授業科目一覧
基盤科目
コース科目
卒業研究(全科履修生のみ)
夏季集中科目
メニューここまで

心理学概論('12)

※印刷用にはシラバスPDF版新規ウィンドウ をご利用ください
主任講師
星 薫 (放送大学客員准教授)
森 津太子 (放送大学教授)
放送メディア
テレビ
放送時間(平成29年度)
第1学期:(金曜)20時00分~20時45分
第2学期:(金曜)12時00分~12時45分

講義概要

心理学は、非常に間口の広い学問である。だから、概論とはいえ、全ての心理学分野を漏れなく紹介することは難しい。そこで、日本の典型的な家族の一例である、まなみさん一家が毎日の生活の中で遭遇する、具体的な心理学的問題を通して、心理学がそうした問題をどのように捉え、またそれをどのような方法で研究しようとしているのか、それぞれの分野の専門家をお迎えして話を伺い、また典型的な実験例などを紹介していく。取り上げる場面は3種(教育、犯罪、産業)だが、その背景にこれらの研究の基礎となる諸研究がある。それらについても紹介していきたい。
※詳しくはシラバス

開設年度
平成24年度
科目区分
コース科目(心理と教育コース(導入科目))
〔2009年度~2015年度〕共通科目(一般科目)
〔2008年度以前〕 共通科目(一般科目)
科目コード
1118064
単位数
2単位
単位認定試験
試験日・時限
平成29年度 第1学期:平成29年7月25日(火曜)1時限(9時15分~10時05分)
平成29年度 第2学期:平成30年1月24日(水曜)3時限(11時35分~12時25分)
単位認定試験
平均点
(平成28年度 第1学期)75.9点
(平成28年度 第2学期)78.1点
備考
 
このページのトップへ本文ここまで

授業の目標

心理学が対象とするのは、人間の営み全てである。自分たちが日常的に考えたり、行ったりしていることを、改めて研究の俎上に上らせようとすると、どうしても先入観に捉えられ易い。それを回避するために、心理学者たちが研究を実施するにあたって、どのような工夫をし、どのような配慮を行っているのかを学習して欲しい。

履修上の留意点

導入科目である「発達科学の先人たち」「心理と教育を学ぶために」を履修していることが望ましい。

シラバス

テーマ 内容 執筆担当講師名
(所属・職名)
放送担当講師名
(所属・職名)
1 まなみさん一家の日常 4人家族のまなみさん一家が遭遇する日常的な出来事の中にある心理学的問題を並べてみる。以下の各章で出会う心理学的話題が、どのように日常的話題と関連しているのかを考える

【キーワード】
教育、犯罪・司法、産業
星 薫
(放送大学客員准教授)
森 津太子
(放送大学教授)
星 薫
(放送大学客員准教授)
森 津太子
(放送大学教授)
2 教育についての心理学 子どもの教育に関して親が最も気になるのは、子どもの学業がうまく進まないのはなぜかという問題と、学級崩壊やいじめなどの学級内のトラブルのことだろう。それらの問題に教育心理学者たちはどのように取り組もうとしているのだろうか。

【キーワード】
学級集団、いじめ、学級崩壊
星 薫
(放送大学客員准教授)
星 薫
(放送大学客員准教授)
ゲスト:河村 茂雄(早稲田大学)
3 発達についての心理学 子どもの教育と言っても、未就学年齢の子どもの場合から、既に青年期に達している子どもの場合まで幅広い。今回は子どもの発達に焦点を当て、それぞれの年代にふさわしい教育という視点の重要性を考えたい

【キーワード】
発達段階論、知的発達、人格発達
星 薫
(放送大学客員准教授)
星 薫
(放送大学客員准教授)
ゲスト:藤崎 春代(昭和女子大学)
4 認知についての心理学 人が何かを学ぶためには理解すること、理解内容を記憶しておくことなどが不可欠である。人間の理解、記憶、思考といった、教育の基本になる、人の認知の働きについて考える

【キーワード】
記憶、理解、思考
星 薫
(放送大学客員准教授)
星 薫
(放送大学客員准教授)
ゲスト:伊東 裕司(慶應義塾大学)
5 学習についての心理学 人が学ぶという時には、どういう環境でどのように学ぶかが重要になってくる。より効率よく学ぶには、どういう工夫があるのだろうか。応用行動分析の視点から考えてみる

【キーワード】
応用行動分析、強化、罰、消去
星 薫
(放送大学客員准教授)
星 薫
(放送大学客員准教授)
ゲスト:山本 淳一(慶應義塾大学)
6 犯罪についての心理学 「犯罪」という現象の周辺にも多くの心理学的問題がある。極端な形態とはいえ、罪をおかすのは人間であり、犯罪もまた人間の行為だからである。そのために、「犯罪心理学」という分野は、人間の行動を心理学的に考える意味を明確にしてくれる。

【キーワード】
犯罪心理学、犯罪原因論、捜査心理学
森 津太子
(放送大学教授)
森 津太子
(放送大学教授)
ゲスト:越智 啓太(法政大学)
7 性格についての心理学 凶悪な犯罪に手を染める人は、「残酷な性格である」といった具合に、私たちは他者の行動を見て、その背景に性格を推測する。しかし、そもそも性格とは何だろうか。そして、性格とはどのようにとらえうるのだろうか。人の性格について今日の心理学はどのように考えているのかを概観する。

【キーワード】
パーソナリティ、類型論と特性論、人-状況論争
森 津太子
(放送大学教授)
森 津太子
(放送大学教授)
ゲスト:小塩 真司(中部大学)
8 臨床心理学 臨床心理学は、一般には、精神的な不調を訴える人に対してカウンセリング行為を行う領域ととらえられているが、臨床心理学の適用範囲は広く、犯罪に走った者の臨床的な理解や、彼らの矯正教育、犯罪被害者の支援などにも、臨床心理学は大きく関わっている。司法場面における心理臨床の活動を手がかりにしながら、臨床心理学とはどのような学問なのかを考える。

【キーワード】
心理臨床、カウンセリング、アセスメント
森 津太子
(放送大学教授)
森 津太子
(放送大学教授)
ゲスト:田中 奈緒子(昭和女子大学)
9 判断と意思決定の心理学 裁判員制度が導入され、一般市民が罪の重さを判断するようになった。一見、特殊な判断であるが、それは私たちが日々行っている判断の延長線上にあるもので、そこには多くの特徴的な傾向が見られる。また、こうした判断は、他の裁判員や裁判官との合議によって結論が出される。裁判員裁判を手がかりに、判断と意思決定の問題を考える。

【キーワード】
原因帰属、責任性の判断、同調、社会的勢力
森 津太子
(放送大学教授)
森 津太子
(放送大学教授)
ゲスト:外山 みどり(学習院大学)
10 産業心理学 成人の生活の中で、働くことは大きなウェイトを占めている。仕事は成人の生活を経済的に安定させるだけでなく、彼らの成長や幸福感に影響したり、心身の病の原因になったりもする。仕事が人に及ぼす悪影響をできるだけ取り去り、人の満足感を高めながら、同時に生産性も高めるためには、どのようなことを考える必要があるのだろうか。産業心理学の立場から考えてみる

【キーワード】
労働負担、生産性、職業能力
星 薫
(放送大学客員准教授)
星 薫
(放送大学客員准教授)
ゲスト:神作 博(中京大学名誉教授)
11 組織心理学 現在社会においては、仕事の多くは組織を単位として行われる。生産性が高い組織には、円滑な組織内コミュニケーションや管理者による効果的なリーダーシップがあり、それによって組織内の葛藤がうまく解決されたり、スムースな意志決定、創造的な問題解決が達成する。これらの問題について、組織心理学の観点から考える。

【キーワード】
組織コミュニケーション、リーダーシップ、チームワーク
森 津太子
(放送大学教授)
森 津太子
(放送大学教授)
ゲスト:山口 裕幸(九州大学)
12 消費者行動と心理学 産業は、企業によって生み出された商品やサービスを、消費者が購入、消費することによって成り立っている。消費者はどのように購入する商品やサービスを選択しているのだろうか。また、消費者に購入されるには、どのようなマーケティングが有効なのだろうか。社会心理学や経済心理学の知見をもとに、消費者行動について考える。

【キーワード】
消費者行動、マーケティング、広告
森 津太子
(放送大学教授)
森 津太子
(放送大学教授)
ゲスト:田中 知恵(明治学院大学)
13 心理学的測定 産業場面では、しばしば人の感覚や好みなどを数量的に知ることが必要になる場合がある。さらに、これに留まらず、人の性格特性、知能、感情状態などについても、測定が試みられている。人の内面を「測定する」という心理学的試みについて紹介する

【キーワード】
精神物理学的測定法、尺度構成
星 薫
(放送大学客員准教授)
星 薫
(放送大学客員准教授)
ゲスト:渡辺 利夫(慶應義塾大学)
14 心理学研究法 ここまで我々の日常に密着した問題についての心理学的研究を見てきた。ここで、心理学の研究方法について概観しておきたい。

【キーワード】
実験法、質問紙法、面接法、質的研究
星 薫
(放送大学客員准教授)
星 薫
(放送大学客員准教授)
15 心理学の過去と短い歴史 人間のさまざまな側面について研究を行っている心理学は、ヨーロッパに誕生したのだが、その歴史は意外なほど短い。心理学誕生前史を含め、この心理学の短い歴史を概観してみよう。

【キーワード】
生理学、精神物理学、ヴント、ジェームズ
星 薫
(放送大学客員准教授)
星 薫
(放送大学客員准教授)
このページのトップへ本文ここまで
授業科目案内 教養学部 放送大学