授業科目一覧
基盤科目
コース科目
卒業研究(全科履修生のみ)
夏季集中科目
メニューここまで

知的障害教育総論('15)

※印刷用にはシラバスPDF版新規ウィンドウ をご利用ください
主任講師
太田 俊己 (関東学院大学教授)
藤原 義博 (創価大学教授)
放送メディア
ラジオ
放送時間(2018年度)
第1学期:(金曜)18時15分~19時00分

講義概要

近年、入学する児童生徒が急増している知的障害特別支援学校等における教育について、教育課程・指導法に関する内容に加え、知的障害等の心理的側面の内容についても学修できる総論としての科目である。特別支援学校教諭免許取得をめざす方々や、知的障害教育を学び始めた方々を主な対象に、知的障害とその周辺領域にいる幼児児童生徒の教育とその実際について、今日的で、かつ基本的な内容を学ぶことができる。
※詳しくはシラバス

開設年度
2015年度
科目区分
コース科目(心理と教育コース(専門科目))
〔2009年度~2015年度〕専門科目(心理と教育コース)
〔2008年度以前〕 専門科目(発達と教育専攻)
科目コード
1529048
単位数
2単位
単位認定試験
試験日・時限
2017年度 第2学期:2018年1月27日(土曜)5時限(14時25分~15時15分)
2018年度 第1学期:2018年8月5日(日曜)7時限(16時45分~17時35分)
単位認定試験
平均点
(2016年度 第2学期)82.2点
(2017年度 第1学期)78.9点
備考
 
このページのトップへ本文ここまで

授業の目標

知的障害のある幼児児童生徒を教育する知的障害特別支援学校等における教育であります「知的障害教育」の教育課程(カリキュラム)、指導法(授業の形態)の特徴や意義などの概要を理解することを目標の第1とします。また、知的障害の心理等についても学び、教育や教育的支援との関係を理解することを目標の第2とします。この科目では、知的障害教育の今日的課題をいくつか取り上げますので、周辺の領域も含めて、今日的課題の内容や教育の動向について理解することを目標の第3にします。

履修上の留意点

特別支援学校教諭免許状の取得にも関係する科目であるため、学ぶべき事柄が盛り込まれ、必要な専門用語も用いられます。初歩の方にも学びやすくする工夫はしますが、ご自身でも関連図書や情報を調べたりして、積極的に自習等で補ったり、深めたりされることをお勧めします。

シラバス

テーマ 内容 執筆担当講師名
(所属・職名)
放送担当講師名
(所属・職名)
1 知的障害の教育と特別支援教育 特別支援教育の現況について述べる。そこでの知的障害の児童生徒に対する教育の現状や特色、そこで求められることについて述べる。今日的な課題を含め構成された本科目の概要を説明する。

【キーワード】
特別支援教育、知的障害教育、今日的課題、教育的ニーズ
太田 俊己
(関東学院大学教授)
太田 俊己
(関東学院大学教授)
2 知的障害のある幼児児童生徒の理解と支援 知的障害の心理学的な側面に触れ、その障害のある幼児児童生徒をどのように理解すべきか、障害理解と子ども理解の基本を述べる。さらに、教育実践を行う上での適切な理解とその上に立った支援の観点についても触れる。

【キーワード】
知的障害の心理、障害理解、子ども理解、知的障害への支援
佐藤 愼二
(植草学園短期大学教授)
佐藤 愼二
(植草学園短期大学教授)
3 自閉症等のある幼児児童生徒の理解と支援 知的障害に関連の深い自閉症等の心理学的な側面に触れ、その障害のある幼児児童生徒をどのように理解し、支援に結びつけるか、障害理解の基本、ならびに教育における支援の観点について解説する。

【キーワード】
自閉症等の障害論、自閉症等の教育的ニーズ、自閉症教育
藤原 義博
(創価大学教授)
藤原 義博
(創価大学教授)
4 知的障害教育の教育課程上の特徴と指導法 わが国の知的障害教育がもつ特有の教育課程上の特徴、および生活単元学習や教科別の指導など、関連する指導法の特徴について、学習指導要領やその解説、また実践現場の現状などから解説する。

【キーワード】
知的障害の教育課程、知的障害教育の指導法、領域・教科を合わせた指導、分けない指導、知的障害教育の各教科
太田 俊己
(関東学院大学教授)
太田 俊己
(関東学院大学教授)
5 知的障害教育の指導法
~その① 生活単元学習
知的障害教育特有の指導法の中から、領域・教科を合わせた指導の代表的な実践形態である生活単元学習を取り上げ、その特徴および教育課程上の位置づけ、さらに実践を行う上でのポイント等について、学習指導要領解説などから解説する。

【キーワード】
生活単元学習、領域・教科を合わせた指導、知的障害の指導法
高倉 誠一
(明治学院大学准教授)
高倉 誠一
(明治学院大学准教授)
6 知的障害教育の指導法
~その② 作業学習
知的障害教育特有の指導法の中から、領域・教科を合わせた指導のうち作業学習を取り上げる。その特徴および教育課程上の位置づけ、さらに実践を行う上でのポイント等について、学習指導要領解説などから解説する。

【キーワード】
作業学習、領域・教科を合わせた指導、知的障害の指導法
高倉 誠一
(明治学院大学准教授)
高倉 誠一
(明治学院大学准教授)
7 知的障害教育の指導法
~その③ 日常生活の指導・遊びの指導
知的障害教育特有の指導法の中から、領域・教科を合わせた指導のうち日常生活の指導および遊びの指導を取り上げる。それらの特徴および教育課程上の位置づけ、さらに実践を行う上でのポイント等について、学習指導要領解説などから解説する。

【キーワード】
日常生活の指導、遊びの指導、領域・教科を合わせた指導、知的障害の指導法
高倉 誠一
(明治学院大学准教授)
高倉 誠一
(明治学院大学准教授)
8 知的障害教育の指導法
~その④ 教科別の指導
知的障害教育の指導法の中から教科別の指導を取り上げる。他の障害や通常の教育とは異なるこの指導法の特徴、および教育課程上の位置づけ、さらに実践を行う上でのポイント等について、学習指導要領解説などから解説する。

【キーワード】
知的障害の各教科、教科別の指導、学習指導要領解説、知的障害の指導法
佐藤 愼二
(植草学園短期大学教授)
佐藤 愼二
(植草学園短期大学教授)
9 知的障害教育の指導法
~その⑤ 自立活動の指導
知的障害教育に対する指導法の領域別の指導の中から、自立活動の指導を取り上げる。知的障害の各教科の性格と自立活動との関係、歴史的な経緯、教育課程上の位置づけ、さらに実践を行う上でのポイント等について解説する。

【キーワード】
知的障害の自立活動、自立活動の指導、自立活動の時間における指導、知的障害の指導法
太田 俊己
(関東学院大学教授)
太田 俊己
(関東学院大学教授)
10 特別支援学級の学級経営と教育課程・指導法 急増する知的障害特別支援学級への期待、また現状と課題について触れる。望ましい学級経営のあり方や工夫の仕方、指導計画の立て方、教育課程の編成、具体的な授業や指導法上の留意事項等について、解説する。

【キーワード】
知的障害特別支援学級、学級づくり、特別支援学級の教育課程、指導計画と授業づくり
佐藤 愼二
(植草学園短期大学教授)
佐藤 愼二
(植草学園短期大学教授)
11 日本と海外の知的障害教育 特別支援教育に関する現状や今後の動向について触れ、日本と海外の知的障害への教育・教育実践に共通する特徴や実践の経緯、動向、さらには今後の課題等について解説する。

【キーワード】
海外の知的障害教育、インクルーシブ教育、カリキュラムと教育方法
米田 宏樹
(筑波大学准教授)
米田 宏樹
(筑波大学准教授)
12 今日的な課題への対応
~その① 個別の指導計画と個別の教育支援計画
新たな動向を受け、知的障害教育には今日的な課題が存在する。ここではその中から、個別の指導計画と個別の教育支援計画を取り上げる。知的障害教育におけるそれらのあり方、動向と今後の活用、実践上のポイント等について解説する。

【キーワード】
個別の指導計画、個別の教育支援計画、家庭との連携、関係機関との連携
米田 宏樹
(筑波大学准教授)
米田 宏樹
(筑波大学准教授)
13 今日的な課題への対応
~その② 知的障害教育とキャリア教育
新たな動向を受け、知的障害教育には今日的な課題が存在する。ここではこの中から、キャリア教育の動きをあげ、知的障害教育との関係、今後の実践で留意すべきこと、必要な実践上の観点等も含めて解説する。

【キーワード】
キャリア教育、知的障害教育とキャリア、高等部教育、キャリア発達と一貫した指導、進路指導(進路支援)
米田 宏樹
(筑波大学准教授)
米田 宏樹
(筑波大学准教授)
14 今日的な課題への対応
~その③ 行動上の問題の理解と支援
新たな動向を受け、知的障害教育には今日的な課題が存在する。ここではこの中から、知的障害や発達障害に伴いがちな行動上の問題を取り上げ、問題事態の理解、行動の機能と環境側のもつ問題性等について考え、実践への示唆についても解説する。

【キーワード】
行動問題の機能分析、積極的行動支援(PBS)、行動問題から読み解き・読み取る教育的支援
藤原 義博
(創価大学教授)
藤原 義博
(創価大学教授)
15 今日的な課題への対応
~その④ 個のニーズに応じた授業づくり
知的障害教育の今日的な課題から、ここでは個のニーズをふまえた授業づくりの工夫を取り上げる。授業づくりの実践例をもとに、環境的支援、個のニーズに応じた支援、人的支援の在り方等から授業改善のポイントとその成果等について解説する。今後の授業づくりのあり方についても触れる。

【キーワード】
授業づくり、物理的環境支援、個のニーズに応じた支援、人的支援、授業展開
藤原 義博
(創価大学教授)
藤原 義博
(創価大学教授)
このページのトップへ本文ここまで
授業科目案内 教養学部 放送大学