授業科目一覧
基盤科目
コース科目
卒業研究(全科履修生のみ)
夏季集中科目
メニューここまで

初歩のスペイン語('17)

※印刷用にはシラバスPDF版新規ウィンドウ をご利用ください
主任講師
木村 琢也 (清泉女子大学教授)
放送メディア
ラジオ
放送時間(2018年度)
第1学期:(木曜)9時00分~9時45分

講義概要

スペイン語を学んだことが全くない方を対象に、アルファベットから始めて特に重要な文法と語彙を学びます。初歩的な内容については実際の運用力がつくように、発展的な内容については正しい理解ができるように講義を設計しています。
※詳しくはシラバス

開設年度
2017年度
科目区分
基盤科目(外国語科目)
〔2009年度~2015年度〕 共通科目(外国語科目)
〔2008年度以前〕 共通科目(外国語科目)
科目コード
1470019
単位数
2単位
単位認定試験
試験日・時限
2017年度 第2学期:2018年1月27日(土曜)3時限(11時35分~12時25分)
2018年度 第1学期:2018年8月5日(日曜)5時限(14時25分~15時15分)
単位認定試験
平均点
(2017年度 第1学期)71.0点
備考
CD付
このページのトップへ本文ここまで

授業の目標

1) 自分の身の回りのことや、スペイン語圏での旅行会話など、初歩的な会話ができるようになること。
2) 簡単な文章を読んで大意がつかめるようになること。
3) より高度なスペイン語の学習が必要になったときに無理なくそれが始められるような基礎力をつけること。

履修上の留意点

前回の授業の内容を復習し、しっかり理解してから次回の授業を聴取するよう心がけてください。

シラバス

テーマ 内容 執筆担当講師名
(所属・職名)
放送担当講師名
(所属・職名)
1 おはようございます。
(Buenos días.)
スペイン語の綴り字を見てそれを正しく発音するしかたを学びます。それと平行して、あいさつなど生活のすべてのシーンで用いられる表現を覚えます。

【キーワード】
アルファベット、発音、あいさつ
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
2 ここに喫茶店があります。
(Aquí hay una cafetería.)
スペイン語の綴り字を見て正しく発音するしかたについての学習を続けます。スペイン語の名詞には男性名詞と女性名詞の区別があること、複数形の作り方、定冠詞と不定冠詞について学びます。

【キーワード】
名詞の性・数、冠詞、音節、アクセント
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
3 私たちは日本人です。
(Somos japoneses.)
英語のbe動詞に相当するserとestarという2つの動詞のうち、serの現在形とその用法を学びます。また、スペイン語では形容詞が名詞の性と数に合わせて変化するので、その変化のしかたを学びます。

【キーワード】
動詞ser、形容詞、指示詞
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
4 私は元気です。ありがとう。
(Estoy bien, gracias.)
英語のbe動詞に相当する動詞の2つ目、estarについて学び、さらに「~を持っている」という意味の動詞tenerを学びます。Ser, estar, tenerの3つの動詞だけで、かなりいろいろな表現ができるようになります。

【キーワード】
動詞estar、所有詞前置形、動詞tener
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
5 私たちは同じクラスで勉強しています。
(Estudiamos en la misma clase.)
動詞の活用について本格的な学習を始めます。この課ではスペイン語の3種類の規則活用(-ar動詞、-er動詞、-ir動詞)のうち、-ar動詞の活用を学びます。また、日本語の「~を」に相当する直接目的語、およびそれに対応する直接目的格人称代名詞を学びます。

【キーワード】
-ar動詞の直説法現在、直接目的語、直接目的格人称代名詞
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
6 サンミゲル市場へ行こう。
(Vamos al mercado de San Miguel.)
規則動詞のうち-er動詞と-ir動詞の活用、および特に重要なhacer, ver, dar, irという4つの不規則動詞を学びます。活用を覚えるのは大変ですが、スペイン語を使えるようになるためには避けて通れないところです。一見して感じる複雑さに目を奪われず、規則性に注目して合理的に覚えましょう。さらに、日本語の「~に」に相当する間接目的語、および間接目的格人称代名詞を学びます。

【キーワード】
-er動詞、-ir動詞の直説法現在、不規則動詞hacer, ver, dar, ir、間接目的語、間接目的格人称代名詞
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
7 スペイン料理は好き?
(¿Te gusta la comida española?)
「好きです」とか「興味があります」などと言いたいとき、スペイン語では独特の表現をします。この課ではまずこれを学び、さらに語幹母音変化動詞と呼ばれる不規則動詞のグループ、形容詞と副詞の比較級・最上級も学びます。

【キーワード】
語幹母音変化動詞、好き嫌いの表現、比較
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
8 今日はどんな天気ですか?
(¿Qué tiempo hace hoy?)
不規則活用をする動詞をさらに9つ覚えます。不規則活用にも実はかなり規則性があります。記憶の負担を最小限に抑えながら、しっかり覚えましょう。さらに直接と間接の目的格人称代名詞の組み合わせについて学習します。ちょっと独特な規則がありますが、多数のドリルをこなして慣れてしまいましょう。

【キーワード】
不規則動詞、2つの目的格人称代名詞の組み合わせ
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
9 明日私は6時に起きます。
(Mañana me levanto a las seis.)
「再帰動詞」とは、「自分に、自分を」という意味を持つ再帰代名詞を伴った動詞のことですが、スペイン語では「起きる・寝る」「立つ・座る」「手を洗う」など非常に日常的な動作にこの再帰動詞を使います。ぜひここでマスターしましょう。

【キーワード】
再帰動詞、-mente副詞
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
10 私はセゴビアに日帰り旅行に行きました。
(Fui de excursión a Segovia.)
スペイン語の過去時制には点過去と線過去の2種類があります。まずこの課では、過去の出来事を表わすのに使う点過去について学びます。

【キーワード】
スペイン語の過去、点過去の活用
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
11 私は子どもの頃ピアノを習っていました。
(De niña aprendía piano.)
線過去は、過去の習慣、過去の状態、過去において継続していた行為を表わすのに使う時制です。この課では線過去を中心に2つの過去時制の使い分けを学びます。

【キーワード】
線過去の活用、点過去と線過去の使い分け、現在分詞、強調の接尾辞-ísimo
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
12 君はどちらのほうが好き?
(¿Cuál te gusta más?)
疑問詞「何、だれ、どれ、どこ、いつ」など、不定語「何か、だれか」など、否定語「何も(ない)、だれも(いない)」など、いずれも日常会話に欠かせない語彙です。この課でそれらを使ったやり取りができるようにしましょう。

【キーワード】
疑問詞、感嘆文、不定語と否定語
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
13 君たち、日本酒を飲んだことがある?
(¿Habéis bebido sake alguna vez?)
現在完了は「~したことがある」、「もう~してしまった」などの意味で頻繁に使われる時制です。この時制を使うために必要な過去分詞という語形、および現在完了の活用と使い方を学びます。過去分詞は英語と同じく受身の表現にも使えます。

【キーワード】
過去分詞、現在完了、受身文
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
14 健康な生活を送るために何をしている?
(¿Qué hacéis vosotros para llevar una vida sana?)
関係代名詞、関係副詞は英語にもあり、これを苦手とする日本人も多いですが、スペイン語では英語以上に関係詞をよく使います。特によく使う文型を集中的に練習して慣れてしまいましょう。その他、日常的に重要な不定詞の使い方も学びます。

【キーワード】
関係詞、不定詞
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
15 来週僕は日本に帰ります。
(La próxima semana volveré a Japón.)
動詞の未来形を学びます。未来形は未来のことを言うだけでなく、「きっと~だろう」という現在の推量にも使える重要な時制です。さらに命令形についても学びます。「命令形」と言っても「~しろ」という強い命令だけでなく、「~してください」という程度の丁寧な依頼にもよく使われます。スペイン語の命令形はかなり複雑ですが、現在形と人称代名詞がしっかり頭にはいっていれば恐れるほどではありません。

【キーワード】
未来形、命令形
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
木村 琢也
(清泉女子大学教授)
パロマ・トレナド
(清泉女子大学准教授)
このページのトップへ本文ここまで
授業科目案内 教養学部 放送大学