授業科目一覧
基盤科目
コース科目
卒業研究(全科履修生のみ)
夏季集中科目
メニューここまで

リスク社会のライフデザイン('14)-変わりゆく家族をみすえて-

※印刷用にはシラバスPDF版新規ウィンドウ をご利用ください
主任講師
宮本 みち子 (放送大学副学長)
岩上 真珠 (聖心女子大学教授)
放送メディア
ラジオ
放送時間(平成29年度)
第1学期:(火曜)20時45分~21時30分
第2学期:(水曜)9時45分~10時30分

講義概要

仕事や結婚や親になることが自明ではなくなり、そこで生じる出来事にともなうリスクを経験する人が多くなるのが現代の特徴である。とくに、これまでの社会とくらしを支えてきた家族的秩序やジェンダー関係が大きく変化しつつあるため、そこに生じる課題を解決し、変動のゆくえを展望することは、個人にとっても社会にとっても国にとっても大きなテーマである。そこで、この科目は家族への科学的アプローチ、家族の歴史的動態を理解し、現代家族とくらしの諸相の意味するところを知り、そこに生起する諸課題に取り組むための基礎知識を学ぶことをめざして編成されている。
※詳しくはシラバス

開設年度
平成26年度
科目区分
コース科目(生活と福祉コース(専門科目))
〔2009年度~2015年度〕専門科目(生活と福祉コース)
〔2008年度以前〕 専門科目(生活と福祉専攻)
科目コード
1518887
単位数
2単位
単位認定試験
試験日・時限
平成29年度 第1学期:平成29年7月27日(木曜)6時限(15時35分~16時25分)
平成29年度 第2学期:平成30年1月28日(日曜)1時限(9時15分~10時05分)
単位認定試験
平均点
(平成28年度 第1学期)84.0点
(平成28年度 第2学期)77.6点
備考
 
このページのトップへ本文ここまで

授業の目標

本学で開講する家族に関連する複数の科目のベースとなる家族社会学の骨格を示す。家族の基礎理論、歴史、親子関係、夫妻関係、ジェンダー、社会変動と家族、地域と家族、国家と家族など、家族を理解するうえで欠かせない主要な領域をできるだけカバーし、関連科目へと橋渡しすることを目指す。

履修上の留意点

開講科目の「臨床家族社会学('14)」は、家族問題の特にミクロレベルとメゾレベルにおいて、問題解決的、臨床的なテーマを扱っているので、この科目とセットで履修することで、家族に関する理解はいっそう深まるだろう。

シラバス

テーマ 内容 執筆担当講師名
(所属・職名)
放送担当講師名
(所属・職名)
1 家族はどう変化しているか 社会経済環境の変動にともなう家族の変化は著しく、これまでのくらしの前提となってきたものの見直しが必要となっている。そこで、家族の諸側面から変わる家族のすがたを見ていく。また、「人生のリスク化」という用語を使って現代の家族やくらしの特徴を概観する。さいごに本書の概略を紹介する。

【キーワード】
家族、世帯、家族変動、少子高齢化、家族構成、婚姻率、出生率、リスク社会、人生のリスク化
宮本 みち子
(放送大学副学長)
宮本 みち子
(放送大学副学長)
2 近代家族から現代家族へ 近代から戦後までの家族の変化に関連づけて、重要な学説を紹介することを通して、理論的に家族を理解する諸方法を学ぶ。まず、家族をめぐる制度の変化から、家族が法律や慣習と深く関わる関係であることを学ぶ。次に、家族が果たす役割への着目、社会関係の1つとして家族をみる方法、最後に人々の主観を尊重した家族へのアプローチを学ぶ。

【キーワード】
家族の個人化、家族の脱制度化、新しい親密圏
田間 泰子
(大阪府立大学教授)
田間 泰子
(大阪府立大学教授)
3 多様化する家族のかたち ひとり親家族、老親と成人未婚子の核家族、高齢者単身世帯の増加などの諸現象を紹介しつつ、「夫婦を中心とする核家族」幻想の揺らぎのなかで、いま日本社会で起きている家族現象を解説する。「標準型」におさまらない家族のかたちを示しつつ、あらためて「家族」への柔軟なアプローチの必要性を喚起する。

【キーワード】
歴史的変化、機能、ネットワーク、主観
岩上 真珠
(聖心女子大学教授)
岩上 真珠
(聖心女子大学教授)
4 家族とジェンダー 家族は、ジェンダー(社会的文化的に形成される男女間の差異)によって大きく影響を受ける。本章では、婚姻前から婚姻中、離婚の過程にみられるジェンダーの日本的特徴と、それらがリスク社会においてどのような脆弱さをもたらすかを理解する。

【キーワード】
ジェンダー、ジェンダー統計、DV
田間 泰子
(大阪府立大学教授)
田間 泰子
(大阪府立大学教授)
5 企業社会と家族 男性の長期雇用を基礎とする日本的雇用慣行を軸に構築された企業社会は、家族に多大な影響を与えてきた。企業社会の形成過程をふり返りつつ、企業社会が家族生活に付与した諸問題を洗い出すことを中心的課題とする。それを踏まえて、若年層を中心とした変動方向を捉えるヒントを得る。

【キーワード】
日本型雇用慣行、企業社会、会社人間と専業主婦
木本 喜美子
(一橋大学大学院教授)
木本 喜美子
(一橋大学大学院教授)
6 女性の就業化と家族 戦後日本における女性の就業化動向をたどるなかから、出産・子育てと女性の雇用労働の「両立」問題が浮上してきた局面を把握する。企業社会において女性労働が受けた制約を見据え、この制約を克服するための発想の転換と両立支援策のもつ今日的意義を考える。

【キーワード】
女性の就業化、「女性の二つの役割」、男女の家族的責任、両立支援策
木本 喜美子
(一橋大学大学院教授)
木本 喜美子
(一橋大学大学院教授)
7 性・生殖と家族 性と生殖はそれ自体がリスクを抱えている。家族はそのリスクを軽減する役割を果たすが、現代の人々の生き方や家族の変容によって高まっているリスクもある。本章では、性と生殖にかかわる家族の現状と課題を、国際的動向もふまえて理解する。

【キーワード】
母子の死亡率、リプロダクティブ・ライツ、性的多様性
田間 泰子
(大阪府立大学教授)
田間 泰子
(大阪府立大学教授)
8 家族と親子関係 生涯にわたる親子関係の推移を軸に、教育期の「母親」の負担、「巣立ち」の遅い若者の問題、未婚期の長期化、高齢期の長期化と子どもとの関係など、現代的な課題を検討する。また、ステップファミリーなどによる新しい親子関係の出現、里親・里子や養親子などの「血のつながらない」親子関係など、新たに浮上してきたテーマを盛り込みながら、「親子」について考える。

【キーワード】
血のつながらない親子、子どもの最善の利益、高齢期の親子
岩上 真珠
(聖心女子大学教授)
岩上 真珠
(聖心女子大学教授)
9 家族とケア 親の扶養規範、娘による老親介護の実態と変容、老老介護、ケアのジェンダー化・グローバル化を視野に入れながら、主として高齢期のケアに関わる問題(ケアの担当者、ケアのスタイル、ケアされる側の論理、等)を扱う。また、ケアに関する国際比較研究も取り上げながら、少子高齢化社会の進展にともなって焦点化されると予測される今後の課題を提示する。

【キーワード】
家族ケア、ケアワーク、ケアの社会化、ケアのグローバル化
岩上 真珠
(聖心女子大学教授)
岩上 真珠
(聖心女子大学教授)
10 男性と家族 家族との関係において男性の生涯と生活の仕方をライフコースやライフスタイルの視点から検討する。とりわけ男性のジェンダー形成の視点から考える。少年・青年期の発達課題と男性性構築、若年層の結婚と就職の現実、中高年期の生き方、高齢男性の介護をめぐる現状等に焦点をあてた分析もおりまぜながら検討していく。
【キーワード】
男らしさのジレンマ、男性性ジェンダー形成、男性的ライフスタイル、男性の家族依存
中村 正
(立命館大学教授)
中村 正
(立命館大学教授)
11 男性問題と現代社会 性別役割分業を前提とした男性性は日常生活に否定的な影を落としている。男性中心主義社会は男性の自由な生活と労働をも拘束している。さらに男性同士の格差もみられる。現代社会を男性と男性性から再把握し、リスク社会におけるライフデザイン再構築における従来型男性役割の変容の意義について考えてみる。

【キーワード】
男性役割の再構築、男性中心社会、ケアからの疎外・ケアへの権利、ホモソシアル関係
中村 正
(立命館大学教授)
中村 正
(立命館大学教授)
12 子どもの貧困化と家族 貧困化する家族の子育て問題は、21世紀の重大な課題になっている。グローバル経済化、脱工業化、脱近代化の趨勢は、家族の福祉追求機能を弱め、新たな課題を提示している。これらの現象は、家族の多様化・個人化・脱制度化とも関係している。それを、子どもの問題を中心にしてみる。

【キーワード】
貧困と家族、社会的排除と家族、子どもの貧困、家族政策
宮本 みち子
(放送大学副学長)
宮本 みち子
(放送大学副学長)
13 排除される人々と家族 家族にはしばしば社会の負の側面が刻まれる。たとえば貧困や障害や高齢という理由で、ある家族は社会から排除される。その一方で、家族の内部では、ある家族メンバーが家族から傷つけられたり、負担を集中的に押し付けられ疎外され排除されることもある。格差が拡大する社会では、社会から排除される家族、家族から排除される人々が増加しがちである。それらの実態をみる。

【キーワード】
リスクの多様化・階層化・普遍化、家族のケア機能、ケアラー、生活アセスメント、伴走型支援、セーフティ・ネット
宮本 みち子
(放送大学副学長)
宮本 みち子
(放送大学副学長)
14 地域コミュニティと家族 夫・妻・子から成る核家族が減少し、高齢者を中心に単身世帯が増加するなど、家族の個人化と多様化が進み、生活リスクに対処する力が弱まっている。多様化する生活課題に対して、行政サービスのみで解決を図るには限界がある。そこで市場や公的セクターとは異なる共助が期待され、地域コミュニティにおける人々の活動が新たな地平を築くことをみる。

【キーワード】
地域コミュニティ、ケア、高齢者介護、孤立死、地縁型組織、テーマ型組織
宮本 みち子
(放送大学副学長)
宮本 みち子
(放送大学副学長)
15 家族とくらしの生活保障 グローバル経済競争の激化、雇用状況の流動化と不安定化、財政難にともなう福祉国家路線の後退が、人々のくらしに影響を及ぼしている。個人の生活を守るためには、家族を社会に開き、公助と共助によって支えあう関係がこれまで以上に必要とされている。各国が新しい家族像を模索している状況にあることをみる。

【キーワード】
家族機能、生活保障、ワーク・ライフ・バランス、雇用レジーム、福祉レジーム、家族福祉、会社福祉、日本型生活保障
宮本 みち子
(放送大学副学長)
宮本 みち子
(放送大学副学長)
このページのトップへ本文ここまで
授業科目案内 教養学部 放送大学