授業科目一覧
基盤科目
コース科目
卒業研究(全科履修生のみ)
夏季集中科目
メニューここまで

博物館経営論('13)

※印刷用にはシラバスPDF版新規ウィンドウ をご利用ください
主任講師
佐々木 亨 (北海道大学大学院教授)
亀井 修 (独立行政法人国立科学博物館産業技術史資料情報センター副センター長)
放送メディア
ラジオ
放送時間(平成29年度)
第1学期:(金曜)22時15分~23時00分
第2学期:(月曜)7時30分~8時15分

講義概要

博物館は、建物や資料、学芸員を含む職員が存在するだけでは、成り立ちません。日々、実際にお客様をお迎えし、みなさま方に展示や教育プログラムを体験していただき、満足してお帰りいただくことが大切です。そして、また来館し、家族や友人に来館を勧めるといった行動につながることが重要です。
そのためには、博物館経営は必須の概念です。ここでは、博物館の組織、施設と人材の在り方、経営手法としてのマーケティングと評価、市民や地域社会との連携など、博物館経営に欠かせない事柄について学びます。また、海外の博物館経営の事例なども併せて紹介します。
博物館学芸員資格の取得を目指す方は、この科目が必須となります。
※詳しくはシラバス

開設年度
平成25年度
科目区分
コース科目(人間と文化コース(専門科目))
〔2009年度~2015年度〕専門科目(人間と文化コース)
〔2008年度以前〕専門科目(人間の探究専攻)
科目コード
1554719
単位数
2単位
単位認定試験
試験日・時限
平成29年度 第1学期:平成29年7月25日(火曜)1時限(9時15分~10時05分)
平成29年度 第2学期:平成30年1月24日(水曜)3時限(11時35分~12時25分)
単位認定試験
平均点
(平成28年度 第1学期)73.4点
(平成28年度 第2学期)73.5点
備考
 
このページのトップへ本文ここまで

授業の目標

博物館の管理・運営について体系的に理解し、「博物館経営」という枠組みの中で博物館をみることができるようになります。
併せて、学芸員として博物館経営を実践する際の基礎的な能力を養います。

履修上の留意点

学芸員資格取得を目指す方は、「博物館経営論」を履修する前に「博物館概論」を履修することが望ましいです。

シラバス

テーマ 内容 執筆担当講師名
(所属・職名)
放送担当講師名
(所属・職名)
1 博物館になぜ経営が必要か 博物館にとって「経営」は必要不可欠な概念であることと、その特性を説明する。それとともに、博物館の使命、経営資源、ステークホルダーという、経営を考える際に必須となる基本的な要素について考察する。また最後に、この科目全体の構成について紹介する。

【キーワード】
経営、博物館経営論、使命、目標、経営資源、ステークホルダー
佐々木亨
(北海道大学大学院教授)
佐々木亨
(北海道大学大学院教授)
2 博物館を取り巻く人々と社会 博物館の価値と公共性について整理した上で、博物館への公的支援の根拠を説明する。併せて、博物館の価値を納税者や社会に広く伝えるための、広報活動の実態と今後を考察する。さらに、博物館の年報と企業のCSRレポートを比較検討し、博物館広報のあり方を検討する。

【キーワード】
博物館の価値、公共性、広報、年報、ステークホルダー、CSR
佐々木亨
(北海道大学大学院教授)
佐々木亨
(北海道大学大学院教授)
3 博物館の組織と人材、行財政 博物館が使命を遂行し社会的な機能を果すためには、それに適した制度、組織、あるいは人材が必要となる。博物館に関する一般の人々の認識、それを反映する行財政制度や個別の予算システムも重要な要素となる。それらについて、現状と課題を説明する。

【キーワード】
文書主義、行政組織、非営利組織、非常時や変化への対応
亀井修
(独立行政法人国立科学博物館産業技術史資料情報センター副センター長)
亀井修
(独立行政法人国立科学博物館産業技術史資料情報センター副センター長)
4 博物館倫理・行動規範 博物館には、人類にとって貴重な資料や文化遺産を取り扱い、新しい知識や情報の創造に役立てるという使命がある。そのため、博物館関係者には極めて高い職業倫理が求められる。ここでは、代表的な倫理規程とその考え方について紹介する。

【キーワード】
倫理基準、行動規範、ICOM、専門職としての行為
亀井修
(独立行政法人国立科学博物館産業技術史資料情報センター副センター長)
亀井修
(独立行政法人国立科学博物館産業技術史資料情報センター副センター長)
5 博物館の経営手法①:マーケティング、利用者調査の手法 マーケティングの定義や基本的な枠組みについて紹介し、博物館で求められている経験について検討する。併せて、博物館利用者の行動や潜在的な期待を把握するための利用者調査について、具体的な事例を紹介する。

【キーワード】
マーケティング、博物館での経験、利用者調査、第三世代の博物館
佐々木亨
(北海道大学大学院教授)
佐々木亨
(北海道大学大学院教授)
6 博物館の経営手法②:使命と評価 実施した事業にどのような成果があったのかを検証し、今後の改善に活かすことは、使命達成に向けて必要なことである。ここでは、博物館に評価が導入された背景、評価の際の使命の重要性、および博物館を評価する手法およびシステムについて紹介する。

【キーワード】
使命、評価の設計、自己点検、外部評価、PDCAサイクル
佐々木亨
(北海道大学大学院教授)
佐々木亨
(北海道大学大学院教授)
7 ミュージアムショップとレストランの経営 博物館活動に必要な諸設備とともに、博物館の機能として経営の一部となっているミュージアムショップやレストランといった付帯施設の今日的在り方について説明する。

【キーワード】
ミュージアム経営、利用者サービス
山下治子
(雑誌「ミュゼ」編集長)
山下治子
(雑誌「ミュゼ」編集長)
8 指定管理者制度 2003年の法改正により新たに導入された指定管理者制度は、博物館経営にも大きな影響を与えている。指定管理者制度のしくみと制度導入の現状と課題について、いくつかの事例とともに解説する。

【キーワード】
地方自治法、指定管理者制度、官民連携、長崎歴史文化博物館、島根県立古代出雲歴史博物館
佐々木亨
(北海道大学大学院教授)
佐々木亨
(北海道大学大学院教授)
9 博物館における危機管理 生起確率の減少や発生時被害の軽減といったリスク・マネージメントの基本的考え方や、因果関係がはっきりしない事象への対処や予想される損益の評価に対応する意思決定等について、博物館が直面する事象をもとに説明する。

【キーワード】
リスクの認知、不確実性、意思決定
亀井修
(独立行政法人国立科学博物館産業技術史資料情報センター副センター長)
亀井修
(独立行政法人国立科学博物館産業技術史資料情報センター副センター長)
10 博物館における連携①:ボランティア・市民・地域社会その1 博物館運営の充実に欠かせないボランティアや市民、地域社会との連携のありかたについて、歴史系の地域博物館の事例を踏まえて解説する。

【キーワード】
市民、ボランティア、地域社会、地域連携、ネットワーク、生涯学習、まちづくり、地域振興
竹内有理
(長崎歴史文化博物館教育普及グループリーダー)
竹内有理
(長崎歴史文化博物館教育普及グループリーダー)
11 博物館における連携②:ボランティア・市民・地域社会その2 ボランティア・市民・地域社会といった博物館における連携について、連携・相乗効果・新たな価値の創造といった視点から、科学系博物館での活動事例を中心に説明する。

【キーワード】
地域連携、国際連携、相乗効果、新たな価値の創造
亀井修
(独立行政法人国立科学博物館産業技術史資料情報センター副センター長)
亀井修
(独立行政法人国立科学博物館産業技術史資料情報センター副センター長)
12 博物館における連携③:他館、他機関、学協会 他館・他機関・学協会といった博物館における連携について、連携の相乗効果や新たな価値の創造の視点から、科学系博物館の事例を中心に説明する。

【キーワード】
連携、相乗効果、目的・手段・成果
亀井修
(独立行政法人国立科学博物館産業技術史資料情報センター副センター長)
亀井修
(独立行政法人国立科学博物館産業技術史資料情報センター副センター長)
13 事例紹介①:海外の博物館経営(イギリス) 博物館経営の重要性が注目されるようになった1980年代後半から現在にいたる、イギリスの博物館経営の取り組みについて、文化政策、経営戦略、資金獲得、社会的役割の視点から解説する。

【キーワード】
文化政策、経営戦略、資金獲得、社会的役割
竹内有理
(長崎歴史文化博物館教育普及グループリーダー)
竹内有理
(長崎歴史文化博物館教育普及グループリーダー)
14 事例紹介②:海外の博物館経営(アメリカの美術館) アメリカでは多くの博物館が、非営利組織として経営されている。ここでは、非営利組織としての美術館に注目し、美術館経営に際して、最も重要視される使命(ミッション)や経営を支える「アーツ・アドミニストレーション」(芸術運営学)について説明する。

【キーワード】
ミッション(使命)、非営利組織、アーツ・アドミニストレーション、ファンドレイジング、寄附
鈴木一彦
(千葉大学非常勤講師)
鈴木一彦
(千葉大学非常勤講師)
15 事例紹介③:大学博物館の歴史と経営 大学博物館の歴史と日本におけるその現状を解説する。その上で、1990年代後半より整備され始めた、我が国のユニバーシティ・ミュージアム設置の経緯、その使命、および活動の現状を見ていく。現状については、北海道大学の総合博物館および植物園を事例に紹介する。

【キーワード】
大学博物館、ユニバーシティ・ミュージアム、北海道大学総合博物館、北海道大学植物園
佐々木亨
(北海道大学大学院教授)
佐々木亨
(北海道大学大学院教授)
このページのトップへ本文ここまで
授業科目案内 教養学部 放送大学