授業科目一覧
基盤科目
コース科目
卒業研究(全科履修生のみ)
夏季集中科目
メニューここまで

日本の古代中世('17)

※印刷用にはシラバスPDF版新規ウィンドウ をご利用ください
主任講師
佐藤 信 (東京大学大学院教授)
近藤 成一 (放送大学教授)
放送メディア
テレビ
放送時間(平成29年度)
第1学期:(火曜)21時30分~22時15分
〔再放送〕(木曜) 1時30分~2時15分
第2学期:(土曜)10時30分~11時15分

講義概要

日本の古代と中世の歴史を、基本となる史料や史跡のあり方や国際的な交流との関わりから探る。時代としては、日本列島のはじまりから16世紀までの、国家が形成・整備され、やがてその仕組みが衰退し、地域社会が表面化するなか、再び統一政権が登場するまでを扱う。とくに列島の古代中世史像は、発掘調査の成果や様々な新史料の発見によって変貌しつつあり、活発に越境した国際関係や各地域の歴史の実像が掘り起こされて、多元的に見直されている。こうした最新の動向をふまえて、東アジアの国際関係のもと、史料や史跡に焦点をあてながら、日本列島のあたらしい古代中世史をたどる。
※詳しくはシラバス

開設年度
平成29年度
科目区分
コース科目(人間と文化コース(専門科目))
〔2009年度~2015年度〕専門科目(人間と文化コース)
〔2008年度以前〕専門科目(人間の探究専攻)
科目コード
1554913
単位数
2単位
単位認定試験
試験日・時限
平成29年度 第1学期:平成29年7月26日(水曜)8時限(17時55分~18時45分)
平成29年度 第2学期:平成30年1月25日(木曜)2時限(10時25分~11時15分)
単位認定試験
平均点
備考
 
このページのトップへ本文ここまで

授業の目標

日本の古代から中世にかけての歴史の流れを理解し、史料や史跡を調べるなかで歴史的事実や歴史の文脈をどうとらえていくのかを理解する。日本列島や各地域の歴史・文化の起源や流れとその特徴を探るとともに、境界を越えた交流のなかで日本史が展開したことを検証する。

履修上の留意点

自分の手で史料を調べ、自分の足で史跡を歩いて、歴史への理解を深めていくことを求めている。放送と印刷教材の両方を、よく学んでほしい。また、日本史の関連科目もあわせて学習することを希望する。

シラバス

テーマ 内容 執筆担当講師名
(所属・職名)
放送担当講師名
(所属・職名)
1 古代・中世史への招待 日本の古代中世史の研究は、国際関係の中で列島の歴史をとらえ、地域の歴史に焦点をあてる方向で、考古学的な発掘調査成果の新発見なども受けて、最近大きく変貌してきている。その研究動向をおさえ、歴史像を具体的にしてくれる文字史料や遺跡・遺物などの多様な歴史資料のあり方を示すとともに、考古学・建築史・美術史・国文学など学際的な視野の必要性を語りたい。また、唐物や城館跡などに焦点をあて、国際関係や地域の歴史文化と地域間交流の諸様相をめぐって、多元的な日本列島の古代・中世史像を整理したい。

【キーワード】
時代区分、古代史、中世史、史料、歴史資料、発掘調査、史跡、遺跡、遺物、唐物、城館跡
佐藤 信
(東京大学大学院教授)
佐藤 信
(東京大学大学院教授)
2 日本列島の原始から古代へ 岩宿・三内丸山・吉野ヶ里遺跡など、旧石器・縄文・弥生時代の発掘成果から列島の社会像を見直し、中国史書が伝える歴史像と突き合わせる。また、古墳時代の稲荷山古墳鉄剣や「宋書倭国伝」が語る列島像を、磐井の戦いにみる国際関係とともに再検討し、倭国の大王と地方豪族との関係を複眼的に見直す。

【キーワード】
旧石器時代、縄文時代、弥生時代、古墳時代、倭国、岩宿、三内丸山、吉野ヶ里遺跡、稲荷山古墳鉄剣銘、「宋書倭国伝」、磐井の戦い、大王と地方豪族
佐藤 信
(東京大学大学院教授)
佐藤 信
(東京大学大学院教授)
3 律令国家への道 隋・唐が成立する国際関係の中で、7世紀前半の倭王権の支配構造や仏教受容の文化動向を明らかにする。また、7世紀後半の国際関係の下、「大化改新」、白村江の敗戦、壬申の乱を経て、天武・持統天皇により藤原京・律令が作られ、天皇制や律令国家が形成される過程をたどる。

【キーワード】
倭王権、飛鳥時代、「大化改新」、白村江の敗戦、壬申の乱、藤原京、律令、天皇制、律令国家
佐藤 信
(東京大学大学院教授)
佐藤 信
(東京大学大学院教授)
4 律令国家と天平文化 平城宮の発掘成果や木簡から平城京の実像を明らかにし、奈良時代の政治史を皇位継承や藤原氏の動向からたどる。地方官衙遺跡の姿から中央と地方の関係に焦点をあてる。また遣唐使の実像、正倉院宝物や東大寺大仏の造立にみられる天平文化の広がりを考える。

【キーワード】
平城宮、木簡、奈良時代、藤原氏、地方官衙、遣唐使、正倉院宝物、大仏
佐藤 信
(東京大学大学院教授)
佐藤 信
(東京大学大学院教授)
5 平安王朝の形成 桓武天皇による平安新王朝の成立と長岡京・平安京建設の意義、および平安京の構造について理解する。また対蝦夷戦争の展開や、それが蝦夷の社会に与えた影響を考える。さらに最澄・空海による平安新仏教の成立と、これを含めた平安初期の仏教全体についての理解を深める。

【キーワード】
桓武天皇、長岡京、平安京、三十八年戦争、坂上田村麻呂、最澄、空海
佐々木 恵介
(聖心女子大学教授)
佐々木 恵介
(聖心女子大学教授)
6 平安政治の展開と大地変動・兵乱 平安貴族社会の構造と、摂政・関白成立の意義を理解する。また9・10世紀の地方社会の変質のなかでの、地方支配の変化や武士の登場について具体的に理解する。さらに、多発した自然災害のようすと、人々の対応についても考える。

【キーワード】
太上天皇、賜姓源氏、蔵人所・検非違使、富豪之輩、平将門、貞観地震、御霊会
佐々木 恵介
(聖心女子大学教授)
佐々木 恵介
(聖心女子大学教授)
7 摂関政治と国風文化 摂関政治の構造とそれを支えた地方支配のあり方をふまえ、摂関期の政治のあり方や貴族社会の実像を理解する。また、当時の国際関係のなかで、「国風文化」の意義を捉える。

【キーワード】
摂政、関白、儀式、寝殿造、唐物、国風文化、浄土信仰
佐々木 恵介
(聖心女子大学教授)
佐々木 恵介
(聖心女子大学教授)
8 古代から中世へ 中世は古代と何が異なり、また古代から何を継承したのか。時代区分は便宜的なものであるが、古代と中世を分かつ指標として何が考えられるか。研究方法の問題としては、古代史研究と中世史研究では史料の扱い方にも多少の差があるので、中世史料のありかた、特に古文書という史料の特性について考える。

【キーワード】
時代区分、律令制の変容、文字史料と非文字史料、文書・記録・典籍、文書様式の変化
近藤 成一
(放送大学教授)
近藤 成一
(放送大学教授)
9 院政と文化 11世紀から12世紀にかけて皇位を退いた上皇による政治が行われるようになった。また上皇や女院のもとに富が集中し、その御願寺を中心とする文化が花開いた。この時期の政治と文化の動向とその基盤について考える。また地方の動向や武者の世の到来する状況にも目を向ける。

【キーワード】
院政、治天の君、女院、御願寺、平泉
近藤 成一
(放送大学教授)
近藤 成一
(放送大学教授)
10 鎌倉と京 12世紀末に鎌倉幕府が成立した。しかし京都の朝廷が滅亡したわけではない。鎌倉時代150年の政治の推移を幕府と朝廷の拮抗する関係を軸に見ていく。またこの時代にモンゴルの襲来を経験したことの歴史的意義についても考える。

【キーワード】
鎌倉幕府、承久の乱、執権政治、蒙古襲来、両統迭立
近藤 成一
(放送大学教授)
近藤 成一
(放送大学教授)
11 荘園と社会 12世紀に荘園の設立が広範に進み、荘園を基盤とする政治・経済・社会の構造が形成される。鎌倉幕府は荘園を基盤として地頭制を設けたが、13世紀後半から社会の変化が顕著となり、悪党などの問題が発生する。社会の変化とそれへの対応についても考える。

【キーワード】
立荘、本所、地頭、惣領制、下地中分、悪党
近藤 成一
(放送大学教授)
近藤 成一
(放送大学教授)
12 室町時代の政治史 鎌倉幕府が滅亡してから戦国時代が始まるまでの政治動向を、建武政権や室町幕府の構造的特徴や諸勢力の動向に目配りしながら、跡付ける。

【キーワード】
建武の新政、二頭政治、京都の幕府、奉公衆、応仁の乱、明応の政変
本郷 和人
(東京大学教授)
本郷 和人
(東京大学教授)
13 室町時代の社会 室町時代における地方社会の様相を、高野山領紀伊国名手荘や九条家領和泉国日根野荘などの具体的事例について見て、農民の階層性と規模、年貢のあり方、刑罰の様子などについて考える。

【キーワード】
地主と作人、惣村、一揆、徳政令、二重成
本郷 和人
(東京大学教授)
本郷 和人
(東京大学教授)
14 戦国時代の政治と文化 応仁の乱後に戦国大名が自立し、在地領主を家臣化し村落を支配する様相と、天下統一に向かう動きを考える。また室町・戦国期の文化の特徴を、唐物数寄の世界と会所という空間に注目して考える。

【キーワード】
戦国大名の自立、戦国大名と家臣、戦国大名と村落、天下布武、唐物数寄、会所、天文文化
本郷 和人
(東京大学教授)
本郷 和人
(東京大学教授)
15 古代中世日本の達成 古代・中世に区分される時代は後世に何を遺したのか。古代中世史の講義を終えるにあたり、対象とした時代の全体を概観する手がかりとして、〈千年の都〉京都の歩みに焦点をしぼり、古代・中世の痕跡が今日にどのようなかたちで遺されているのかを考える。

【キーワード】
都城、平安京、京都、町、古都
近藤 成一
(放送大学教授)
近藤 成一
(放送大学教授)
このページのトップへ本文ここまで
授業科目案内 教養学部 放送大学