ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
  • 企業・学校関係者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 在学生の方へ

ここからサイト共通メニューです

ここから本文です

新基準について

認定心理士の認定基準が、2014年4月1日から新しくなりました。もちろん、すぐに全面的に新基準に代わってしまう訳ではなく、2019年3月31日までは、移行期間として、旧基準(これまでの基準)での資格申請も可能です。ですので、認定心理士資格取得のために、ある程度の単位数を取得していらっしゃる方は、2019年3月までに申請ができるよう準備をなさってください(資格申請に必要な書類を揃えるのには時間がかかります。締切直前になって準備をすると間に合わない可能性がありますので、十分な時間的余裕をもつよう心がけてください。目安として、2018年12月には書類が整っている状態にしておくとよいでしょう)。

一方、これから認定心理士資格取得の準備を始めようという方は、新基準で申請する可能性が高いと思われますので、以下でご説明する旧基準からの変更点を念頭において学習を進めるとよいでしょう。なお、ここでは放送大学の現況に合わせて変更点を説明していきます。認定基準変更の経緯や新基準に関する詳しい説明は、日本心理学会のウェブサイト(「認定心理士の資格を取りたい方」というページ)に書かれていますので、そちらを参照なさってください。

それでは、新基準の主な変更点について順にご説明していきましょう。

1)c領域「心理学実験実習」の認定単位が4単位以上必要になります

これは、今回の基準改定で最も大きな変更点です。これまではc領域に最低限必要な認定単位は3単位でしたので、基本主題として認定される実験実習科目を3科目分(たとえば「心理学実験1」「心理学実験2」「心理学実験3」)を履修していれば、c領域の要件を満たすことが出来たのですが、新基準ではあと1単位(基本主題1科目分、もしくは副次主題2科目分)必要になりました。

ただし、新基準ではこれまで副次主題として認定されていた科目のうち、複数の心理検査を実施し、その結果をレポートとしてまとめることを課している授業が基本主題として認定されることになりました。この変更を受けて、放送大学でも、新たに「心理検査法基礎実習」という授業を立ち上げ、一部の学習センターで試験的に開講しています。新基準での認定を目指す方は、c領域の認定単位を充足させるため、「心理学実験1~3」と「心理検査法基礎実習」の4科目を受講されると最も効率よく認定単位を修得できるでしょう。もちろん、「心理検査法基礎実習」を受講しなくても、従来から開講されている「臨床心理学実習」などの副次主題の科目(認定単位は0.5単位)を2科目受講すれば、これに代えることができます。

なお新基準では、旧基準で必要とされていた「基本主題で2単位以上」という要件がなくなりました。したがって、認定単位の要件を満たすだけであれば、副次主題となる面接授業(認定単位は0.5単位)を8科目履修すればよいことになりますが、仮に単位数は充足しても、履修した科目の内容がc領域で必要とされる条件をクリアしていないとみなされると不合格になる可能性があります。c領域の単位が認定されるためには、c領域全体で「実験的方法で知覚や認知、社会など基本的な内容の課題を4つ以上含む計6課題以上」を体験的に学習していなくてはなりません。この条件を満たすためには、基本主題となる心理学実験の科目(典型的には、「心理学実験1~3」)の中から最低でも2科目以上を履修しておく必要があるでしょう。

2)実験、実習科目には「様式4 基礎科目c領域実験・実習課題リスト」の提出が必要になります

これまでも、c領域の実験実習科目のシラバスに具体的な実験、実習課題名が明記されていない場合、認定委員会から「実験・実習課題リスト」の提出を求められることがありました。「実験・実習課題リスト」とは、受講した科目の①科目名、②担当者、③実験・実習の内容項目、④授業時間(分)、⑤レポートの有無とその内容、⑥役割(実験者になったか、参加者(協力者)になったか)を書き込むものです。これまでは、一部の申請者だけに求められていたこのリストの提出が、新基準では全員に求められるようになりました。また、受講したc領域の科目すべてについて上記の①~⑥の内容を記載しなくてはならなくなりました。それほど難しいものではありませんが、授業で行った実験がどのようなものだったかを忘れてしまっては書き込みが不可能ですので、授業受講後できるだけ早く、このリストを作成しておくことをお勧めします。このリストの様式は、日本心理学会のウェブサイトからダウンロードしてください。

3)b領域とc領域で合計8単位以上(認定単位)という計算の仕方になります

1)で申し上げたように、c領域は4単位以上取得していることが新基準での要件です。加えて新基準では、b領域とc領域を合わせて8単位以上の認定単位が必要とされています。これまでの要件ではb領域は4単位以上、c領域は3単位以上と区別されていましたが、新基準ではb領域とc領域の認定単位は合算することができますので、たとえばb領域で3単位、c領域で5単位の認定単位を取得しても単位に関する要件は満たすことができます。また、旧基準ではb領域にも「基本主題で2単位以上」という要件がありましたが、新基準ではこの要件がなくなりましたので、b領域の認定単位をすべて副次主題の科目で修得することもできます。

しかしc領域と同じように、新基準では、仮に単位数は充足していても、履修した科目の内容が、b領域で必要とされる条件をクリアしていない場合、不合格になる可能性があります。b領域の単位が認定されるためには、b領域全体で「心理学における実証的研究方法の基礎知識を備える」ものとなってなくてはなりません。放送大学では、b領域に対応する科目として「心理学研究法(’14)」「心理統計法(’11)」という2科目(いずれも基本主題)の放送授業科目を用意しており、これらの科目を履修することによって、「心理学における実証的研究方法の基礎知識」を身に着けることが可能ですので、皆さんにはできるだけこの2科目を履修していただきたいと思います。「心理学研究法(’14)」と「心理統計法(’11)」はいずれもb領域の基本主題の科目ですので、これらを履修すれば、それぞれ2単位、合計4単位を修得することができます。そうすれば、c領域に対応する面接授業科目を認定単位で4単位分以上修得することで、b領域とc領域で合計8単位以上という基準を確実に満たすことができます。

4)a領域の科目シラバスの提出も必要になります

これまでは、bとcの2領域にのみ、授業シラバスの提出が義務付けられていたのですが、新基準ではこれに加えてa領域にもシラバスの提出が必要になりました。開講中の放送授業のシラバス(授業概要)は、放送大学ホームページから印刷できます。閉講科目の放送授業のシラバスは、最寄りの学習センターでコピーを入手してください。

5)a領域では、基本主題の認定単位が必ずしも必要ではなくなりました

新基準でもa領域の認定単位が4単位以上必要なことは変わりませんが、b、c領域と同じように、旧基準で必要とされた「基本主題で2単位以上」という要件がなくなりました。したがって新基準では、副次主題の科目のみで認定単位を充足することもできます。ただし、新基準では、a領域全体で心理学の基礎分野(知覚・認知・学習・記憶・言語・思考・人格・動機づけ・感情・発達・社会・行動など)を満たすことが条件として付記されています。副次主題の科目は、多くの場合、これらの分野の一部の内容しか扱っていないため、副次主題科目の積み重ねでこの条件をクリアすることは容易ではありません。したがって、放送大学の学生の方はまずは「心理学概論('12)」を履修し、心理学に関する全般的な基礎知識をつけることをお勧めします。「心理学概論('12)」はa領域基本主題の科目ですので、この科目の履修により、a領域の認定単位2単位分を修得できます。あとは、基本主題でも副次主題でも構いませんので、残りの必要単位(認定単位2単位以上)をa領域の対応科目で修得なさってください。

新要件になっての変更点は、主に基礎科目に関係するものです。選択科目における変更点は、放送大学の学生の方にはあまり関係がないため、ここでは説明を省略します。必要な総単位数は36単位で変わりません。

新基準で認定心理士資格を取得するための<基礎科目>の履修例(モデルケース)
~2014年度開講科目~

領域 認定基準 放送大学開講科目
科目名 認定単位数  
a領域
心理学
概論
4単位以上
(領域全体で基礎分野を満たすこと:知覚・認知・学習・記憶・言語・思考・人格・動機づけ・感情・発達・社会・行動など)
心理学概論(’12) 基本主題
(2単位)
 
教育心理学概論('14) 基本主題
(2単位)
この中から2単位分以上
心理学史('10) 副次主題
(1単位)
教育と心理の巨人たち('10) 副次主題
(1単位)
心理と教育を学ぶために('12) 副次主題
(1単位)
b領域
心理学
研究法
8単位以上
但し、最低4単位分はc領域の単位 (実験的方法で知覚や認知、社会など基本的な内容の課題を4つ以上含む計6課題以上、各課題について標準的レポートを作成していること)
心理統計法('11) 基本主題
(2単位)
 
心理学研究法('14) 基本主題
(2単位)
c領域
心理学
実験実習
心理学実験1 基本主題
(1単位)
 
心理学実験2 基本主題
(1単位)
心理学実験3 基本主題
(1単位)
心理検査法基礎実習(準備中)
※一部の学習センターで試験的に開講
※基本主題
(1単位)
この中から1単位分以上
臨床心理学実習A ※※副次主題
(0.5単位)
臨床心理学実習B ※※副次主題
(0.5単位)
  基礎科目小計 12単位以上

※ 新基準で申請する場合の認定単位です。

※※ 臨床心理学分野の実習科目には、c領域副次主題として認定されるものと、g領域基本主題として認定されるものがあります。「臨床心理学実習A」や「臨床心理学実習B」という科目名のものでも、授業内容によってはc領域副次主題と認定されないものもあります。一方で「臨床心理学実習A」や「臨床心理学実習B」という科目名以外の実習科目でも、c領域副次主題と認定されるものもありますので、年度別資格取得対応項目一覧で、c領域副次主題の科目であることを確認してください。

上記の履修例は基礎科目についてのものです。このほかに選択科目の5領域(d領域~h領域)で合計16単位以上、すべての領域(a領域~i領域)の総計で36単位以上の認定単位が必要です。
選択科目(d領域~h領域)やその他の科目(i領域)の認定要件は、新基準と旧基準でほとんど違いがありません。選択科目は5領域のうち3領域以上で、それぞれ少なくとも4単位以上の認定単位を修得してください。また、その4単位の中には必ず基本主題の単位を含めてください。

ここからカテゴリ内メニューです

放送大学とは close
  • 放送大学で学ぶ6つの魅力
  • どんな人が学んでいるの?
  • 学習方法は?
  • インターネットを活用した学び方
  • 大学院で学ぶ6つの魅力
目的別に探す open
  • 学位に関係なく、好きな科目だけ履修したい方
  • 大学を卒業したい方[学士号取得]
  • 大学院を修了したい方[修士号取得]
  • 心理学を学びたい方
  • キャリアアップしたい方[現職教員]
  • キャリアアップしたい方[看護師、准看護師]
  • 放送大学で目指せる資格
科目を探す close
  • 大学
  • 大学院(修士課程)
  • 大学院(博士後期課程)
  • 科目群履修認定制度(放送大学エキスパート)
学生の声 close

院内研修のないクリニックに勤務。学ぶことで、焦りや不安がなくなりました

情報収集を徹底し、受験準備わずか半年で大学院に合格

大学を卒業し、大学院へ進学。医療現場で、妊婦さんや家族の心を支えたい

学費(授業料、入学料) close
  • 大学
  • 大学院
ページの先頭へ