ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
  • 企業・学校関係者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 在学生の方へ

ここからサイト共通メニューです

ここから本文です

  • お知らせ
  • 放送大学叢書
  • 第4回(2013年度)放送大学叢書感想文コンクールの審査結果について

大学からのお知らせ

2013年度放送大学叢書感想文コンクールについて

放送大学叢書は、放送大学の授業で用いられた印刷教材(テキスト)を、豊かな文化的教養の書としてあらためて世に送り出し、放送大学の教育成果を広く社会に普及させることを目的として刊行されました。
放送大学叢書を読むことで学ぶ楽しさを知っていただく。
そして、感じたこと、考えたことを文章にして発表していただくことにより、より多くの方々に放送大学叢書に親しんでもらいたいという願いから、このコンクールを開催することにいたしました。
みなさま是非ご応募下さい。

  1. 応募資格
    放送大学の学生をはじめとして、放送大学への入学を検討されている方、過去に学生であった方、放送大学に関心をお持ちの方等もご応募いただけます。
  2. 対象図書
    応募期間末日までに刊行された放送大学叢書から応募者が自由に1点を選択
  3. 応募内容等
    • 1.字数は原則4,000字以内(手書き、パソコン・ワープロいずれも可)。
    • 2.感想文には、次の事項を明記した用紙を添付してください(様式自由)。氏名・学生番号(学生の方のみ)・住所・電話番号・感想文のタイトル。
    • 3.感想文は自作で未発表のものに限ります。
    • 4.応募いただいた感想文はお返しできません。
    • 5.感想文は、放送大学叢書の普及等の目的で使用させていただくことがあります。なお、その場合、著作権は放送大学に帰属します。
    • 6.応募方法は郵送に限ります。
  4. 応募期間
    2013年10月11日(金)~ 2013年11月12日(火) (当日消印有効)
  5. 応募先
    〒261-8586 千葉県千葉市美浜区若葉2-11
    放送大学学務部教務課 放送大学叢書感想文コンクール係
  6. 選考
    放送大学内の放送大学叢書委員会において選考を行います。
  7. 発表
    審査結果は、2014年2月中旬頃ご本人に通知いたします。また、最優秀賞、優秀賞、佳作の受賞者については、放送大学ホームページで公表するとともに2月中旬~下旬に表彰式を行います。
  8. 賞と賞品
    最優秀賞…1名、優秀賞…1名、佳作…数名 それぞれ、賞状、副賞(放送大学叢書及び放送大学グッズ)を贈呈いたします。(受賞人数等は変更になる場合もあります。)
    なお、最優秀賞、優秀賞、佳作の感想文を冊子にして、受賞者に贈呈する予定です。
  9. お問い合わせ
    〒261-8586 千葉県千葉市美浜区若葉2-11
    放送大学学務部教務課 放送大学叢書感想文コンクール係
    Tel:043-276-5111(総合受付) Fax:043-298-4380


2013年度放送大学叢書感想文コンクールについて

放送大学叢書の既刊情報等については、以下のホームページをご参照下さい。

放送大学ホームページ
http://www.ouj.ac.jp/hp/o_itiran/sousyo/

出版社「左右社」ホームページ
http://sayusha.com/catalog/books/oujseries

ここからカテゴリ内メニューです

放送大学とは close
  • 放送大学で学ぶ6つの魅力
  • どんな人が学んでいるの?
  • 学習方法は?
  • インターネットを活用した学び方
  • 大学院で学ぶ6つの魅力
目的別に探す open
  • 学位に関係なく、好きな科目だけ履修したい方
  • 大学を卒業したい方[学士号取得]
  • 大学院を修了したい方[修士号取得]
  • 心理学を学びたい方
  • キャリアアップしたい方[現職教員]
  • キャリアアップしたい方[看護師、准看護師]
  • 放送大学で目指せる資格
科目を探す close
  • 大学
  • 大学院(修士課程)
  • 大学院(博士後期課程)
  • 科目群履修認定制度(放送大学エキスパート)
学生の声 close

院内研修のないクリニックに勤務。学ぶことで、焦りや不安がなくなりました

情報収集を徹底し、受験準備わずか半年で大学院に合格

大学を卒業し、大学院へ進学。医療現場で、妊婦さんや家族の心を支えたい

学費(授業料、入学料) close
  • 大学
  • 大学院
ページの先頭へ