ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
  • 企業・学校関係者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 在学生の方へ

ここからサイト共通メニューです

ここから本文です

不正行為等の防止について

研究活動における不正行為の防止等について

放送大学学園では、「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣決定)等に基づき、「放送大学学園における研究活動の不正行為の防止等に関する規程」を定め、研究活動の不正行為の防止等を図っています。

1.規程の趣旨

放送大学学園における研究活動の不正行為(以下「不正行為」という。)を防止するとともに、不正行為に厳正かつ適切に対応するため、必要な事項を定めることを目的とする。

2.主な内容

(1) 最高管理責任者及び統括管理責任者
学園における研究倫理の向上及び不正行為の防止等における「最高管理責任者」及び、最高管理責任者を補佐し、研究倫理の向上及び不正行為の防止等に関して学園全体を統括する実質的な責任と権限を持つ「統括管理責任者」を置き、それぞれ、学長及び学長が指名する副学長をもって充てる。

(2) 不正行為に関する告発、相談
研究活動上の不正行為に関する告発や相談を、学園内外から受付ける。
窓口:総合戦略企画室
方法:書面、ファクシミリ、電子メール、電話、面談による

(3) 調査
①予備調査
窓口に不正行為に関する告発があった場合、統括管理責任者を委員長とする「予備調査委員会」を設置し、予備調査を実施する。予備調査の結果は、最高管理責任者に報告する。
②本調査
予備調査の報告に基づき、本格的な調査(以下「本調査」という。)の実施について最高管理責任者が要否を判断し、統括管理責任者を委員長とする「不正行為調査委員会」を設置し、本調査を実施する。

(4) 認定及び措置
不正行為調査委員会は、不正行為が行われたか否か、不正行為と認定された場合はその内容等について、不正行為が行われなかったと認定された場合はその告発の悪意の有無についての認定を行い、その認定結果を最高管理責任者に報告する。
最高管理責任者は、調査結果及び認定結果を報告し、調査結果を公表する。
また、認定結果に基づき、研究費の使用中止、不正行為と認定された論文等の取り下げ、法令または学園諸規程に基づく処分、もしくは、不正行為が行われなかったと認定された場合にはその者の名誉回復及び不利益が生じないための措置を講じる

3.参考資料

4.本件に関する窓口

放送大学学園総合戦略企画室研究協力・産学連携係
〒261-8586
千葉市美浜区若葉2-11
電話:043-298-3087
FAX:043-298-3629

ここからカテゴリ内メニューです

放送大学とは close
  • 放送大学で学ぶ6つの魅力
  • どんな人が学んでいるの?
  • 学習方法は?
  • インターネットを活用した学び方
  • 大学院で学ぶ6つの魅力
目的別に探す open
  • 学位に関係なく、好きな科目だけ履修したい方
  • 大学を卒業したい方[学士号取得]
  • 大学院を修了したい方[修士号取得]
  • 心理学を学びたい方
  • キャリアアップしたい方[現職教員]
  • キャリアアップしたい方[看護師、准看護師]
  • 放送大学で目指せる資格
科目を探す close
  • 大学
  • 大学院(修士課程)
  • 大学院(博士後期課程)
  • 科目群履修認定制度(放送大学エキスパート)
学生の声 close

院内研修のないクリニックに勤務。学ぶことで、焦りや不安がなくなりました

情報収集を徹底し、受験準備わずか半年で大学院に合格

大学を卒業し、大学院へ進学。医療現場で、妊婦さんや家族の心を支えたい

学費(授業料、入学料) close
  • 大学
  • 大学院
ページの先頭へ