授業科目一覧
プログラム
メニューここまで

特定行為実践特論('17)

※印刷用にはシラバスPDF版新規ウィンドウ をご利用ください
主任講師
石井 邦子 (千葉県立保健医療大学教授)
木澤 晃代 (日本大学病院看護部長)
放送メディア
オンライン
配信期間(2018年度)
第1学期:平成30(2018)年4月5日(木)~8月31日(金)

講義概要

看護師が適切に特定行為を遂行するために、自らの看護実践を見直しつつ標準化する能力を身につけることを目指す。看護師の特定行為研修制度の対応科目のひとつであり、指定の以下の内容を含むものとする。
・特定行為実践のための関連法規を学ぶ。
・特定行為の実践におけるアセスメント、仮説検証、意思決定、検査・診断過程を学ぶ。
 1.特定行為の実践過程の構造
 2.アセスメント、仮説検証、意思決定の理論と演習
・根拠に基づいて手順書を医師、歯科医師等とともに作成し、実践後、手順書を評価し見直すプロセスを学ぶ。
・インフォームドコンセントの理論と実際(事例検討等の演習を含む)を学ぶ。
・多職種協働実践(Inter Professional Work (IPW))(IPWを促進する方法の検討等の演習を含む)を学ぶ。
 1.コンサルテーションの方法 
 2.チーム医療の理論と事例検討
 3.多職種協働実践の課題
  ※特定行為研修を修了した看護師のチーム医療における役割を含む
※詳しくはシラバス

開設年度
2017年度 ※第2学期開設
科目区分
生活健康科学プログラム
科目コード
6910076
単位数
1単位
単位認定試験
試験日・時限
 
単位認定試験
平均点
 
備考
 
このページのトップへ本文ここまで

授業の到達目標

・特定行為実践の法的根拠や基盤となる技術を理解する。
・特定行為実践の具体的方法を理解し、特定行為を手順書により行う看護師に必要な専門的能力を身につける。
・多職種協働実践の理論と方法を理解し、医療現場におけるチーム医療の実際と課題について考察する。

成績評価の方法

成績評価と単位認定は、ディスカッション、レポートを含む演習(20%)、小テスト(40%)、および最終テスト(40%)の評価により行う。なお、最終テストを受験するには演習課題をすべて提出する必要がある。インターネットによる受講環境があれば、自宅などでもテスト受験、単位取得が可能である。
※オンライン上の学習で評価します。放送授業と異なり、通信指導や学習センターにおける単位認定試験は行いません。また、単位修得できなかった場合の再試験制度もありません。

履修上の留意点

本科目は、看護師の特定行為研修の共通科目に対応した科目となっている。履修者は、看護師として3~5年以上の実務経験を有する者とする。この科目を履修するにあたっては「医療安全学特論」「臨床推論」「フィジカルアセスメント特論」「臨床病態生理学特論」「疾病・臨床病態概論」「臨床薬理学特論」などの科目とあわせて履修することが望ましい。
※本科目の受講には、インターネットなどの受講環境が必要です。詳細は本学ホームページをご参照ください。

シラバス

テーマ 内容 担当講師名
(所属・職名)
1 特定行為関連法規 特定行為実践のための関連法規について学ぶ。
・特定行為研修制度創設までの経緯
・特定行為研修制度創設に関連する法的整理
・特定行為研修および指定研修機関に関する規定

【キーワード】
保健師助産師看護師法、医療介護総合確保推進法
石井 邦子
(千葉県立保健医療大学教授)
2 特定行為の実践過程の構造 特定行為を活用した実践過程の構造を学ぶ。
・特定行為を活用する看護師の役割、機能
・様々な場での特定行為の活用
・施設での連携の在り方と活動方法の検討

【キーワード】
省察的実践、調整、補完的役割
木澤 晃代
(日本大学病院看護部長)
3 手順書の位置づけと手順書の作成演習、及び評価と改良 根拠に基づいて手順書を医師、歯科医師等とともに作成し、実践後、手順書を評価し見直すプロセスについて学ぶ。
・手順書の位置づけ
・手順書の作成例と作成演習
・手順書の評価と改良

【キーワード】
包括的指示、特定行為、手順書
江村 正
(佐賀大学准教授)
4 アセスメント、仮説検証、意思決定の理論と演習 特定行為の実践におけるアセスメント、仮説検証、意思決定、検査・診断過程を学ぶ。
・特定行為研修の活用に必要な思考と実践
・特定行為実践のプロセスの振り返り
・活動成果の検証
・活動する上での課題と対応

【キーワード】
省察的実践、調整、補完的役割
木澤 晃代
(日本大学病院看護部長)
5 インフォームドコンセントの理論と演習 インフォームドコンセントと看護師の役割について学ぶ。
・インフォームドコンセントとは
・インフォームドコンセントにおける看護の役割と機能

【キーワード】
倫理的配慮、自己決定権、アドボカシー
石井 邦子
(千葉県立保健医療大学教授)
6 多職種協働実践1
コンサルテーションの方法
看護師が行うコンサルテーションとその役割と能力およびコンサルテーションのプロセスについて学ぶ。
・コンサルテーションとは何か
・コンサルタントの役割と能力
・コンサルテーションのプロセス

【キーワード】
コンサルテーション、コンサルタントの役割、コンサルタントの能力、コンサルテーション・プロセス
大塚 眞理子
(宮城大学教授)
吉村 学
(宮崎大学教授)
7 多職種協働実践2
チーム医療の理論と事例検討
チーム医療からIPE及びIPWの流れ
・IPEとIPWの基本的な考え方
・IPWの構造と分析方法
・チーム医療の事例

【キーワード】
多職種協働実践(Inter Professional Work (IPW))、専門職連携教育(Interprofessional Education (IPE))
大塚 眞理子
(宮城大学教授)
吉村 学
(宮崎大学教授)
8 多職種協働実践3
多職種協働実践の課題と演習
多職種協働実践の課題を踏まえ、IPWを促進させる方法について学ぶ。
・多職種協働実践(IPW)の課題
・IPWコンピテンシーとIPWコンピテンシーの自己評価尺度
・自分のIPWコンピテンシーの確認
・IPWを促進するための課題と看護師の役割

【キーワード】
IPWコンピテンシー、自己評価、看護師の役割
大塚 眞理子
(宮城大学教授)
吉村 学
(宮崎大学教授)
このページのトップへ本文ここまで
授業科目案内 大学院 放送大学