授業科目一覧
基盤科目
コース科目
卒業研究(全科履修生のみ)
夏季集中科目
メニューここまで

経営学入門('12)

※印刷用にはシラバスPDF版新規ウィンドウ をご利用ください
主任講師
小倉 行雄 (放送大学客員教授)
齊藤 毅憲 (横浜市立大学名誉教授)
放送メディア
ラジオ
放送時間(平成29年度)
第1学期:(日曜)19時00分~19時45分
第2学期:(金曜)8時15分~9時00分

講義概要

基本的な経営課題について標準的な内容で説く。同時に、そこで提示する枠組みにより、受講者が今日の企業活動に対して自らの判断で評価を下せるようにする。このため、枠組みの背景となる考え方は丁寧に解説し、枠組みの応用となる実践的な問題も随時取り上げていく。
※詳しくはシラバス

開設年度
平成24年度
科目区分
コース科目(社会と産業コース(導入科目))
〔2009年度~2015年度〕共通科目(一般科目)
〔2008年度以前〕共通科目(一般科目)
科目コード
1128280
単位数
2単位
単位認定試験
試験日・時限
平成29年度 第1学期:平成29年7月26日(水曜)2時限(10時25分~11時15分)
平成29年度 第2学期:平成30年1月25日(木曜)3時限(11時35分~12時25分)
単位認定試験
平均点
(平成28年度 第1学期)71.2点
(平成28年度 第2学期)67.1点
備考
「経営学('03)」「経営学入門('07)」の単位修得者は履修不可
このページのトップへ本文ここまで

授業の目標

①初学者が興味をもって楽しく経営学を学べるような工夫に努める。②経営学の基本的な概念をわかりやすく具体的に説く。③経営学の全体像をつかむことで企業活動の理解度を増す。これにより、現代社会と企業に関する自分なりの把握の一助にする。 

履修上の留意点

本講は、「ケースで学ぶ現代経営学('12)」他経営関係の科目を履修する上で、基礎となる科目である。

シラバス

テーマ 内容 執筆担当講師名
(所属・職名)
放送担当講師名
(所属・職名)
1 経営学を大きくつかむ 経営学を大きく4つの側面からとらえることで、今日的な企業活動に関する一貫性ある説明を試みる。

【キーワード】
経営学の4側面、問題解決学、成果創出学、人と組織の行動学、構想と構造変革学、見えない問題への対応、目的性の追求、仕組み化の必要
小倉 行雄
(放送大学客員教授)
小倉 行雄
(放送大学客員教授)
2 経営学の方法と考え方の理解を深める 経営学史を振り返ることと、経済学との比較により、経営学の方法や考え方の特徴を浮かび上がらせる。

【キーワード】
問題解決学の潮流、成果創出学の潮流、管理過程論、組織論の潮流、経営戦略論の系譜、経営学の考え方の特徴
小倉 行雄
(放送大学客員教授)
小倉 行雄
(放送大学客員教授)
3 企業の理解 企業の機能を知るとともに、企業の分類や今日的にみた企業の意味について解説する。

【キーワード】
ビジネス化、生産的なシステム、創造的なシステム、オープンシステム観、目的志向性、投入と産出のシステム
齊藤 毅憲
(横浜市立大学名誉教授)
齊藤 毅憲
(横浜市立大学名誉教授)
4 企業の内部構造 個別企業の内部構造を明らかにする。所有(出資)、経営、労働、組織などをキーワードにして、小規模企業と大企業の内部構造のちがいを認識したい。

【キーワード】
所有、経営、労働の三位一体、統制の範囲、所有と経営の分離、経営内部の分化、システム(物的組織)、階層分化と職能分化、技術
齊藤 毅憲
(横浜市立大学名誉教授)
齊藤 毅憲
(横浜市立大学名誉教授)
5 経営者の役割とコーポレート・ガバナンス 経営者の役割と専門経営者の増大。会社の内外に納得できるコーポレート・ガバナンスづくりとはどのようなものか。

【キーワード】
経営者機能、専門経営者のコーポレート・ガバナンスの公平さのための方策
齊藤 毅憲
(横浜市立大学名誉教授)
齊藤 毅憲
(横浜市立大学名誉教授)
6 環境変化と企業の対応 今日の経営における環境変化の持つ意味と、環境変化に対応する経営について理解する。

【キーワード】
環境変化とその分類、環境への対応、緊急事態のもとでの人間と組織
齊藤 毅憲
(横浜市立大学名誉教授)
齊藤 毅憲
(横浜市立大学名誉教授)
7 企業経営と経営理念 現代経営においてなぜ経営理念が重視されるのか。

【キーワード】
経営理念の効果と意味、経営理念の曖昧性と一貫性に関する矛盾、企業文化の形成、経営理念と経営戦略
齊藤 毅憲
(横浜市立大学名誉教授)
齊藤 毅憲
(横浜市立大学名誉教授)
8 経営戦略とは何か 経営戦略とはどのようなものか。戦略の基本的構成要素、戦略の策定方法について検討し、経営戦略のこれからのあり方についても考察を加える。

【キーワード】
外部環境への能動的適応、将来像やビジョン、戦略の3層構造、成長マトリックス、競争戦略の基本類型
小倉 行雄
(放送大学客員教授)
小倉 行雄
(放送大学客員教授)
9 事業システムの理解 事業システムとは何か。事業システムはどう位置づけられてきたか。事業システムを構成する要素は何か。事業システムは全体としてどう調整されるか。事業システムの優劣評価や再構築の問題を検討する。

【キーワード】
事業システム、バリューチェーン・モデル、ビジネス・モデル、アウトソーシング、BPR、SCM、ポーターの3つの基本戦略
佐藤 善信
(関西学院大学大学院教授)
佐藤 善信
(関西学院大学大学院教授)
10 マーケティングの理解 マーケティングの基本を理解する。現代社会においては、なぜマーケティングの重要性が増すのか。マーケティングの手法にはどのようなものがあるか。

【キーワード】
マーケティング・コンセプト、4P、4C、事業ドメイン、顧客志向と顧客ニーズ、顧客起点の発想法
佐藤 善信
(関西学院大学大学院教授)
佐藤 善信
(関西学院大学大学院教授)
11 企業組織をどうつくるか 企業組織の基本構造や組織設計の基本原則とは、どのようなものか。企業の発展と大規模化に伴い、組織形態にどのような変化が出てきたか。主な組織形態をとりあげて解説する。

【キーワード】
単一事業組織、職能別組織、事業部制組織、SBU、マトリックス組織、ライン&スタッフ
原田 順子
(放送大学教授)
原田 順子
(放送大学教授)
12 組織のなかで人を動かす 組織において人材は重要な要素である。組織と人材の関わりについて学習する。人材に関する議論のなかから、日本企業における内部人材の重視、キャリア開発に焦点をあてて解説する。

【キーワード】
人的資源管理、内部昇進、リーダー人材、種まき型の人事、キャリア開発、自律的キャリア
原田 順子
(放送大学教授)
原田 順子
(放送大学教授)
13 財務・会計の役割を理解する 経営における財務・会計の基本的役割について理解する。企業の成績表と呼ばれる財務諸表には何があるか。どのような内容になっているのかについて学習する。また、財務諸表を分析する手法を紹介する。

【キーワード】
経営機能と財務・会計の役割、財務諸表分析、各種財務指標の意味、財務情報の読みとり
齋藤 正章
(放送大学准教授)
齋藤 正章
(放送大学准教授)
14 企業評価 財務情報を企業評価に生かす。企業財務からみた企業の目的を理解し、企業価値評価の手法を学ぶ。また、企業価値を高めるための活動について検討する。

【キーワード】
企業価値、株主価値、キャッシュフロー、貨幣の時間価値、正味現在価値、市場付加価値、経済付加価値
齋藤 正章
(放送大学准教授)
齋藤 正章
(放送大学准教授)
15 企業の変化と新しい経営学 持続可能性という観点から新しい経営学のあるべき方向性を探る。自治体経営や非営利組織の経営の問題についても検討する。

【キーワード】
持続可能性、有限の時代、成長パラダイム、持続性パラダイム、3R、三方よし、自治体経営、非営利組織の経営
齋藤 正章
(放送大学准教授)
齋藤 正章
(放送大学准教授)
このページのトップへ本文ここまで
授業科目案内 教養学部 放送大学