授業科目一覧
基盤科目
コース科目
卒業研究(全科履修生のみ)
夏季集中科目
メニューここまで

教育課程の意義及び編成の方法('15)

※印刷用にはシラバスPDF版新規ウィンドウ をご利用ください
主任講師
福元 真由美 (東京学芸大学准教授)
放送メディア
オンライン
配信期間(平成29年度)
第1学期:平成29(2017)年4月5日~8月31日
第2学期:平成29(2017)年10月5日~平成30(2018)年2月28日

講義概要

幼稚園教育における教育課程の意義及び編成の方法に関して、基本的な事項を取り上げて解説する。創意工夫を生かした特色ある教育活動を進めるために、園や地域の実態等に即して教育課程を編成し、実施していくことは重要である。そこで、幼稚園を基盤とした教育課程開発を中心に、具体的な事例を紹介しながら解説するとともに、保育の質の向上に向けた教育課程の評価と改善についても取り上げる。なお本科目は、子ども・子育て支援新制度における保育教諭となるために、保育士資格を有し、幼稚園教諭免許状の取得を希望する者を受講対象としている。
※詳しくはシラバス

開設年度
平成27年度
科目区分
コース科目(心理と教育コース(専門科目))
〔2009年度~2015年度〕専門科目(心理と教育コース)
〔2008年度以前〕 専門科目(発達と教育専攻)
科目コード
1529145
単位数
1単位
単位認定試験
試験日・時限
平成29年度 第1学期:平成29年7月30日(日曜)3時限(11時35分~12時25分)
平成29年度 第2学期:平成30年1月27日(土曜)5時限(14時25分~15時15分)
単位認定試験
平均点
(平成28年度 第1学期)93.5点
(平成28年度 第2学期)88.3点
備考
 
このページのトップへ本文ここまで

授業の目標

保育の現場で教育課程の意義を理解し、その編成のために必要な基礎的な事項を学習することを目標とする。具体的には、①教育課程の意義を理解し、その基礎的な理論に関する知識を習得する、②幼稚園における教育課程の編成に関する基本的な知識を習得する、③保育実践に即して指導計画の作成の方法を理解する、④教育課程の評価と改善に関する基本的な知識を習得する、である。

履修上の留意点

※本科目の受講には、インターネットなどの受講環境が必要です。詳細は本学ホームページをご参照ください。

シラバス

テーマ 内容 担当講師名
(所属・職名)
1 教育課程の基礎理論 幼稚園教育要領をふまえて、幼児教育における教育課程の意義と原理を示すとともに、教育課程の歴史的な変遷を通して現代の教育課程の特徴を明らかにする。また、日本及び海外のカリキュラム研究をもとに、教育課程開発の実践的課題について考える。

【キーワード】
学校教育としての幼稚園教育、学校教育法、幼稚園教育要領、幼稚園教育の基本、幼稚園教育の目標、教育課程の意味、フレーベル主義の教育から環境を通した教育へ、OECDと欧米の教育課程改革
福元 真由美
(東京学芸大学准教授)
2 教育課程と指導計画 教育課程は入園から修了までを見通した教育の全体計画であり、指導計画は一人ひとりの幼児が必要な経験を得るための具体的な計画である。この回では、幼稚園教育における教育課程と指導計画の位置づけと関係、および編成の方法に関する基礎的な事項について説明する。

【キーワード】
教育課程、長期の指導計画、短期の指導計画、ねらいと内容、幼児期の発達の特性、保育内容の5領域、教育週数と教育時間
福元 真由美
(東京学芸大学准教授)
3 環境の構成 幼稚園教育は、幼児期の特性を踏まえ、環境を通して行うものである。この回では、幼稚園教育における環境の概念、発達や活動に応じた環境の考え方をふまえて、指導計画における環境構成の基本について解説する。

【キーワード】
幼稚園の環境、発達に応じた環境、物的環境の構成、人的環境としての教師、環境の再構成
田代 幸代
(共立女子大学准教授)
4 長期の指導計画 長期的に発達を見通した年、学期、月などにわたる長期の指導計画を取り上げ、その作成の実際を通して、幼児の発達や生活を十分に考慮して、季節などの周囲の環境の変化や行事などを計画に位置付ける際の留意点を示す。

【キーワード】
長期の指導計画、長期的な見通し、具体的な指導内容や方法、環境構成の視点、季節、地域や園の自然と行事、指導の重点
福元 真由美
(東京学芸大学准教授)
5 短期の指導計画 具体的な幼児の生活に即した週、日などの短期の指導計画を取り上げ、その作成の実際を通して、日々の幼児の姿に直結してねらいや内容、環境の構成、援助について具体的に計画する際の留意点を示す。

【キーワード】
週案・日案、実態を捉える、ねらい・内容の設定、主体的な遊びと学級活動
田代 幸代
(共立女子大学准教授)
6 保育記録の意義と実際 教育課程および保育実践の評価の基礎となる保育記録の意義、方法、内容について基本的な事項を解説する。また、実際の保育記録をふまえて、幼児の理解や指導の評価、指導計画の改善について具体的に示す。

【キーワード】
いろいろな保育記録、幼児の理解・遊びの理解、教師の指導の改善
田代 幸代
(共立女子大学准教授)
7 教育課程の評価と改善 計画の作成→実践→反省・評価→改善の過程について示し、教育課程・指導計画の評価と改善の方法について基礎的な事項を解説する。学校評価における教育課程の自己点検・評価のあり方についても示す。

【キーワード】
教育課程・指導計画の改善、反省と評価、学校評価、保育の質の向上
神長 美津子
(國學院大學教授)
8 教育課程の現代的課題 教育課程の現代的課題として、幼小接続期および特別支援教育、学校安全教育における工夫と開発を取り上げ、その背景と意義、実際の教育現場における取り組みについて解説する。

【キーワード】
幼小接続、発達と学びの連続性、学びの芽生え、接続のカリキュラム、スタートカリキュラム、特別支援教育、個別の教育支援計画、学校安全計画
神長 美津子
(國學院大學教授)
このページのトップへ本文ここまで
授業科目案内 教養学部 放送大学