ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
  • 企業・学校関係者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 在学生の方へ

ここからサイト共通メニューです

ここから本文です

  • お知らせ
  • 「英語で描いた日本('14)」の開設中止について

大学からのお知らせ

「英語で描いた日本('14)」の開設中止について

放送授業の教養学部共通科目「英語で描いた日本('14)」については、都合により、2014(平成26)年度第1学期からの開設を中止し、代わりに「実践英語('10)」を引き続き開設することとなりました。
平成26年度第1学期の学生募集・科目登録関係資料には、「英語で描いた日本('14)」が掲載されておりますが、上記の理由により当該科目の登録は不可となりますので、ご了承ください。
なお、「実践英語('10)」の科目登録を申請する場合は、以下の科目コードを記入することが必要となりますので、ご注意ください。
受講を予定されていた方におかれましては、突然、開設中止となり、多大なご迷惑をお掛けしますことを、心より深くお詫び申し上げます。
なにとぞご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

<引き続き開設する学部授業科目の概要>

科目名 実践英語(’10)-映画とドラマで学ぶ-
科目コード 1387014
主任講師(現職名) 大石 和欣(東京大学大学院准教授)
本学担当専任教員 大橋 理枝(放送大学准教授)
開設年度 平成22年度
単位 2単位
放送メディア テレビ
放送時間
(平成26年度)
第1学期:(火曜)18時15分~19時00分
〔再放送〕(土曜)5時15分~6時00分
単位認定試験日・時限
(平成26年度)
第1学期:平成26年7月29日(火)2時限
(10時25分~11時15分)
講義概要 この講義は、英語をマスターしたいという志向が社会的に強い現在、放送大学においてテレビというメディアを活用した遠隔教育を通して英語の講義を提供する価値は非常に高い。海外のテレビドラマや映像資料をふんだんに用い、視覚と体感から実践的な英語コミュニケーション能力の強化を意図しています。毎回、映画のワン・シーンをスキットにして、そこで使われた表現を中心に実践的な会話をできるよう解説と練習問題、さらにはシュチュエーション・プレイなども番組の中に取り入れています。ヒアリングを中心とした情報収集・分析能力も養えるように、ニュースなどの報道も用いたり、英語を使う現場で活躍するひとたちをインタヴューします。

【本件担当】本部 教務課教育課程編成係

ここからカテゴリ内メニューです

放送大学とは close
  • 放送大学で学ぶ6つの魅力
  • どんな人が学んでいるの?
  • 学習方法は?
  • インターネットを活用した学び方
  • 大学院で学ぶ6つの魅力
目的別に探す open
  • 学位に関係なく、好きな科目だけ履修したい方
  • 大学を卒業したい方[学士号取得]
  • 大学院を修了したい方[修士号取得]
  • 心理学を学びたい方
  • キャリアアップしたい方[現職教員]
  • キャリアアップしたい方[看護師、准看護師]
  • 放送大学で目指せる資格
科目を探す close
  • 大学
  • 大学院(修士課程)
  • 大学院(博士後期課程)
  • 科目群履修認定制度(放送大学エキスパート)
学生の声 close

院内研修のないクリニックに勤務。学ぶことで、焦りや不安がなくなりました

情報収集を徹底し、受験準備わずか半年で大学院に合格

大学を卒業し、大学院へ進学。医療現場で、妊婦さんや家族の心を支えたい

学費(授業料、入学料) close
  • 大学
  • 大学院
ページの先頭へ