授業科目一覧
基盤科目
コース科目
卒業研究(全科履修生のみ)
夏季集中科目
メニューここまで

ドイツ哲学の系譜('14)

※印刷用にはシラバスPDF版新規ウィンドウ をご利用ください
主任講師
佐藤 康邦 (放送大学客員教授)
湯浅 弘 (放送大学客員教授)
放送メディア
ラジオ
放送時間(平成29年度)
第1学期:(月曜)13時00分~13時45分
第2学期:(土曜)20時45分~21時30分

講義概要

近代哲学の中心の位置を占めるドイツ哲学を、それぞれの分野の専門家とともに学ぶ授業である。一方では、その内容がどのようなものであったのかを学ぶとともに、他方では、その現代的意義、さらに日本人にとっての意義を探求する。まず始めは、ドイツ哲学の源流を探り、次に、カントの『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』、続いてフィヒテ、シェリング、ヘーゲルのドイツ観念論の哲学の古典、さらにショーペンハウアー、ニーチェの生哲学を学ぶ。続いて、フッサール、ハイデッガーを通じて、20世紀のドイツ哲学を学ぶ。これらの哲学者の思想は、今日なお一般にも人気のあるものであるだけではなく、哲学という学問のことを考える時、内容を理解することが必須のものである。
※詳しくはシラバス

開設年度
平成26年度
科目区分
コース科目(人間と文化コース(専門科目))
〔2009年度~2015年度〕専門科目(人間と文化コース)
〔2008年度以前〕専門科目(人間の探究専攻)
科目コード
1554735
単位数
2単位
単位認定試験
試験日・時限
平成29年度 第1学期:平成29年7月25日(火曜)3時限(11時35分~12時25分)
平成29年度 第2学期:平成30年1月23日(火曜)5時限(14時25分~15時15分)
単位認定試験
平均点
(平成28年度 第1学期)70.2点
(平成28年度 第2学期)67.0点
備考
 
このページのトップへ本文ここまで

授業の目標

近代哲学の歴史を飾るドイツ哲学の理解を通じて、哲学という学問がどのような問題を扱うのかの理解に達することが第一の目標である。カントに即すれば、『純粋理性批判』で認識問題、『実践理性批判』で道徳問題、『判断力批判』で美と有機体の問題が、それぞれ、哲学という場面でどのような扱いをされるかが理解される。続いて、この哲学的問いが、今日の学問、今日の社会、今日の文化の理解にどのように適用されるかを考えることが、第二の目標である。そこで、現代科学というものを、人間の知恵という立場から振り返り、現代人の生き甲斐というものを、知性に即して考えるということが探求される。

履修上の留意点

現在開講している、哲学の専門科目のうち西洋哲学に関するものとしては、「経験論から言語哲学へ('16)」「現代フランス哲学に学ぶ('17)」があり、また導入科目として「近代哲学の人間像('12)」「西洋哲学の起源('16)」がある。本科目は、それらと直接重ならないものであるので、履修上の問題は少ない。

シラバス

テーマ 内容 執筆担当講師名
(所属・職名)
放送担当講師名
(所属・職名)
1 ドイツ哲学の誕生
-カントに先立つドイツ哲学-
「ドイツ哲学」と言っても、カントの先行者や同時代人にとってのドイツは今日のそれと同じではないし、ドイツ語で思索した人ばかりでもない。英仏の哲学の影響も無視できない。カントの登場を「ドイツ哲学」のこうしたオープンな性格の豊かな実りとして捉えたい。

【キーワード】
ルター、ライプニッツ、ヴォルフ、ヘルダー、ハーマン
山根 雄一郎
(大東文化大学教授)
山根 雄一郎
(大東文化大学教授)
2 カント『純粋理性批判』の考察 カントは、近代科学の進歩を強く意識しながら、人間の認識能力は何を・どこまで学問的に厳密に認識できるのかを吟味する批判的な方法によって、哲学の中枢を担ってきた形而上学の再構築を試みた。『純粋理性批判』を中心に理論哲学の諸問題を概観する。

【キーワード】
形而上学、認識能力、コペルニクス的転回、ア・プリオリな綜合判断
山根 雄一郎
(大東文化大学教授)
山根 雄一郎
(大東文化大学教授)
3 カント『実践理性批判』の考察 カントは、感性的な欲望を理性的に統御することが「できる」点に人間の自由を認める自律的人間観を打ち出した。それは、互いの人格を目的として尊重する理想的共同態を説く点で、社会哲学への射程も有している。平和論を含む実践哲学の諸問題を概観する。

【キーワード】
定言命法、意志の自律、目的の国、永遠平和
山根 雄一郎
(大東文化大学教授)
山根 雄一郎
(大東文化大学教授)
4 カント『判断力批判』の考察 カントは、理性・悟性と並ぶ上級認識能力である判断力を扱うにあたり、「自然の合目的性」の概念を問題にする。これを「美しいもの」と有機体とに適用して、自然の全体を、美と目的の観点から一個の体系として判定しようとする『判断力批判』の諸問題を概観する。

【キーワード】
趣味判断、目的なき合目的性、有機体、神学
山根 雄一郎
(大東文化大学教授)
山根 雄一郎
(大東文化大学教授)
5 倫理的観念論から芸術的観念論へ カントの超越論哲学の徹底化を図りながらも、図りきれないフィヒテの倫理的観念論、および、この主観性の限界の打破を目ざしつつも、躓くシェリングの芸術的観念論の哲学的特質を検討する。

【キーワード】
観念論、物自体、自我、非我、絶対的無差別
山田 忠彰
(日本女子大学教授)
山田 忠彰
(日本女子大学教授)
6 「クモの巣」としての『エンチュクロペディー』? ドイツ観念論の集大成といわれるヘーゲルの哲学体系『エンチュクロペディー(哲学的諸学の百科事典)』の内実および方法論を瞥見しながら、先行者たちとの差異ないしこの体系の独自性と問題性を検討する。

【キーワード】
理念、弁証法、反照運動、相互承認、自由
山田 忠彰
(日本女子大学教授)
山田 忠彰
(日本女子大学教授)
7 最後の哲学体系のその後 ヘーゲル哲学への対応の仕方を、イタリアの思想家たち、抽象芸術の先駆的芸術家ならびに芸術終焉論を唱える現代の芸術哲学者に探りながら、この哲学の影響力、射程の広さについて考える。

【キーワード】
弁証法、思惟の行為、ブギウギ、芸術終焉論、ポップ・アート
山田 忠彰
(日本女子大学教授)
山田 忠彰
(日本女子大学教授)
8 ショーペンハウアーの人間論 最近のショーペンハウアー研究には、従来のショーペンハウアー像の修正の必要性を指摘する新しい動向がある。本講義では、その点も紹介しながらショーペンハウアー哲学についてその人間論を中心に考究する。

【キーワード】
意志、表象、苦しみ、芸術、イデア、観照、同情、諦念
湯浅 弘
(放送大学客員教授)
湯浅 弘
(放送大学客員教授)
9 ニーチェの伝統批判 ニーチェの思想的営みは、ヨーロッパのキリスト教的伝統に対する批判と自らの生肯定の哲学の構築に分けられる。前者を取り上げる本講義では、批判的視点の形成過程を紹介した上で『道徳の系譜』を中心に彼のキリスト教批判について考究する。

【キーワード】
神の死、ニヒリズム、系譜学、ルサンチマン、良心のやましさ、禁欲主義的理想
湯浅 弘
(放送大学客員教授)
湯浅 弘
(放送大学客員教授)
10 ニーチェの生肯定の哲学 ニーチェの生肯定の哲学は永遠回帰思想をはじめとする後期ニーチェ哲学に結実しているが、本講義では、初期ニーチェの『悲劇の誕生』の世界観とも絡めてニーチェの生肯定の哲学について考究する。

【キーワード】
ディオニュソス、芸術家形而上学、永遠回帰思想、運命愛、ツァラトゥストラ
湯浅 弘
(放送大学客員教授)
湯浅 弘
(放送大学客員教授)
11 ニーチェと20世紀の思想 20世紀から現在に至るまで、ニーチェの影響には甚だ大きなものがある。それは哲学者や文学者に対してばかりではないが、本講義では、20世紀の思想に与えたニーチェのインパクトを検証する。

【キーワード】
ジンメル、ウエーバー、レーヴィット、ヤスパース、ハイデガー、フランクフルト学派、ドゥルーズ、フーコー
湯浅 弘
(放送大学客員教授)
湯浅 弘
(放送大学客員教授)
12 フッサール現象学
-事象そのものへ-
フッサールは一方では、学問の基礎付けを目指して、自然的態度をエポケーし、純粋意識に遡源する。しかし他方では、学問の危機という立場から科学的世界の基盤として生活世界の重要性を説く。今回は、この二面性を他者問題と関連づけながら考察する。

【キーワード】
エポケー、現象学的還元、自然的態度、生活世界、他我
寿 卓三
(愛媛大学教授)
寿 卓三
(愛媛大学教授)
13 ハイデガーの存在論
-現象学者ハイデガー-
ハイデガーは、現存在を世界内存在、関心(Sorge)として考察し、その存在体制である時間性を析出する。また、不安、退屈を手がかりに現存在の有り様を本来性と非本来性とに二分する。今回は、ハイデガーの現存在把握の基本特徴を考察する。

【キーワード】
世界内存在、関心、不安、本来性
寿 卓三
(愛媛大学教授)
寿 卓三
(愛媛大学教授)
14 ハイデガーの思索と現代 環境問題の深刻化、科学技術への信頼の揺らぎ、ことばへの不信、不安の時代といったことが、今日しばしば話題となっている。これらはまさにハイデガー哲学の基本テーマに他ならない。今回は、一見無味乾燥な存在の思索としてのハイデガー哲学の今日性について考察する。

【キーワード】
集-立、在庫品、 四者連関、ことば
寿 卓三
(愛媛大学教授)
寿 卓三
(愛媛大学教授)
15 ドイツ哲学と日本 明治以来、哲学を学ぶ日本人にとってドイツ哲学は、第一に学ぶ対象であった。そのことをめぐっての座談会をもとに、ドイツ哲学と日本との関係について考える。

【キーワード】
カント、ハイデガー、超越論、人格、生
佐藤 康邦
(放送大学客員教授)
湯浅 弘
(放送大学客員教授)
山田 忠彰
(日本女子大学教授)
寿 卓三
(愛媛大学教授)
山根 雄一郎
(大東文化大学教授)
佐藤 康邦
(放送大学客員教授)
湯浅 弘
(放送大学客員教授)
山田 忠彰
(日本女子大学教授)
寿 卓三
(愛媛大学教授)
山根 雄一郎
(大東文化大学教授)
このページのトップへ本文ここまで
授業科目案内 教養学部 放送大学