授業科目一覧
基盤科目
コース科目
卒業研究(全科履修生のみ)
夏季集中科目
メニューここまで

著作権法('18)

※印刷用にはシラバスPDF版新規ウィンドウ をご利用ください
主任講師
作花 文雄 (弘前大学副学長)
放送メディア
ラジオ
放送時間(2018年度)
第1学期:(日曜)0時00分~0時45分(4月8日より放送)

講義概要

情報社会あるいは知識基盤社会と呼ばれる今日において、知的財産の創造を促進し、その有効かつ適切な活用を図る上で、知的財産権に関する法制度が重要な役割を果たす。知的財産権制度の中にあって、小説や論文、美術、デザイン、音楽、映画、アニメ、プログラムなどの著作物、及びレコード、アーティスト、放送等を保護する著作権法は、特定の職業に携わる方々のみならず、全ての人々にかかわる法律であり、この講義では、著作権制度の基本的な事項及び実際的な課題について総合的に学習を進めていく。
※詳しくはシラバス

開設年度
2018年度
科目区分
コース科目(社会と産業コース(専門科目))※共用科目(情報)
〔2009年度~2015年度〕専門科目(社会と産業コース)※共用科目(情報)
〔2008年度以前〕専門科目(社会と経済専攻)
科目コード
1639641
単位数
2単位
単位認定試験
試験日・時限
2018年度 第1学期:2018年8月1日(水曜)2時限(10時25分~11時15分)
単位認定試験
平均点
備考
 
このページのトップへ本文ここまで

授業の目標

全15回の講義を通じ、具体的な事例を踏まえつつ、著作物を利用するに当たり著作権法がどのようにかかわっているかということを的確に理解し、日常生活の中で法に基づく適切な判断ができるようにするとともに、職業生活において著作物の創造及び利用を行う上で必要となる法的素養を培う。

履修上の留意点

民法の不法行為について事前に又は並行して学習することにより、著作権侵害についての理解が深められる。また、印刷教材の巻末に掲げている参考図書を活用して幅広く学習をすることが期待される。また、新聞やテレビなどで報道される著作権事件などを意識して頭に入れておくと、現実社会の中での法律の役割が理解し易い。

シラバス

テーマ 内容 執筆担当講師名
(所属・職名)
放送担当講師名
(所属・職名)
1 著作権制度の仕組み 知的財産権制度全体における著作権法の目的や位置づけを解説するとともに、著作権制度において保護の対象となるものや権利の主体となる者、権利の内容、権利の制限など、第2回以降の講義の導入として、制度全体の仕組みについて概説する。

【キーワード】
知的財産権、排他的権利、情報社会、依拠性、無方式主義、登録制度
作花 文雄
(弘前大学副学長)
作花 文雄
(弘前大学副学長)
2 著作物 著作権法の保護対象となる創作的な表現物である「著作物」の要件について解説するとともに、文芸、学術、美術あるいは音楽など様々な分野の著作物の特徴について解説する。また、翻訳物や編曲などの二次的著作物、新聞や百科事典などの編集著作物、そしてデータベースの著作物について解説する。

【キーワード】
著作物の定義、創作性、表現物、著作物の種類、応用美術、二次的著作物、編集著作物、データベース
作花 文雄
(弘前大学副学長)
作花 文雄
(弘前大学副学長)
3 著作者 著作権法により権利の主体となる「著作者」とはいかなる者であるのかについて解説する。また、複数の者が関与して一つの作品が創作される場合に共同著作者となることができる要件や、職務上作成される著作物について職務著作(法人著作)が成立する場合の要件について解説する。

【キーワード】
創作者、共同著作、職務著作、法人著作、映画の著作者
作花 文雄
(弘前大学副学長)
作花 文雄
(弘前大学副学長)
4 著作者人格権 著作権制度では、財産的権利である著作権のほか、著作者の人格的利益を保護するために著作者人格権が設けられている。著作者人格権は3つの種類の権利を中心に構成されており、それぞれの内容について解説する。

【キーワード】
公表権、氏名表示権、同一性保持権、著作者人格権侵害みなし、死後の人格的利益の保護
作花 文雄
(弘前大学副学長)
作花 文雄
(弘前大学副学長)
5 著作権(その1) 著作権は多様な支分権により構成されており、今回及び次回において、各支分権の内容等について解説する。今回は、著作物の複製物の作成に関する権利、及び著作物の公衆への提示に関する権利について解説する。

【キーワード】
権利の束、複製権、上演権、演奏権、上映権、公衆送信権、口述権
作花 文雄
(弘前大学副学長)
作花 文雄
(弘前大学副学長)
6 著作権(その2) 前回に続き、著作権の支分権について解説する。今回は、複製物等を介する著作物の利用に関する権利、及び二次的な利用に関する権利について解説する。また、多様な著作権等の侵害みなし規定について解説する。

【キーワード】
展示権、原作品、追及権、頒布権、譲渡権、消尽原則、貸与権、翻案権、侵害みなし
作花 文雄
(弘前大学副学長)
作花 文雄
(弘前大学副学長)
7 著作隣接権・出版権 著作者のほか、著作権法では実演家、レコード製作者、放送事業者及び有線放送事業者を著作隣接権制度により保護しており、各著作隣接権者ごとに異なる権利内容について、それぞれ解説する。また、出版権制度について基本的な特徴を解説する。

【キーワード】
実演家、レコード製作者、放送事業者、有線放送事業者、電子書籍
作花 文雄
(弘前大学副学長)
作花 文雄
(弘前大学副学長)
8 権利の制限(その1) 著作権制度においては、著作物を権利者の許諾を得ることなく利用できる様々な場合が規定されており、それぞれの場合における適法な利用の要件や留意点について、2回にわけて解説する。この回では、私的使用のための複製、図書館での複製、引用、教育機関での複製などについて解説する。

【キーワード】
私的使用、図書館、引用、教科用図書、拡大教材、学校教育番組、教育機関、試験問題、点字、聴覚障害者
作花 文雄
(弘前大学副学長)
作花 文雄
(弘前大学副学長)
9 権利の制限(その2) 前回に続き、著作物の自由利用ができる場合として、非営利目的の上演等、裁判手続き等のための複製、公開の美術の著作物の利用、プログラムの所有者による複製、情報の処理・送信の過程における蓄積などについて解説する。

【キーワード】
非営利の上演等、報道、裁判手続等、情報公開、美術作品の展示、一時的複製、情報の処理・送信、検索エンジン
作花 文雄
(弘前大学副学長)
作花 文雄
(弘前大学副学長)
10 著作権等の保護期間 著作権や著作隣接権は永続するものではなく、保護期間が設けられている。著作物の類型等に応じた多様な保護期間の計算方法について解説する。また、現在においても、名作映画など旧著作権法時代に創作された著作物が利用されることが少なくないことを踏まえ、旧法時代の著作物の例外的な保護期間について解説する。

【キーワード】
保護期間の計算方法、戦時加算、相互主義、保護期間の延長問題
作花 文雄
(弘前大学副学長)
作花 文雄
(弘前大学副学長)
11 著作物等の利用 著作物やレコード等の利用に際して留意すべき事柄を概観し、ライセンス契約の締結や著作権等の譲渡に伴う諸課題、集中管理団体の役割、著作物等の裁定による利用などについて解説する。

【キーワード】
ライセンス契約、著作権の譲渡、裁定制度、orphan works、拡大集中許諾制度
作花 文雄
(弘前大学副学長)
作花 文雄
(弘前大学副学長)
12 権利侵害に対する救済・制裁 著作権等が侵害された場合は、民事上の救済を受けることができるとともに、侵害者に対して刑事上の制裁も科せられる。著作権制度においては、民法に加えて、損害賠償や差止請求についての特別な規定が設けられており、その内容を解説するとともに、著作権制度上の刑事罰の内容について解説する。

【キーワード】
差止請求、損害賠償請求、不当利得返還請求、名誉回復請求、刑事的制裁
作花 文雄
(弘前大学副学長)
作花 文雄
(弘前大学副学長)
13 著作権等の国際的保護 著作物等は国境を越えて利用されるものであることから、関連する条約の保護の原則を理解することが重要である。時代の進展に応じて、著作権及び著作隣接権に関して多様な条約の整備がなされており、国内の法制度の整備にも大きな影響を与えている。著作権等に関する主要な条約の制定経緯、内容等を解説する。

【キーワード】
ベルヌ条約、WCT、レコード保護条約、実演家等保護条約、WPPT、北京条約、TRIPs協定、TPP協定
作花 文雄
(弘前大学副学長)
作花 文雄
(弘前大学副学長)
14 著作権制度の歴史 著作権制度の発展の歴史を俯瞰し、制度の変遷を全体的に把握する。また、近年において、貸レコード問題への対応やプログラム・データベースの保護、インターネット上の権利侵害への対応、技術的保護手段の回避に対する規制、グレイゾーンの利用行為の適法性の明確化による円滑な著作物の利用環境の形成、電子書籍への対応など、我が国の著作権制度は間断なく改正されてきており、これらの改正動向について解説する。

【キーワード】
出版の特許、アンアクト、多国間条約、出版条例、旧著作権法、時代の進展に対応した著作権法の整備
作花 文雄
(弘前大学副学長)
作花 文雄
(弘前大学副学長)
15 現代社会における課題 現代社会においてはインターネットなど情報伝達技術の飛躍的な発展を背景として、また、著作物の多様な利用形態の登場により、著作権制度は様々な課題に直面している。私的利用行為を構成要素とする事業、物の自由移動の原則と著作権の関与、ISPsの法的責任、マス・デジタル化に伴う著作権問題、フェアユースの導入を巡る問題などの概況や論点について解説する。

【キーワード】
カラオケ、録画配信サービス、自炊代行業、P2P、違法ダウンロード、検索エンジン、マス・デジタル化、フェアユース
作花 文雄
(弘前大学副学長)
作花 文雄
(弘前大学副学長)
このページのトップへ本文ここまで
授業科目案内 教養学部 放送大学