授業科目一覧
基盤科目
コース科目
卒業研究(全科履修生のみ)
夏季集中科目
メニューここまで

がんとともに生きる('18)

※印刷用にはシラバスPDF版新規ウィンドウ をご利用ください
主任講師
田城 孝雄 (放送大学教授)
渡邊 清高 (帝京大学准教授)
放送メディア
オンライン
配信期間(2018年度)
第1学期:平成30(2018)年4月5日(木曜)~8月31日(金曜)

講義概要

人口の高齢化とともに、健康をおびやかす疾病の構成が大きく変化している。1980年代から日本人の死因第1位となった、「がん」。国民の2人に1人が一生のうちに何らかのがんにかかるという現代において、自分が、家族が、地域や職場の身近な誰かが、もしもがんにかかったときに、どうすればよいか。がん対策推進基本計画(2012年策定)では、「がん患者を含めた国民が、がんを知り、 がんと向き合い、がんに負けることのない社会」の実現を目指すことが明記されている。がん患者とその家族は、精神的、身体的な不安や痛みに加え、社会とのつながりを失うことに対する不安や仕事と治療の両立が難しいなど社会的苦痛も抱えている。
オンライン科目「がんとともに生きる」では、「がんを知る(2016年度開設)」に引き続いて、よりよい人生、生活を営む「サバイバーシップ」の観点から、研究や倫理、医療政策や社会福祉、メディアをはじめとする多様な視点から、「がん」について議論したい。がんのサバイバーシップの充実に向けた取り組みの意義と現状を共有し、取り組むべき課題や将来の方向性を見据えながら、がんの療養に必要な知識やヒントなどを、わかりやすく学ぶ。医療や介護福祉関係者はもちろん、患者・家族の療養支援に関心がある受講生、人文社会学、法学、経済学、経営学、地域政策、コミュニケーション学などに関心のある受講生の学際的なアプローチを期待する。
※詳しくはシラバス

開設年度
2018年度
科目区分
コース科目(生活と福祉コース(導入科目))
〔2009年度~2015年度〕共通科目(一般科目)
〔2008年度以前〕 共通科目(一般科目)
科目コード
5710030
単位数
1単位
単位認定試験
試験日・時限
単位認定試験
平均点
備考
 
このページのトップへ本文ここまで

授業の到達目標

1)正しい受療行動や適切な意思決定を行うために必要な基礎的情報に加えて、情報を吟味し、対応方法や相談先について知識を得ることを目標とする。
2)がんに関する患者・家族支援の基盤となる知識を概観することで、地域住民の健康管理のあり方について知り、がん医療さらには慢性疾患の療養支援に関して広い視野を培い、対話を通して課題解決と実践に結びつけられるための基本姿勢を身につけることを目指す。

成績評価の方法

成績評価と単位認定は、小テストおよびディスカッション(以上、配点合計40%)、レポート(30%)、最終テスト(30%)の評価により行う。インターネットによる受講環境があれば、自宅などでも受講とレポート提出、単位の取得が可能である。
※オンライン上の学習で評価します。放送授業と異なり、通信指導や学習センターにおける単位認定試験は行いません。また、単位修得できなかった場合の再試験制度もありません。

履修上の留意点

生活と福祉コース「がんを知る」を受講していることが望ましい。各講義は、がんに関する知識、適切な健康行動を行うためのヒント、情報の集め方について概観する。講義内容は、ホスト役とゲストによるプレゼンテーション、テーマに関するディスカッションからなる。関連する講義や研修、より専門分化した分野への動機づけとすることに加えて、事例検討を交えたものである。
※本科目の受講には、インターネットなどの受講環境が必要です。詳細は本学ホームページをご参照ください。

シラバス

テーマ 内容 担当講師名
(所属・職名)
1 がんとともに生きる 講座の目的と背景 概要:本講座の目的と背景を概説する。がんとともに生きる視点の重要性、サバイバーシップの概念についての解説にはじまり、この講座の方向性を説明し、疾患の概要に加えて社会的な取り組みの必要性、高齢化社会を控えた包括的な対策の現状と将来の姿について議論する。

【キーワード】
がん、がんの疫学、がん対策基本法、がん対策推進計画、サバイバーシップ、QOL、がんの社会学、高齢化社会
渡邊 清高
(帝京大学准教授)
田城 孝雄
(放送大学教授)
ゲスト:高橋 都(国立がん研究センターがん対策情報センター)
2 がん患者の生活を支える(がん看護) がんの治療と療養を支える看護の実際について、患者・家族のニーズをもとにした実践、意思決定と療養支援プロセス、チーム医療など、最近のトピックを交えて概説する。

【キーワード】
がん看護、支持療法(サポーティブケア)、緩和ケア、チーム医療
渡邊 清高
(帝京大学准教授)
ゲスト:森 文子(国立がん研究センター中央病院)
3 がん患者と家族を支える がん患者と家族の抱えるつらさ、悩みや不安の背景を紐解き、相談や対話、カウンセリングなどにより、がんと向き合う人々を支援する取り組みについて紹介し、地域で支える場づくりの必要性について議論する。

【キーワード】
相談支援、カウンセリング、意思決定支援、チームケア
渡邊 清高
(帝京大学准教授)
ゲスト:秋山 正子・鈴木 美穂(マギーズ東京)
4 がんの補完代替療法と情報の見極め方 がん患者と家族にとって関心の高い補完代替医療や統合医療について、その効果と不利益に関して科学的な根拠をもとに情報を吟味し、冷静に判断することの重要性について事例を交えて紹介し、情報の読み解き方について議論する。

【キーワード】
情報の質、補完代替療法、科学的根拠(エビデンス)、利益と不利益
渡邊 清高
(帝京大学准教授)
ゲスト:大野 智(大阪大学准教授)
5 がんと就労支援 がん患者の就労における現状と課題、能力を発揮できる協働と共生の必要性を共有し、社会の一員としてがん患者を支えともに生きることの意義について議論する。

【キーワード】
就労支援、サバイバーシップ、がんと向き合う社会
渡邊 清高
(帝京大学准教授)
ゲスト:桜井 なおみ(キャンサーソリューションズ)
6 がんと死生観 がん患者・家族が経験するさまざまな社会的な課題について取り上げ、在宅がん患者の事例を参考に、終末期を含めた心理的・社会的な支援のあり方について議論する。

【キーワード】
臨床倫理、終末期医療、在宅医療、緩和ケア
渡邊 清高
(帝京大学准教授)
ゲスト:田代 志門(国立がん研究センター)
7 がん教育を考える 子どものころからがんを学ぶ、がんと向き合う心を培う取り組みの現状を紹介し、教育機関、地域社会が一体となった「がんの学び」の必要性と意義について議論する。

【キーワード】
がん教育、地域社会、意識変容、健康教育、ヘルスプロモーション
渡邊 清高
(帝京大学准教授)
ゲスト:助友 裕子(日本女子体育大学教授)
8 まとめ:がんとともに生きる社会づくり がんとともに生きる社会づくりにおいては、患者・家族・市民の視点が重視される。医療と療養の変化を踏まえた、がん対策における患者・住民参画の必要性について議論する。

【キーワード】
患者市民参画、サバイバーシップ、がんと社会、地域社会、がん教育、アドボカシー、コミュニケーション
渡邊 清高
(帝京大学准教授)
ゲスト:眞島 喜幸(NPO法人パンキャンジャパン)、三好 綾(NPO法人がんサポートかごしま)
このページのトップへ本文ここまで
授業科目案内 教養学部 放送大学