授業科目一覧
基盤科目
コース科目
卒業研究(全科履修生のみ)
夏季集中科目
メニューここまで

アジアの社会福祉と国際協力('14)

※印刷用にはシラバスPDF版新規ウィンドウ をご利用ください
主任講師
桂 良太郎 (日越大学教員)
西郷 泰之 (大正大学教授)
放送メディア
ラジオ
放送時間(平成29年度)
第1学期:(月曜)8時15分~9時00分
第2学期:(土曜)17時30分~18時15分

講義概要

大きな経済変化を遂げているアジア諸国には、貧困人口の増加、慢性的な失業問題、スラム地域の拡大、保健衛生問題、児童労働やストリートチルドレン、障害者、ジェンダー問題などさまざまな社会福祉問題がある。この科目では、アジアの社会福祉の現状と課題を主要分野(貧困、不平等、子ども、女性、障害、難民など)ごとに取り上げる。対象国としては、中国、ベトナムのような経済発展国の他、タイ、シンガポール、マレーシアなども取り上げる。さらにアジア地域で展開されている国際機関・国際NGO活動と国際協力の状況を示し、課題を明らかにする。
※詳しくはシラバス

開設年度
平成26年度
科目区分
コース科目(生活と福祉コース(専門科目))
〔2009年度~2015年度〕専門科目(生活と福祉コース)
〔2008年度以前〕 専門科目(生活と福祉専攻)
科目コード
1518933
単位数
2単位
単位認定試験
試験日・時限
平成29年度 第1学期:平成29年7月26日(水曜)3時限(11時35分~12時25分)
平成29年度 第2学期:平成30年1月25日(木曜)4時限(13時15分~14時05分)
単位認定試験
平均点
(平成28年度 第1学期)71.7点
(平成28年度 第2学期)82.7点
備考
 
このページのトップへ本文ここまで

授業の目標

この講義では、アジア諸国の社会福祉の課題を明らかにする。さらに、国境をこえた多くの生活問題への国際機関などの活動を示す。同じアジア地域にあるわが国の立場と使命についても学ぶことができる。急激に変化しているアジアの社会福祉問題はわが国とも大きな関連がある。経済的社会的発展に伴い、生み出される家族・地域の変容に対してどのような政策・制度が適用されているのか。アジアの社会福祉問題の特徴を示し、今後の方向を検討することは日本にとっても、国際社会にとっても重要な課題である。

履修上の留意点

「国際ボランティアの世紀(’14)」「貧困と社会(’15)」と合わせて受講されるとより理解が深まる。

シラバス

テーマ 内容 執筆担当講師名
(所属・職名)
放送担当講師名
(所属・職名)
1 アジアの社会福祉の特徴と課題 アジア諸国の経済的・社会的・政治的背景と社会福祉の課題

【キーワード】
社会変化の様相、地球市民社会の到来、国際協力の未来像
桂 良太郎
(日越大学教員)
桂 良太郎
(日越大学教員)
2 貧困と格差 経済的貧困に加えて、社会的不平等が生活問題を拡大している。

【キーワード】
経済的貧困、社会的不平等、生活問題
王 文亮
(金城学院大学教授)
王 文亮
(金城学院大学教授)
3 子ども家庭と社会福祉 アジアの子どもたちの置かれた状況とそれへの対応

【キーワード】
ユニセフ(UNICEF)、子どもの権利条約、ミレニアム開発目標、権利基盤アプローチ
西郷 泰之
(大正大学教授)
西郷 泰之
(大正大学教授)
4 女性と社会福祉 男性と女性の大きな格差が生みだす多様な問題への対応

【キーワード】
ジェンダー、性差別、性別役割分業
新保 美香
(明治学院大学教授)
新保 美香
(明治学院大学教授)
5 障害者と社会福祉 障害者のおかれた社会経済的状況とエンパワメント戦略

【キーワード】
障害者、障害者の権利条約、アジア太平洋障害者の十年、自立生活運動
中西 由起子
(アジア・ディスアビリティ・インスティテート代表)
中西 由起子
(アジア・ディスアビリティ・インスティテート代表)
6 難民と社会福祉 アジアにおける難民の状況と難民への支援

【キーワード】
難民条約、難民高等弁務官事務所(UNHCR)、難民認定
桂 良太郎
(日越大学教員)
桂 良太郎
(日越大学教員)
7 アジア各国の社会福祉①
中国
都市部と農村部の格差の広がる中国の社会福祉問題について

【キーワード】
経済体制、改革開放政策、一人っ子政策、二重構造
王 文亮
(金城学院大学教授)
王 文亮
(金城学院大学教授)
8 アジア各国の社会福祉②
ベトナム
ドイモイ政策以降の変化する家族・生活様式と社会福祉の新たな課題

【キーワード】
社会主義体制からドイモイ政策へ、戦争と貧困、急激な高齢化、格差是正のための取り組み
桂 良太郎
(日越大学教員)
桂 良太郎
(日越大学教員)
9 アジア各国の社会福祉③
タイ
貧困問題やエイズの問題に対するタイの社会福祉について

【キーワード】
タイ、仏教、ASEAN、社会的弱者
中西 由起子
(アジア・ディスアビリティ・インスティテート代表)
中西 由起子
(アジア・ディスアビリティ・インスティテート代表)
10 アジア各国の社会福祉④
シンガポール
限られた予算で拡大する社会福祉問題にどう向き合っているのかについて

【キーワード】
多民族国家、コムケア(ComCare)、CPF
新保 美香
(明治学院大学教授)
新保 美香
(明治学院大学教授)
11 アジア各国の社会福祉⑤
マレーシア
先住民問題などを含む独自の課題に対するマレーシア型福祉社会構想について

【キーワード】
ブピプトラ政策、先住民問題、ケアリング・ソサイアティ、CBR
西郷 泰之
(大正大学教授)
西郷 泰之
(大正大学教授)
12 国際機関の活動①
国際連合
アジアの貧困と感性症問題に対する国際連合の取り組み

【キーワード】
国連、貧困、ミレニアム開発目標、感染症、人間の安全保障
中西 由起子
(アジア・ディスアビリティ・インスティテート代表)
中西 由起子
(アジア・ディスアビリティ・インスティテート代表)
13 国際機関の活動②
世界銀行
世界銀行による貧困の緩和と人々の生活向上に向けた支援活動を取り上げる。

【キーワード】
ブレトンウッズ協定、ケインズ経済学、IMF、貧困の撲滅
桂 良太郎
(日越大学教員)
桂 良太郎
(日越大学教員)
14 国際機関の活動③
国際協力NGO/JICA
国際協力NGOやJICAなどの活動をとりあげて活動実態と課題を示す。

【キーワード】
グローバリゼーション、緊急援助、開発援助、JICA、自助努力支援、人間の安全保障
西郷 泰之
(大正大学教授)
西郷 泰之
(大正大学教授)
15 グローバリゼーションの中でのアジアの社会福祉の展望 グローバリゼーションの中で、アジアの今後の社会福祉を展望する。

【キーワード】
グローバリゼーション、人口移動、難民、移民、参加型地域開発、アジアモデル
西郷 泰之
(大正大学教授)
西郷 泰之
(大正大学教授)
このページのトップへ本文ここまで
授業科目案内 教養学部 放送大学