授業科目一覧
基盤科目
コース科目
卒業研究(全科履修生のみ)
夏季集中科目
メニューここまで

在宅看護論('17)

※印刷用にはシラバスPDF版新規ウィンドウ をご利用ください
主任講師
河野 あゆみ (大阪市立大学大学院教授)
永田 智子 (慶應義塾大学教授)
放送メディア
テレビ
放送時間(平成29年度)
第1学期:(水曜)19時00分~19時45分
第2学期:(火曜)21時30分~22時15分
〔再放送〕(木曜) 1時30分~2時15分

講義概要

健康問題をもちながら在宅で生活する人々とその家族を理解し、対象者の生活の質の向上を目指した看護を実践するために必要な基本的な考え方と基礎知識を理解することを目的とする。
※詳しくはシラバス

開設年度
平成29年度
科目区分
コース科目(生活と福祉コース(専門科目))
〔2009年度~2015年度〕専門科目(生活と福祉コース)
〔2008年度以前〕 専門科目(生活と福祉専攻)
科目コード
1519093
単位数
2単位
単位認定試験
試験日・時限
平成29年度 第1学期:平成29年7月30日(日曜)3時限(11時35分~12時25分)
平成29年度 第2学期:平成30年1月27日(土曜)5時限(14時25分~15時15分)
単位認定試験
平均点
備考
 
このページのトップへ本文ここまで

授業の目標

在宅看護の目的や役割、対象や看護の特徴、在宅看護に関連する制度やケアシステムなどを体系的に理解し、対象者の特徴に応じた看護の提供方法や技術について、事例や実践の映像をとおして学ぶ。

履修上の留意点

本科目は学部一般にも役立つ内容としていると同時に、看護師国家試験受験を目指して通信制の看護師養成学校にて学ぶ准看護師等が習得するために必要な内容としている。

シラバス

テーマ 内容 執筆担当講師名
(所属・職名)
放送担当講師名
(所属・職名)
1 在宅看護の目的と変遷 在宅看護活動の変遷をふまえた上で、在宅看護の目的や特徴、在宅看護で活用される理念(QOL、自己決定、アドボカシーなど)について、学ぶ。

【キーワード】
在宅看護の目的・理念、在宅看護の変遷
河野 あゆみ
(大阪市立大学大学院教授)
河野 あゆみ
(大阪市立大学大学院教授)
2 在宅看護の様々な対象と役割 在宅看護を提供する様々な対象の特徴をふまえた上で、わが国の様々な場での在宅看護活動の機能や役割について、学ぶ。

【キーワード】
在宅看護の対象、機能、役割
永田 智子
(慶應義塾大学教授)
永田 智子
(慶應義塾大学教授)
3 在宅看護と家族支援 在宅看護では家族も援助対象であることを理解し、現代の家族構成や家族機能の特性、在宅介護の現状、家族支援の実際について、学ぶ。

【キーワード】
家族、在宅介護、家族アセスメント、家族支援
牛久保 美津子
(群馬大学大学院教授)
牛久保 美津子
(群馬大学大学院教授)
4 在宅ケアの社会資源とケアマネジメント 介護保険法、障害者総合支援法など在宅看護をめぐる法制度およびフォーマル・インフォーマルな社会資源の概要を理解し、ケアマネジメントの意義とプロセスについて、学ぶ。

【キーワード】
在宅ケア、家族アセスメント、介護保険法、障害者総合支援法、在宅ケアの社会資源
永田 智子
(慶應義塾大学教授)
永田 智子
(慶應義塾大学教授)
5 訪問看護の役割と機能 わが国の訪問看護に関する基本的な制度(介護保険法や医療保険)を理解し、訪問看護を提供する医療機関、訪問看護ステーション等の機能、訪問看護活動などについて、学ぶ。

【キーワード】
訪問看護提供機関、訪問看護ステーション、訪問看護活動
福井 小紀子
(大阪大学大学院教授)
福井 小紀子
(大阪大学大学院教授)
6 在宅看護過程の展開 在宅療養者に対して在宅看護を展開する一連の過程、すなわち情報収集、アセスメント、実践、評価の方法について、訪問看護事例を交えながら学ぶ。

【キーワード】
アセスメント、看護課題、看護計画、看護過程
河野 あゆみ
(大阪市立大学大学院教授)
河野 あゆみ
(大阪市立大学大学院教授)
7 基本的な生活を支える看護技術 歩行、食事、排泄、保清、環境整備など、在宅療養者の基本的な生活を支える看護技術の特徴や実際について、実演をとおして学ぶ。

【キーワード】
基本的日常生活動作、環境整備
高砂 裕子
(横浜市南区医師会訪問看護ステーション管理者)
高砂 裕子
(横浜市南区医師会訪問看護ステーション管理者)
8 在宅看護における医療管理 褥瘡ケア、ストマケア、経管栄養法、中心静脈栄養法、在宅酸素療法、人工呼吸療法など、在宅看護で頻繁にみられる医療管理方法の特徴や実際について、実演をとおして学ぶ。

【キーワード】
褥瘡ケア、ストマケア、栄養管理、呼吸管理
高砂 裕子
(横浜市南区医師会訪問看護ステーション管理者)
高砂 裕子
(横浜市南区医師会訪問看護ステーション管理者)
9 要介護高齢者に対する在宅看護 要介護高齢者と家族の現状と特性をふまえ、訪問看護事例を交えながら在宅看護の展開や方法について、学ぶ。

【キーワード】
要介護高齢者、介護予防、ロコモティブシンドローム、サルコペニア、認知機能障害、BPSD
上野 まり
(湘南医療大学教授)
上野 まり
(湘南医療大学教授)
10 難病の人に対する在宅看護 難病の人と家族の現状と特性をふまえ、訪問看護事例を交えながら在宅看護の展開や方法について、学ぶ。

【キーワード】
筋萎縮性側索硬化症、在宅療養支援体制、難病法
牛久保 美津子
(群馬大学大学院教授)
牛久保 美津子
(群馬大学大学院教授)
11 精神障害のある人に対する在宅看護 精神障害のある人と家族の現状と特性をふまえ、訪問看護事例を交えながら、在宅看護の展開や方法について、学ぶ。

【キーワード】
精神科訪問看護、統合失調症、気分障害、家族支援
上野 まり
(湘南医療大学教授)
上野 まり
(湘南医療大学教授)
12 在宅看護における終末期ケア 終末期(がんや非がん)にある人と家族の現状と特性をふまえ、訪問看護事例を交えながら、在宅看護の展開や方法について、学ぶ。

【キーワード】
終末期にある療養者、家族、緩和ケア、チーム連携
福井 小紀子
(大阪大学大学院教授)
福井 小紀子
(大阪大学大学院教授)
13 訪問看護におけるリスクマネジメント 訪問看護にて、多くみられるインシデントの実態を理解し、訪問看護提供機関におけるリスクマネジメントや管理体制について、学ぶ。

【キーワード】
感染予防、災害、事故、保障、リスクマネジメント
上野 まり
(湘南医療大学教授)
上野 まり
(湘南医療大学教授)
14 超高齢社会における地域包括ケア 超高齢社会における在宅ケアが必要な人々の課題を理解し、予防的な支援を含む地域包括ケアシステムの意義や実際について、学ぶ。

【キーワード】
虐待、社会的孤立、超高齢社会、地域包括ケア、フレイル、予防
河野 あゆみ
(大阪市立大学大学院教授)
河野 あゆみ
(大阪市立大学大学院教授)
15 退院支援と医療機関と地域の連携 退院支援の必要性やその展開の実際を理解し、医療機関(外来やプライマリケア)と地域が連携する意義と実際について、学ぶ。

【キーワード】
退院支援、外来との連携、プライマリケア
永田 智子
(慶應義塾大学教授)
永田 智子
(慶應義塾大学教授)
このページのトップへ本文ここまで
授業科目案内 教養学部 放送大学