトップへ本文ここまで
授業科目案内 教養学部 放送大学