ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
  • 企業・学校関係者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 在学生の方へ

ここからサイト共通メニューです

ここから本文です

  • ホーム
  • 特集
  • ヒューマンコンピュータインタラクションの研究

研究室だよりVol.2 浅井紀久夫准教授(情報コース・情報学プログラム)
ヒューマンコンピュータインタラクションの研究

放送大学にある没入型VRシステム

ヒューマンコンピュータインタラクションを漢字で書けば、人間電脳相互作用となるでしょうか。こう書きますと、何か怪しい研究をしているような印象を受けますが、人間とコンピュータとの相互交流のやり方を探求する研究分野です。端的に表現すれば「使いやすいシステムを考える」となるのでしょうが、大きさや形状といった物理的側面だけではなく、人間の情報処理能力や知覚特性にも配慮したデザインにします。

実際に形にするものづくりに拘って研究を進めています。ものづくりには技やノウハウが詰まっており、作る人の心が宿ります。人間の行動を検出するセンサと、情報を人間に提示するマルチメディアとを巧みに組み合わせることにより、人間とコンピュータをつなぐもの(インタフェース)を作り、新しい価値を与えます。

写真は、放送大学に構築している没入型VR(バーチャルリアリティ)システムです。立体視映像と立体音響でユーザを囲い、あたかもそこにいるような感覚を提供します。こうしたシステムを複数、ネットワークでつないで、臨場感を伴った遠隔コミュニケーションの実現を目指しています。

これに関連し、現実世界に仮想物体を融合する拡張現実感にも興味を持っています。拡張現実感環境では、現実物体と一体化した情報の操作ができるようになるため、触知感覚を伴ったインタラクションが可能です。科学館展示などに応用することを念頭にシステム開発を行っています。

ここからカテゴリ内メニューです

放送大学とは close
  • 放送大学で学ぶ6つの魅力
  • どんな人が学んでいるの?
  • 学習方法は?
  • インターネットを活用した学び方
  • 大学院で学ぶ6つの魅力
目的別に探す open
  • 学位に関係なく、好きな科目だけ履修したい方
  • 大学を卒業したい方[学士号取得]
  • 大学院を修了したい方[修士号取得]
  • 心理学を学びたい方
  • キャリアアップしたい方[現職教員]
  • キャリアアップしたい方[看護師、准看護師]
  • 放送大学で目指せる資格
科目を探す close
  • 大学
  • 大学院(修士課程)
  • 大学院(博士後期課程)
  • 科目群履修認定制度(放送大学エキスパート)
学生の声 close

院内研修のないクリニックに勤務。学ぶことで、焦りや不安がなくなりました

情報収集を徹底し、受験準備わずか半年で大学院に合格

大学を卒業し、大学院へ進学。医療現場で、妊婦さんや家族の心を支えたい

学費(授業料、入学料) close
  • 大学
  • 大学院
ページの先頭へ