授業科目一覧
基盤科目
コース科目
卒業研究(全科履修生のみ)
夏季集中科目
メニューここまで

事例から学ぶ日本国憲法('13)

※印刷用にはシラバスPDF版新規ウィンドウ をご利用ください
主任講師
岡田 信弘 (北海学園大学大学院教授)
放送メディア
テレビ
放送時間(平成28年度)
第1学期:(土曜)7時30分~8時15分
第2学期:(月曜)21時30分~22時15分

講義概要

我が国の最高法規である日本国憲法の基本構造、全体像および具体像について、理論的な観点だけでなく、具体的な事例や設問にそくして検討する。たとえば、日本国憲法が第8章で定める「地方自治」については、「地方分権の一環として、広域行政に対応すべく『道州制』が主張されることがあるが、都道府県を統併合して道州にすることに憲法上問題はないか」といった設問を立てて、この設問に対する解答を導き出すために必要な知識や議論を検討する形で講義を進める。ともすれば遠い存在と受けとめられがちな日本国憲法を身近なところで理解することを試みたい。
※詳しくはシラバス

開設年度
平成25年度
科目区分
コース科目(社会と産業コース(導入科目))
〔2009年度~2015年度〕共通科目(一般科目)
〔2008年度以前〕共通科目(一般科目)
科目コード
1128329
単位数
2単位
単位認定試験
試験日・時限
平成28年度 第1学期:平成28年7月24日(日曜)3時限(11時35分~12時25分)
平成28年度 第2学期:平成29年1月22日(日曜)5時限(14時25分~15時15分)
単位認定試験
平均点
(平成27年度 第1学期)66.0点
(平成27年度 第2学期)59.2点
備考
 
このページのトップへ本文ここまで

授業の目標

日本国憲法の基本構造、全体像および具体像に関する基礎的な理解が望まれるとともに、本授業の学習を通して「法的なものの考え方」とその表現の仕方の習得も目標となる。

履修上の留意点

「市民生活と裁判」「民法」「行政法」「現代環境法の諸相」「企業・消費者・政府と法」「国際法」「現代日本の政治」も履修するとよい。

シラバス

テーマ 内容 執筆担当講師名
(所属・職名)
放送担当講師名
(所属・職名)
1 「憲法」とは何か 日本国憲法もその系譜に連なる近代立憲主義の基本原理として、どのようなものがあり、それが日本国憲法のなかにどのように組み込まれているのかについて検討する。

【キーワード】
立憲主義、実質的意味の憲法、形式的意味の憲法、近代的意味の憲法、憲法の法源、権力分立
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
2 象徴天皇制と平和主義 日本国憲法が定めている天皇制と平和主義の法的内容について検討する。具体的には、天皇の地位および権限、平和的生存権、戦争放棄などについて考察するが、その際、歴史的観点と国際的観点を視野に入れることによってより深い理解を試みる。

【キーワード】
国民主権、象徴天皇制、皇室典範、国事行為、公的行為、平和的生存権、戦争放棄
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
3 選挙制度と政党 国民・市民と国の政治をつなぐ選挙制度や政党制度にはどのようなタイプが存在し、日本国憲法の下でそれらがどのように具体化されているのかについて検討する。具体的には、選挙制度の分類、現行の選挙制度、政党の憲法上の地位などについて考察する。

【キーワード】
多数代表制、少数代表制、比例代表制、並立制、政党国家、党籍変更議員の失職制度
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
4 国会 「国権の最高機関」であると同時に「唯一の立法機関」でもある国会について、その地位・組織・権限を検討するとともに、議員の地位や立法過程などについても考察する。

【キーワード】
国会中心立法の原則、国会単独立法の原則、立法過程、会期不継続の原則、二院制、ねじれ国会
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
5 内閣 政府形態に関する類型論を踏まえて、日本国憲法が採用している議院内閣制のありようについて検討する。具体的には、内閣の組織・権能、内閣総理大臣の地位などについて考察し、議院内閣制の運用や実態に関する理解も試みる。

【キーワード】
議院内閣制、均衡本質説、責任本質説、国民内閣制、内閣総理大臣、衆議院の解散
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
6 裁判所 日本の裁判所システム、すなわち裁判所の組織と権限、裁判員制度などについて検討するとともに、人権保障のあり方と密接に関わっている違憲審査制の理論と実態について考察する。

【キーワード】
警察予備隊違憲訴訟、司法権、法律上の争訟、最高裁判所、下級裁判所、裁判員裁判
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
7 地方自治 地方自治の本旨を基礎にした、日本国憲法における地方自治のあり方について検討する。具体的には、地方自治体の組織と権限、国と自治体の関係、法律と条例の関係などについて考察する。

【キーワード】
地方自治の本旨、地方分権、制度的保障論、地方公共団体、道州制、上乗せ条例、住民投票条例
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
8 人権の観念 日本国憲法における人権保障のありようを理解する前提として、そもそも「人権」とはいかなる概念なのかについて検討する。具体的には、人権の歴史、人権の体系、人権の享有主体などについて考察する。

【キーワード】
1789年人権宣言、ワイマール憲法、第三世代の人権、人権の享有主体、法人の人権、外国人の人権、未成年者の人権
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
9 人権の適用範囲と分類 憲法で保障されている人権は、どのような法的関係に適用されるのか、またその制限が認められるのは、いかなる根拠によっていかなる場合なのかについて検討する。

【キーワード】
私人間効力、社会的権力、特別の法律関係、公務員の政治的活動、人権の分類
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
10 幸福追求権と法の下の平等 幸福追求権と平等権の法的含意や具体的な保障内容について検討する。最も裁判例の多い分野でもあり、具体的な事例にそくして保障の実態についても考察する。

【キーワード】
幸福追求権、人格的利益説、一般的自由説、プライバシーの権利、自己決定権、合理的区別
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
11 精神的自由権(1)
 -内心の自由
精神的自由権の中の、いわゆる内心の自由に関わる諸自由について検討する。具体的には、思想・良心の自由、信教の自由、学問の自由などについて考察する。

【キーワード】
思想・良心の自由、信教の自由、政教分離原則、目的効果基準、学問の自由、大学の自治
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
12 精神的自由権(2)
 -表現の自由
心の中での精神活動の成果を外部に表現することに関わる精神的自由権、具体的には表現の自由、集会・結社の自由などについて検討する。

【キーワード】
集会の自由、結社の自由、表現の自由、知る権利、検閲の禁止、名誉毀損
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
13 経済的自由権 福祉国家的理念を採用している日本国憲法の下で、経済活動に関わる様々な自由がどのように保障され、逆に制限されているのかについて検討する。具体的には、職業選択の自由と財産権の保障について考察する。

【キーワード】
職業選択の自由、許可制、適正配置規制、規制目的二分論、財産権の保障、正当な補償
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
14 社会権 福祉国家理念を基礎にした 20世紀的人権としての社会権が、日本国憲法においてどのように保障されているのかについて検討する。具体的には、生存権と教育を受ける権利について考察する。

【キーワード】
生存権、プログラム規定説、併給禁止規定、堀木訴訟、教育権の所在、旭川学力テスト事件、環境権
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
15 参政権と国務請求権 国民・市民が、国家機能の一翼を担うことになる参政権と国家機能の発動を請求する国務請求権について検討する。具体的には、選挙権・被選挙権、請願権、裁判を受ける権利などについて考察する。

【キーワード】
選挙権、被選挙権、在宅投票制度、議員定数不均衡、事情判決の法理、国務請求権
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
岡田 信弘
(北海学園大学大学院教授)
このページのトップへ本文ここまで
授業科目案内 教養学部 放送大学