授業科目一覧
プログラム
メニューここまで

情報学の新展開('12)

※印刷用にはシラバスPDF版新規ウィンドウ をご利用ください
主任講師
川合 慧 (放送大学名誉教授)
放送メディア
ラジオ
放送時間(平成29年度)
第1学期:(金曜)6時45分~7時30分
第2学期:(水曜)11時15分~12時00分

講義概要

情報社会と呼ばれる現代社会は、情報科学、情報工学という基盤の上に、情報システム学、情報社会学、情報経済学といった人間社会を扱う学問体系と、認知科学、生理学、人間科学などの人間の行動と特性を扱う学問、さらに国際社会や法体系、芸術分野の学問までの、幅広い知識体系に支えられている。現実的には、これらを基礎とした多種多様な情報環境が構築されてきており、私達の生活や社会を変えつつある。本科目ではこのような状況についての偏りのない教養を身につけるために、種々の事例を基本原理とともに解説し、広義かつ高度な情報リテラシーを学ぶ。
※詳しくはシラバス

開設年度
平成24年度
科目区分
情報学プログラム
科目コード
8970025
単位数
2単位
単位認定試験
試験日・時限
平成29年度 第1学期:平成29年7月21日(金曜)8時限(17時55分~18時45分)
平成29年度 第2学期:平成30年1月20日(土曜)1時限(9時15分~10時05分)
単位認定試験
平均点
(平成28年度 第1学期)70.7点
(平成28年度 第2学期)68.3点
備考
 
このページのトップへ本文ここまで

授業の目標

情報社会を支える種々の要素を可能な限りブラックボックスとしてではなく理解するとともに、相互の関連性を把握し、社会全体の動きを主体的に理解することを目的とする。具体的な理解軸としては、情報処理技術の基礎、人工知能の考え方と応用、情報メディアと人間社会・法、人間の認知作用と情報システム、情報と現実との融合、生命・生体科学と情報のそれぞれについて基本的な理解と認識とを目指す。

履修上の留意点

「コンピューティング('15)」、学部科目「情報学へのとびら('16)」「情報のセキュリティと倫理('14)」などが強く関連する科目である。

シラバス

テーマ 内容 執筆担当講師名
(所属・職名)
放送担当講師名
(所属・職名)
1 情報学とその動向 コンピュータはもともとは数値的な計算を高速かつ正確に実行することを目的として発明されたが、実世界を符号化する柔軟かつ汎用的な方式の使用により、人間が扱うほぼすべての領域にその処理を適用することができるようになった。この状況を情報処理技術の発展を交えて概観的に学ぶ。

【キーワード】
情報、情報の表現、符号化、情報の処理、情報学
川合 慧
(放送大学名誉教授)
川合 慧
(放送大学名誉教授)
2 情報処理技術とシステムの進展 現代のコンピュータが社会に応用されている主な要因について、情報処理の社会応用の観点から考察する。具体的には、処理の速度と装置の小型化、符号化と計算方法のくふう、通信と入出力などについて見る。また、機械と人間の思考方法の違い、情報システムの有効性と限界についても学ぶ。

【キーワード】
処理速度、装置の小型化、機械と人間の情報処理、システムの有効性と限界
川合 慧
(放送大学名誉教授)
川合 慧
(放送大学名誉教授)
3 人工知能の展開
-歴史と概要-
人工知能はコンピュータを人間のように知的にする、あるいはコンピュータを道具として知能について探求することを目指した研究領域である。人工知能研究のこれまでの経緯、提唱された理論、人工的に知能を実現する際の難問などについて学ぶ。

【キーワード】
チューリングテスト、論理、物理記号仮説、フレーム問題、記号接地問題
松原 仁
(公立はこだて未来大学教授)
松原 仁
(公立はこだて未来大学教授)
4 人工知能の展開
-実際の応用-
人間のような知能を持ったコンピュータを作るという人工知能の究極の目標はまだ達成されていないが、いくつかの領域ではコンピュータが人間の専門家を越える能力を持つにいたり、人工知能の成果が世の中で広く使われるようになっている。その応用の様子について学ぶ。

【キーワード】
エキスパートシステム、ゲーム、ワープロ、情報検索、データマイニング
松原 仁
(公立はこだて未来大学教授)
松原 仁
(公立はこだて未来大学教授)
5 知能ロボットの展開 人間のような知能をコンピュータに持たせるためには身体が必要であることがわかり、一方でロボットの技術が進んで以前はソフトウェアの研究であった人工知能と連携が進んで知能ロボットの研究が盛んになってきた。知能ロボットは知能を持った(動く)コンピュータであるという立場から知能ロボットの基礎と応用を学ぶ。

【キーワード】
身体性、行動に基づく知能、ロボカップ、不気味の谷、ヒューマノイド
松原 仁
(公立はこだて未来大学教授)
松原 仁
(公立はこだて未来大学教授)
6 人間の認知作用と情報システム 情報システムやデジタルコンテンツ等を開発する際には、人間の認知作用を理解し、それに基づいたインタフェースを設計する必要がある。このことは、誰もが情報発信できる今日では学生の基礎知識としても必須であるため、人間の認知作用をシステムデザイン、ヒューマンインタフェースと関連づけて学ぶ。

【キーワード】
認知作用、情報システム、ヒューマンインタフェース
近藤 智嗣
(放送大学教授)
近藤 智嗣
(放送大学教授)
7 情報と現実との融合 バーチャルリアリティ技術は、既に幅広い分野に応用されつつあり、その技術が実空間と融合したミクストリアリティも身近な技術となりつつある。これらの技術の主要な応用例とそのシステムを構成する要素技術を取り上げ、これまでの研究成果が人間生活の向上に寄与していることを学び、今後の動向について考察する。

【キーワード】
バーチャルリアリティ、ミクストリアリティ、拡張現実感
近藤 智嗣
(放送大学教授)
近藤 智嗣
(放送大学教授)
8 生命と情報 生命現象からみると、生命を生命たらしめるソフトウェアこそ「情報」だといえる。私たちの生存は体内における情報活動によって維持されており、情報を抜きにして生命の本質を知ることはできない。遺伝子発現、ホルモン伝達、神経伝達など、生体内での情報のはたらきと、それにもとづく新しい生命概念について考察する。

【キーワード】
遺伝子、化学伝達、神経伝達
仁科 エミ
(放送大学教授)
仁科 エミ
(放送大学教授)
9 脳と情報 情報処理の中枢である脳は、精神活動を司ると同時に、生体制御の中枢でもある。しかも脳では、精神活動と生体制御とが密接に連関していることがわかってきた。このような新しい観点から脳の理解を深めるとともに、脳における感覚感性情報処理についての新しい知見を紹介する。

【キーワード】
基幹脳、言語脳・非言語脳、視聴情報処理
仁科 エミ
(放送大学教授)
仁科 エミ
(放送大学教授)
10 文化芸術と情報 情報技術によって私たちは世界各地の多様な文化芸術に接することが可能になった。さらに、コンピュータの普及は芸術のあり方そのものを大きく変えつつある。それら多様化する文化芸術情報を受容する人間の側から捉え直し、美と快を発生させる感性情報とその文化ごとの特徴について考察する。

【キーワード】
感性脳、文化の多様性、メディアアート、ハイパーソニック・エフェクト
仁科 エミ
(放送大学教授)
仁科 エミ
(放送大学教授)
11 情報メディアと人間 人類の文化や歴史と情報メディアがいかに密接に結びついているかについて、活版印刷技術と宗教革命のかかわり、電子テキストと図書館や学問のあり方、検索技術によるビジネスへの影響、電子メールとコミュニケーションのあり方など様々な例を用いて学ぶ。

【キーワード】
グーテンベルグ、グーグル、電子テキスト、検索、コミュニケーション
指宿 信
(成城大学教授)
指宿 信
(成城大学教授)
12 情報と法・政策 ネットワーク社会の登場によって生まれたサイバースペースと財のデジタル化は、既存の法体系を揺るがす問題を生みだし、国境を越えて広がるネットワークは法的解決をおこなうことを困難にしている。情報の収集・保有・発信・媒介にかかわる法的問題を例に、情報化社会の進展と法的対応の重要性を理解する。

【キーワード】
インターネット、サイバースペース、デジタル化、P2P、著作権
指宿 信
(成城大学教授)
指宿 信
(成城大学教授)
13 情報と政治・社会 様々な社会問題をICTの力によって解決し、経済や社会の発展にICTを利活用するためには、情報政策が重要である。他方で、グローバルなネットワーク環境によって登場した仮想的な社会は国際政治にも大きな影響を与えている。そうしたICTに関わる政策形成のあり方やグローバル社会と情報コミュニケーションについて学ぶ。

【キーワード】
ネットワーク、ガバナンス、通信政策、u-Japan、仮想地球社会
指宿 信
(成城大学教授)
指宿 信
(成城大学教授)
14 教育と情報 従来の視聴覚機器に代わり、さまざまな情報技術が教育に取り入れられている。その取り入れられ方は、学習理論の歴史的な変遷および情報技術の革新によっても変化してきた。特にインターネットやモバイル技術は、学習環境を大きく進展させている。こうした教育の情報化と期待される効果などについて学ぶ。

【キーワード】
e-Learning、LMS、オーサリング、携帯電話、博物館展示
近藤 智嗣
(放送大学教授)
近藤 智嗣
(放送大学教授)
15 情報学の新展開 情報学の現状とその将来動向について、各講師がそれぞれの立場から述べる。具体的な項目は、機械の利用と責任、現実の拡張、芸術と情報、クラウドコンピューティングと法、などである。

【キーワード】
情報学
川合 慧
(放送大学名誉教授)
松原 仁
(公立はこだて未来大学教授)
指宿 信
(成城大学教授)
近藤 智嗣
(放送大学教授)
仁科 エミ
(放送大学教授)
川合 慧
(放送大学名誉教授)
このページのトップへ本文ここまで
授業科目案内 大学院 放送大学