授業科目一覧
基盤科目
コース科目
卒業研究(全科履修生のみ)
夏季集中科目
メニューここまで

ヨーロッパの歴史II('15)-植物からみるヨーロッパの歴史-

※印刷用にはシラバスPDF版新規ウィンドウ をご利用ください
主任講師
草光 俊雄 (東京大学名誉教授)
菅 靖子 (津田塾大学教授)
放送メディア
テレビ
放送時間(平成29年度)
第1学期:(月曜)9時45分~10時30分
第2学期:(日曜)18時15分~19時00分

講義概要

イングリッシュ・ガーデンの人気が高い。イギリスで庭園作りが盛んになったのは16・17世紀から。18世紀に英国式庭園が誕生し、19世紀には庶民の間にガーデニング趣味が広がった。この庭園趣味はヨーロッパが世界に進出し、珍しい植物を持ち帰ってきたことに端を発する。やがてそれは自然を科学的に理解しようとする新しい学問の発達と結びつき、植物学による世界、自然認識へと発展する。大英帝国の版図の広がりとともに、植物は単なるガーデニング趣味を超え、帝国経済を念頭においた国家にとっての重要な政策課題になっていく。本講義では植物への関心が人々の生活に結びついて大きく変化してきた近代の姿を概観する。
※詳しくはシラバス

開設年度
平成27年度
科目区分
コース科目(人間と文化コース(専門科目))
〔2009年度~2015年度〕専門科目(人間と文化コース)
〔2008年度以前〕専門科目(人間の探究専攻)
科目コード
1554808
単位数
2単位
単位認定試験
試験日・時限
平成29年度 第1学期:平成29年7月23日(日曜)1時限(9時15分~10時05分)
平成29年度 第2学期:平成30年1月21日(日曜)3時限(11時35分~12時25分)
単位認定試験
平均点
(平成28年度 第1学期)77.6点
(平成28年度 第2学期)73.9点
備考
 
このページのトップへ本文ここまで

授業の目標

あるひとつのテーマを深く掘り下げて考えることは、じつは幅広い分野の問題との関連で考えることでもある。個別研究はつねに広い視野に立った総合的な視点を必要とする。植物についてのひとびとの関心のあり方をとおして、それぞれの時代の社会、文化、経済、政治などを考察する必要があることを具体的に論じていくことによって、自分たちの身近な問題を広いコンテクストで考える見方を習得できるようにする。

履修上の留意点

「歴史と人間」「ヨーロッパの歴史Ⅰ」「南北アメリカの歴史」等が関連科目である。

シラバス

テーマ 内容 執筆担当講師名
(所属・職名)
放送担当講師名
(所属・職名)
1 イントロダクション 全体の講義を踏まえてそのポイントを紹介する。また日本人と植物学との関係を中国から渡来した「本草学」との関連で概観し、西洋の近代的な植物学との出会いによってそれがどう変質したのかについて見ていく。

【キーワード】
本草(学)、薬種学、『本草綱目』、ケンペル、ツンベリー、シーボルト、貝原益軒、平賀源内、岩崎灌園、園芸
草光 俊雄
(東京大学名誉教授)
草光 俊雄
(東京大学名誉教授)
菅 靖子
(津田塾大学教授)
2 人間と植物世界:庭と森 人間と植物との関係を歴史を追って概観する。特に人間がいかに庭を造り、そこに様々な意味と役割を付加していったかを考える。また人間にとっての森とは何であったかを歴史的に見る。

【キーワード】
エデンの園、逍遥学派の庭園、薬草園、森林
草光 俊雄
(東京大学名誉教授)
草光 俊雄
(東京大学名誉教授)
菅 靖子
(津田塾大学教授)
3 園芸の始まりと植物学の成立:植物ネットワークの展開 大航海時代のヨーロッパの世界進出にともない、自然科学と同様植物学・博物学は新しい世界との出会いを驚異と好奇心で迎え、自然秩序の解釈にその知的努力を傾注した。ルネサンス期から始まる植物学が、19世紀に専門職化する植物学者の登場にいたるまでにどのように展開したかを概観する。

【キーワード】
ネットワーク、植物園の誕生、クルシウス、フッカー
草光 俊雄
(東京大学名誉教授)
草光 俊雄
(東京大学名誉教授)
菅 靖子
(津田塾大学教授)
4 植物画:オランダと植物世界 オランダはチューリップマニアなどヨーロッパでは植物についての関心が大きく展開した国である。オランダで完成した植物画とオランダ経済社会との関係に注目して見ていく。

【キーワード】
植物画、トロンプ・ルイユ、静物画、チューリップ・マニア
草光 俊雄
(東京大学名誉教授)
草光 俊雄
(東京大学名誉教授)
菅 靖子
(津田塾大学教授)
5 庭師たちの世界 植物学者とともに植物のことを実際に身近な知識として我がものにしていたのが庭作りの実践を体現した庭師である。彼らはどのようにして庭園作りに貢献したのか、どのような庭師がいたのか、著名な庭師たちについて概観する。

【キーワード】
庭師、ガーデナー、育苗家、ギルド、トラデスカント父子、ミラー、『庭師の事典』、パクストン
草光 俊雄
(東京大学名誉教授)
草光 俊雄
(東京大学名誉教授)
菅 靖子
(津田塾大学教授)
6 植物の分類:レイ、トゥルヌフォール、リンネ 植物学が科学として成立するためには植物の分類法の確立がその基礎となった。近代の植物学者たちが植物世界をどのように理解しようとしたのか、「分類法」をキーワードに先駆者たちの試みを概観する。

【キーワード】
自然哲学、植物学、分類(法)、レイ、トゥルヌフォール、リンネ
草光 俊雄
(東京大学名誉教授)
草光 俊雄
(東京大学名誉教授)
菅 靖子
(津田塾大学教授)
7 啓蒙主義と植物:サー・ジョゼフ・バンクスと王立キュー・ガーデンズ 長い18世紀、植物学は経済発展とヨーロッパの更なる世界システム構築のなかで独自の存在感を示し始める。この展開に重要な役割を果たしたハンス・スローンやジョゼフ・バンクスなどの業績を概観し、啓蒙主義と商業社会との関係についても考える。

【キーワード】
スローン、ミラー、コリンソン、ビュート伯爵、ジョージ三世、バンクス、キュー・ガーデンズ
草光 俊雄
(東京大学名誉教授)
草光 俊雄
(東京大学名誉教授)
菅 靖子
(津田塾大学教授)
8 南アフリカのイギリス人プラント・ハンターたち 植物収集に重要な役割を果たしたのがいわゆるプラント・ハンターである。18?19世紀のアフリカでの植物採集・調査を中心に彼らの仕事について検討する。イギリスにおける南アフリカ植物の流行、南アフリカにおける植物収集ネットワークについても紹介する。

【キーワード】
プラント・ハンター、植物園、植物学者、マッソン、ボーウィ、プラント
北川 勝彦
(関西大学名誉教授)
北川 勝彦
(関西大学名誉教授)
草光 俊雄
(東京大学名誉教授)
菅 靖子
(津田塾大学教授)
9 庭園と風景画 近世に始まった庭園ブームは、政治色の濃いものであった。作庭にかかわった庭園デザイナー・庭師の意図を探るとともに、当時風景画が人びとの関心を惹きつけるようになったのは何故か、代表的な風景画家の作品をヒントにその背景を探る。

【キーワード】
風景式(イギリス式)庭園、ウィリアム・ケント、ランスロット・ブラウン、ピクチャレスク、風景画
草光 俊雄
(東京大学名誉教授)
菅 靖子
(津田塾大学教授)
草光 俊雄
(東京大学名誉教授)
菅 靖子
(津田塾大学教授)
10 植物を見せる 人が植物への関心からどのような集団を形成し、植物を見せる空間を生み出していったのかを概観し、植物がいかに階級を超えて「誇示的消費」の対象となっていったかについて学ぶ。

【キーワード】
誇示的消費、植物と階級、オランジェリー、フローリスト・ソサイェティ、植物園、王立園芸協会、チェルシー・フラワー・ショー
菅 靖子
(津田塾大学教授)
草光 俊雄
(東京大学名誉教授)
菅 靖子
(津田塾大学教授)
11 都市空間の緑を求めて 近代化、都市化とともに人々が都市空間における緑地をいかに確保しようとしてきたかを辿り、近代社会において植物に課せられるようになった多様な役割とその意味について学ぶ。

【キーワード】
「窓辺の庭」、トマス・フェアチャイルド、ラウドン、ガーデネスク、合理的娯楽、市民公園、コテージ・ガーデン、ガートルード・ジェキル
菅 靖子
(津田塾大学教授)
草光 俊雄
(東京大学名誉教授)
菅 靖子
(津田塾大学教授)
12 室内装飾としての緑 室内に置かれた植物とそれを取り巻く室内装飾のあり方に着目しつつ、植物の文化的意味の変遷を学ぶ。植物学あるいは園芸のなかだけではなく、室内装飾やデザインという方向からも植物が語られるようになっていた。室内における植物の消費が早かったイギリスを中心に考える。

【キーワード】
ウォード箱、ウェッジウッド、シダ植物ブーム、家具、室内装飾、女性と植物
菅 靖子
(津田塾大学教授)
草光 俊雄
(東京大学名誉教授)
菅 靖子
(津田塾大学教授)
13 植物とデザイン 植物を着想源とした製品のデザインは、歴史の中で人間が自然とどのように向き合ってきたかを物語る。本章では、19世紀を中心に、植物がデザインにいかに取り入れられてきたのかを考察する。

【キーワード】
ウィリアム・モリス、クリストファー・ドレッサー、万国博覧会、ファッション革命、風景壁紙、アール・ヌーヴォー、自然主義
菅 靖子
(津田塾大学教授)
草光 俊雄
(東京大学名誉教授)
菅 靖子
(津田塾大学教授)
14 緑を踏みしめて : カントリーの意味 イギリスには、緑地へのアクセス権やカントリーを「歩く権利」というものが存在する。本章では、田園都市やナショナル・トラストを生んだイギリスを中心に、19世紀後半から強まったカントリー志向の歴史的展開や初期の環境団体の設立経緯をたどり、カントリー(田園地域)の社会的・文化的意義を考える。

【キーワード】
コモンズ、田園、オープン・スペース、ナショナル・トラスト、ランブリング、レジャー、田園都市
菅 靖子
(津田塾大学教授)
草光 俊雄
(東京大学名誉教授)
菅 靖子
(津田塾大学教授)
15 緑のヘリテージ これまでの章のまとめとして、威信やプロパガンダ、ナショナリズムといった近代的な文化価値を付与された緑の空間の創造と消費について考える。風景は風景画として取り出され、グラフィックで量産されるときに新たな価値付けをされ、イコンとなっていった。21世紀に入ると都市部で「ミレニアム・グリーン」という新たな緑地も創造された。こうした緑の空間の「ヘリテージ」としての意味を学ぶ。

【キーワード】
第二次世界大戦、風景画、グラフィックポスター、「レコーディング・ブリテン」プロジェクト、ミレニアム・グリーン
菅 靖子
(津田塾大学教授)
草光 俊雄
(東京大学名誉教授)
菅 靖子
(津田塾大学教授)
このページのトップへ本文ここまで
授業科目案内 教養学部 放送大学