授業科目一覧
プログラム
メニューここまで

スポーツ・健康医科学('15)

※印刷用にはシラバスPDF版新規ウィンドウ をご利用ください
主任講師
河合 祥雄 (順天堂大学名誉教授)
放送メディア
ラジオ
放送時間(平成29年度)
第1学期:(日曜)6時45分~7時30分
第2学期:(木曜)17時30分~18時15分

講義概要

スポーツは人々の生活の質をさらに高めることを可能にする。日常生活にスポーツを取りいれることによって、豊かな生活、健康な人生を送ることができる。その実践のきっかけとなるための基礎的理論を理解し、安全を担保し、確実な医学的事実に基づく有益・有用な実践に結びつけるための手立てを提示する。
講義内容は自身の問題であるだけでなく、青少年、高齢者を指導する際に有益な情報・有用な指針を与える。
※詳しくはシラバス

開設年度
平成27年度
科目区分
生活健康科学プログラム
科目コード
8910693
単位数
2単位
単位認定試験
試験日・時限
平成29年度 第1学期:平成29年7月21日(金曜)2時限(10時25分~11時15分)
平成29年度 第2学期:平成30年1月20日(土曜)3時限(11時35分~12時25分)
単位認定試験
平均点
(平成28年度 第1学期)62.8点
(平成28年度 第2学期)70.0点
備考
「スポーツ・健康科学('09)」単位修得者は履修不可
このページのトップへ本文ここまで

授業の目標

様々な環境における運動が小児から高齢者、女性のからだに及ぼす影響についての理解を深め、その具体的な適応例としてのスポーツ・運動実践の意義について知識を深める。

履修上の留意点

スポーツ・運動科学に関する専門科目は開講されていないが、健康領域にはからだの構造や機能、健康管理等について解説する科目が多数開講されているので、各自の学習の進捗状況に合わせて、参考としていただきたい。

シラバス

テーマ 内容 執筆担当講師名
(所属・職名)
放送担当講師名
(所属・職名)
1 競技スポーツから健康志向の運動・スポーツへ 「スポーツ」の発生と歴史、文化としてのスポーツの観点から、スポーツ・運動が健康の保持増進(予防医学)に変化してきた背景、ならびにスポーツ指導者・関係者にとってのスポーツ医学について解説する。

【キーワード】
スポーツの歴史、文化としてのスポーツ、運動の世俗化、ハーバード同窓生健康調査
河合 祥雄
(順天堂大学名誉教授)
河合 祥雄
(順天堂大学名誉教授)
2 呼吸・循環系と運動 身体活動を実施するためには、骨格筋に酸素やエネルギー基質が運搬される。その役割を担う、呼吸・循環器系の機能について、運動生理学的な見地から概説する。

【キーワード】
呼吸、 循環、酸素摂取量、無酸素性作業雄閾値
大西 朋
(帝京大学助教)
大西 朋
(帝京大学助教)
3 神経・筋の運動生理 身体活動は関節運動の組み合わせによって成立する。ここでは、スポーツ・運動に関わる、骨・筋・関節ならびに運動を生み出す神経系の機能について、運動生理学的見地から概説する。

【キーワード】
運動神経、筋繊維、運動単位、運動ニューロン、錐体路
佐賀 典生
(帝京大学助教)
佐賀 典生
(帝京大学助教)
4 筋力/持久力トレーニング 健康体力づくりに必要な運動やトレーニングのメカニズム、特に持久性運動(有酸素運動)、筋力トレーニングについて、筋の収縮様式の違いによるトレーニング効果の相違、トレーニングの理論と実際について概説する。

【キーワード】
超回復、筋肥大、筋出力、骨格筋活動様式
佐賀 典生
(帝京大学助教)
佐賀 典生
(帝京大学助教)
5 子どもの発達とスポーツ・運動 少年期から思春期を経て青年期に至る身体の形態発育および機能発達と、それらに及ぼす運動習慣とスポーツ・運動の効果について概説する。

【キーワード】
子どものスポーツ活動の現状、スポーツ傷害、練習と休養
河合 祥雄
(順天堂大学名誉教授)
河合 祥雄
(順天堂大学名誉教授)
6 女性とスポーツ・運動、貧血 女性の身体的特徴とその加齢変化について解説する。また女性のからだに及ぼすスポーツ・運動の影響について概説する。

【キーワード】
運動性貧血、月経障害、摂食障害、妊娠、更年期障害
河合 祥雄
(順天堂大学名誉教授)
河合 祥雄
(順天堂大学名誉教授)
7 高齢者とスポーツ・運動 健康寿命の延伸は、高齢化が急速に進むわが国では大きな課題となっている。高齢者の体力低下と介護を予防するための効果的な運動について概説する。

【キーワード】
サルコペニア、廃用症候群、加齢性萎縮、骨粗鬆症
河合 祥雄
(順天堂大学名誉教授)
河合 祥雄
(順天堂大学名誉教授)
8 スポーツによる急性障害と安全対策 スポーツにおける身体の適応と破綻、およびスポーツによる急性障害とその対策について論じる。

【キーワード】
不整脈、運動後の低血圧、脱水、過換気症候群、運動誘発性喘息、運動誘発アナフィラキシー
河合 祥雄
(順天堂大学名誉教授)
河合 祥雄
(順天堂大学名誉教授)
9 過労性スポーツ障害 トレーニングにおける適応、超回復の理論を概説し、スポーツにおけるオーバートレーニング、オーバーリーチングの実際とその対策について論じる。

【キーワード】
疲労、ストレス、過労死、オーバートレーニング(症候群)、ピーキング
河合 祥雄
(順天堂大学名誉教授)
河合 祥雄
(順天堂大学名誉教授)
10 スポーツにおける急死 発症から24時間以内の予期しない内因性死亡である急死の実態(前駆症状、機序、解析など)、年齢・運動種類による原因疾患の違い、処置対策、予知予防(メディカルチェック)について論じる。

【キーワード】
ウツタイン・スタイル、肥大型心筋症、心室細動、AED
河合 祥雄
(順天堂大学名誉教授)
河合 祥雄
(順天堂大学名誉教授)
11 環境とスポーツ 暑熱環境から寒冷環境まで、スポーツ環境が人体に及ぼす影響(熱中症、低体温症)とその対策について略述する。

【キーワード】
体温調節、熱中症、暑熱馴化、偶発性低体温症、時差症候群、高山病
河合 祥雄
(順天堂大学名誉教授)
河合 祥雄
(順天堂大学名誉教授)
12 水中・圧環境とスポーツ 水泳は最も死亡率の高いスポーツ種目である。水泳・潜水事故の実態、その発症要因について解説し、また、登山を含めた低気圧環境における安全対策について概説する。

【キーワード】
溺水、湿性・乾性溺死、気管内吸水、圧外傷、空気塞栓、減圧症
河合 祥雄
(順天堂大学名誉教授)
河合 祥雄
(順天堂大学名誉教授)
13 運動に対する心臓の適応 長期間にわたる非常に高度な持久性トレーニングや筋力トレーニングを行ってきた選手の一部では、生理学的適応として心臓拡大、心筋肥大がおきる(スポーツ心臓)。運動を契機にして生じる心筋傷害と合わせ論じる。

【キーワード】
スポーツ心臓、拡張、肥大、トレーニングによる心筋障害
河合 祥雄
(順天堂大学名誉教授)
河合 祥雄
(順天堂大学名誉教授)
14 運動処方概論 生活習慣病に対する治療等に運動処方が施されるが、傷害や障害の発生も少なくない。運動実施の留意点について概説する。

【キーワード】
健康関連体力、メディカルチェック、運動の種類
大西 朋
(帝京大学助教)
大西 朋
(帝京大学助教)
15 高血圧の運動療法 近年、高血圧症を予防し、改善するうえに身体運動を中心にした生活習慣の改善が提唱されている。運動が血圧に及ぼす影響と高血圧症に対する運動療法について概説する。

【キーワード】
血圧、運動と血圧、バルサルバ効果、至適血圧レベル
河合 祥雄
(順天堂大学名誉教授)
河合 祥雄
(順天堂大学名誉教授)
このページのトップへ本文ここまで
授業科目案内 大学院 放送大学