授業科目一覧
基盤研究科目
特定研究科目
メニューここまで

人文学特論

※印刷用にはシラバスPDF版新規ウィンドウをご利用ください
担当教員名
青山昌文、島内裕子、佐藤良明、滝浦真人、杉森哲也、内堀基光、稲村哲也、近藤成一

授業の概要

研究の基礎となっている文献や資料の読解を通じて、美学・文学・言語学・歴史学・社会人類学・文化人類学など、人文学の諸分野における研究の方法・成果を通観し、人文学における幅広い研究的教養を涵養する。異なる分野の精粋を学習し、専門分野における思考・分析の深化を図る。
※詳しくは授業計画

開設年度
2014年度
科目の種類
基盤研究科目
科目コード
9140018
開講時期
履修年次
1
授業の形式
演習(集中)
単位数
2単位
備考
 

実施方法

実施期間
前半 4月~5月の連続する土曜日、日曜日の2日間集中講義(8コマ)。
後半 6月~7月の連続する土曜日、日曜日の2日間集中講義(7コマ)。
実施場所及び実施方法
幕張本部にて直接対面指導を行う。
参加できない場合はWeb会議システムにて間接対面指導を行う。
課題
前半及び後半実施前に事前課題を与える。
前半及び後半実施後にレポート課題(前半課題:レポートⅠ、後半課題:レポートⅡ)を与える。
放送教材・印刷教材の活用
事前課題及びレポート課題の出題にあたっては、必要に応じて、指定の放送教材・印刷教材をレポート作成の素材として利用させる。その際、放送教材・印刷教材は単に知識の伝達手段として用いるのではなく、今後の研究遂行及び学位論文執筆のためのモデルとして利用させる。
評価方法
提出されたレポートⅠ及びⅡをもとに、総合的に評価する。
評価配分:レポートⅠ50%、レポートⅡ50%
評価責任者:内堀基光
教科書
人文学に関係した文献等を適宜使用する。
参考書
放送大学大学院印刷教材
『国語国文学研究の成立(’11)』、『ことばとメディア(’13)』、『言語文化研究Ⅲ(’05)』、『言語文化研究Ⅰ(’07)』、『美学・芸術学研究(’13)』、『日本の歴史と社会(’09)』、『人類学研究(’10)』(放送大学教育振興会)
備考
 
このページのトップへ本文ここまで

到達目標

人文学研究における隣接諸分野の研究方法・成果を吸収し、専門分野における研究を深化させる。

授業計画

テーマ 担当教員名
第1回 美学研究に関する古典的文献や資料を講読し、芸術作品の評価法を通じて「美」に関する哲学的分析の方法・成果を習得する。(1) 青山昌文
第2回 美学研究に関する古典的文献や資料を講読し、芸術作品の評価法を通じて「美」に関する哲学的分析の方法・成果を習得する。(2) 青山昌文
第3回 日本文学に関する古典的文献や研究資料を講読し、古代から近現代に至る日本文学研究の方法・成果を習得する。(1) 島内裕子
第4回 日本文学に関する古典的文献や研究資料を講読し、古代から近現代に至る日本文学研究の方法・成果を習得する。(2) 島内裕子
第5回 英語圏文学に関する古典的文献や研究資料を講読し、英語圏文学の研究方法と研究成果を習得する。(1) 佐藤良明
第6回 英語圏文学に関する古典的文献や研究資料を講読し、英語圏文学の研究方法と研究成果を習得する。(2) 佐藤良明
第7回 言語学に関する古典的文献や研究資料を講読し、言語学の研究方法と研究成果を習得する。(1) 滝浦真人
第8回 言語学に関する古典的文献や研究資料を講読し、言語学の研究方法と研究成果を習得する。(2) 滝浦真人
第9回 日本史学に関する古典的著作や史料を講読し、日本史学研究の方法・成果を習得する。 杉森哲也
第10回 日本古代・中世史に関する古典的著作や史料を講読し、日本史学研究の方法・成果を習得する。 近藤成一
第11回 社会人類学の古典的著作を講読し、社会人類学の方法・成果を習得するとともに、現地調査の方法の基礎を学習する。(1) 内堀基光
第12回 社会人類学の古典的著作を講読し、社会人類学の方法・成果を習得するとともに、現地調査の方法の基礎を学習する。(2) 内堀基光
第13回 文化人類学の古典的著作を講読し、文化人類学の方法・成果を習得するとともに、現地調査の方法の基礎を学習する。(1) 稲村哲也
第14回 文化人類学の古典的著作を講読し、文化人類学の方法・成果を習得するとともに、現地調査の方法の基礎を学習する。(2) 稲村哲也
第15回 研究レポートの発表と共同討論 青山昌文
島内裕子
佐藤良明
滝浦真人
杉森哲也
内堀基光
稲村哲也
近藤成一
このページのトップへ本文ここまで
授業科目案内 博士後期課程 放送大学