授業科目一覧
基盤科目
コース科目
卒業研究(全科履修生のみ)
夏季集中科目
メニューここまで

博物館概論('11)

※印刷用にはシラバスPDF版新規ウィンドウ をご利用ください
主任講師
𠮷田 憲司 (国立民族学博物館長)
放送メディア
テレビ
放送時間(平成29年度)
第1学期:(金曜)21時30分~22時15分
第2学期:(水曜)15時15分~16時00分

講義概要

博物館は、単なる過去の遺物の貯蔵庫ではなく、過去と現在の知識と記憶を次代につなげ、未来を作り上げる装置でもある。社会と文化を構築する装置としての博物館の成り立ちとその問題点を検証したうえで、広く国内外に目をむけて現代における博物館の多様な活動のありかたを実践に即した形で把握し、さらにその将来に向けた可能性を展望する。
※詳しくはシラバス

開設年度
平成23年度
科目区分
コース科目(人間と文化コース(導入科目))
〔2009年度~2015年度〕共通科目(一般科目)
〔2008年度以前〕共通科目(一般科目)
科目コード
1117815
単位数
2単位
単位認定試験
試験日・時限
平成29年度 第1学期:平成29年7月30日(日曜)3時限(11時35分~12時25分)
平成29年度 第2学期:平成30年1月27日(土曜)5時限(14時25分~15時15分)
単位認定試験
平均点
(平成28年度 第1学期)94.9点
(平成28年度 第2学期)87.0点
備考
 
このページのトップへ本文ここまで

授業の目標

博物館は、学術研究の成果を広く社会と共有し、新たな社会を築きあげていくうえで、その最前線に位置する装置である。この授業は、博物館活動の大要を把握するとともに、博物館の諸活動に従事するのに不可欠な基礎的知識を、理論、倫理、実践の各分野にわたって総合的に習得することを目標とする。博物館における営みの細部が、博物館の使命と可能性に直接結びついていることを具体例に即して示し、将来博物館の実務に従事する者には誇りをもってその作業に携わることのできる基礎が体得できることを、また知的関心から博物館を学ぼうとする者にはその現代文明における意義が簡明に理解できることをめざす。

シラバス

テーマ 内容 執筆担当講師名
(所属・職名)
放送担当講師名
(所属・職名)
1 博物館・入門 日本の博物館関係法令について詳論し、それらの法令に基づく「博物館」の定義や、制度、分類、学芸員資格等を確認するとともに、その現在のありかたについて、国際的な視野から位置づけをおこなう。

【キーワード】
博物館法、ICOM(国際博物館会議)、学芸員(キュレイター)、倫理規定
𠮷田憲司
(国立民族学博物館長)
𠮷田憲司
(国立民族学博物館長)
2 博物館の歴史 諸外国ならびに日本の博物館の歴史と現状について論じる。具体的には、17世紀ヨーロッパの驚異の部屋から、公共博物館・美術館の成立、さらには近・現代の博物館・美術館の展開まで、世界と日本におけるミュージアムの歴史と現状を概観し、博物館・美術館におけるわたしたちの「経験」の成り立ちを考える。

【キーワード】
驚異の部屋、博物学、大英博物館、ルーヴル美術館、民族学博物館、近代美術館
𠮷田憲司
(国立民族学博物館長)
𠮷田憲司
(国立民族学博物館長)
3 博物館における収集 収集は、博物館にとってもっとも基礎的な作業である。と同時に、その行為は世界の切り取りに他ならない。したがってそこには、限界がともなうと同時に、倫理的な問題もまた常につきまとう。欧米と日本におけるコレクターとそのコレクションを点検するとともに、倫理的な視点から、コレクションの収集・返還の問題を検証し、さらには無形の文化遺産の収集方法としての映像記録の在り方を検討する。

【キーワード】
コレクション、権力、先住民族、 収集のガイドライン、映像記録、資料の返還
𠮷田憲司
(国立民族学博物館長)
𠮷田憲司
(国立民族学博物館長)
4 博物館における展示Ⅰ
-文化の表象の現在
現在、世界各地の博物館・美術館のあいだでは、従来の展示に潜む既成の価値観に縛られた表象の図式を掘り起こす作業が積極的に進められている。そして、その成果をふまえて新たな表象の様式を模索する試みも展開されつつある。それら、近年の取り組みを概観し、博物館・美術館展示の新たな可能性をさぐる。

【キーワード】
異文化、自文化、表象、モダニズム、共同作業
𠮷田憲司
(国立民族学博物館長)
𠮷田憲司
(国立民族学博物館長)
5 博物館における展示Ⅱ
-展示の技法
博物館や美術館は、単にものやそれにかかわる情報の保存・伝達の装置というだけでなく、新たな意味・情報を創出する装置でもある。そして、その意味の創出の最前線にあるのが、展示という行為にほかならない。ここでは、展示という営みのもつ、このような性格に配慮しながら、具体的な展示の技法について検討する。

【キーワード】
視線、動線、ハンズ・オン、ジオラマ、ホワイト・キューブコ、ユニバーサル・デザイン
𠮷田憲司
(国立民族学博物館長)
𠮷田憲司
(国立民族学博物館長)
6 博物館資料の整理と情報化 博物館は、モノとそれを取り巻く情報の集積庫である。博物館における情報をいかに蓄積し、整理し、発信に備えるか。データベースの実際を把握し、その今後の展開の指針を提示する。

【キーワード】
データベース、アーカイヴズ、情報リテラシー、知的財産と倫理
久保正敏
(国立民族学博物館名誉教授)
久保正敏
(国立民族学博物館名誉教授)
𠮷田憲司
(国立民族学博物館長)
7 博物館資料の保存と活用Ⅰ
-保存環境とIPM
貴重な資料・作品を次代に伝えることは、博物館の中核的使命である。そこには、保存と活用という、一見相反するかに見える作業の両立が求められる。保存科学の視点から、活用を前提にした資料の保存の実際を紹介する。

【キーワード】
保存環境、IPM(総合的有害生物管理)、修復
園田直子
(国立民族学博物館教授)
園田直子
(国立民族学博物館教授)
𠮷田憲司
(国立民族学博物館長)
8 博物館資料の保存と活用Ⅱ
-取り扱い、収蔵と梱包
活用を前提にした保存のあり方を、取り扱いの基本とともに、収納、梱包の面から検討する。博物館・美術館における収蔵施設の現状を把握するとともに、日常的な資料管理から文化財輸送の現場まで点検し、そこに通底する技術と理念を明らかにする。

【キーワード】
資料の取り扱い、収蔵、点検、梱包、輸送
園田直子
(国立民族学博物館教授)
園田直子
(国立民族学博物館教授)
𠮷田憲司
(国立民族学博物館長)
9 博物館における教育Ⅰ
-学校教育との連携
博物館は、教育施設としての機能も備えている。博物館と学校教育の連携の現状と課題を、国内外の事例に基づきながら検討する。

【キーワード】
社会連係、学校教育、アウトリーチ、子供博物館、
布谷知夫
(三重県総合博物館特別顧問)
𠮷田憲司
(国立民族学博物館長)
布谷知夫
(三重県総合博物館特別顧問)
𠮷田憲司
(国立民族学博物館長)
10 博物館における教育Ⅱ
-生涯教育の展開
博物館は、学校教育ばかりでなく、生涯学習の機関としての重要性をますます高めている。子供博物館に始まり、年齢・興味の異なる多様な利用者の参加をもとに作り上げる博物館のありかたを考える。

【キーワード】
体験型博物館、参加型調査、ボランティア活動、ユニバーサルデザイン
布谷知夫
(三重県総合博物館特別顧問)
布谷知夫
(三重県総合博物館特別顧問)
𠮷田憲司
(国立民族学博物館長)
11 地域コミュニティと博物館 地域コミュニティに根差した活動を展開することにより、博物館は、その地域の人びとの誇りやアイデンティティーの核となり、地域の活力の源泉となっていく。先駆的な活動例の紹介を通じて、博物館の可能性を再考する。

【キーワード】
地域コミュニティ、アイデンティティ、ローカル・ミュージアム、エコ・ミュージアム
布谷知夫
(三重県総合博物館特別顧問)
𠮷田憲司
(国立民族学博物館長)
布谷知夫
(三重県総合博物館特別顧問)
𠮷田憲司
(国立民族学博物館長)
12 文化遺産と博物館 博物館は、有形の文化遺産の貯蔵庫であるばかりでなく、無形の文化遺産の集積と継承の装置でもある。UNESCOによる世界文化遺産指定の光と影が明らかになってきた今日、文化遺産の創造的継承の装置としての博物館の使命と課題を考える。

【キーワード】
世界遺産、有形文化遺産、無形文化遺産、UNESCO、伝統
𠮷田憲司
(国立民族学博物館長)
𠮷田憲司
(国立民族学博物館長)
13 記憶と博物館 歴史的な記憶をいかに次の世代に語り伝えるか、個人の記憶と集団の歴史認識とをいかに調停するのか。博物館は、こうした歴史記憶の伝承の装置としても重要な役割を担っている。国内外の事例の検討を通じて、歴史、記憶と博物館の新たな関係を考える。

【キーワード】
歴史、記憶、想起、伝承
𠮷田憲司
(国立民族学博物館長)
𠮷田憲司
(国立民族学博物館長)
14 デジタル技術とミュージアム デジタル技術の発展は、博物館における観覧者の経験のあり方に、新たな次元を付け加えつつある。「モノ」の集積に第一義的な価値を置く博物館が、デジタル技術をいかに取り込み、展開しうるのか。先導的な事例の検証をもとに、デジタル・ミュージアムの未来像を展望する。

【キーワード】
デジタル・ミュージアム、バーチャル・ミュージアム、
久保正敏
(国立民族学博物館名誉教授)
久保正敏
(国立民族学博物館名誉教授)
𠮷田憲司
(国立民族学博物館長)
15 フォーラムとしてのミュージアム
-新たな時代の博物館にむけて
新たな時代の博物館像は、収集や展示の担い手である博物館関係者と、それら収集・展示の対象になっている文化の担い手、そしてその博物館の利用者という三者の出会いと相互啓発の場、すなわちフォーラムとしてのミュージアムに求められよう。博物館の現在を総括するとともに、フォーラムとしてのミュージアムに向けた具体的指針を提示する。

【キーワード】
フォーラム、出会い、対話、国際協力
𠮷田憲司
(国立民族学博物館長)
𠮷田憲司
(国立民族学博物館長)
久保正敏
(国立民族学博物館名誉教授)
園田直子
(国立民族学博物館教授)
布谷知夫
(三重県総合博物館特別顧問)
このページのトップへ本文ここまで
授業科目案内 教養学部 放送大学