ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
  • 企業・学校関係者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 在学生の方へ

ここからサイト共通メニューです

ここから本文です

  • ホーム
  • 特集
  • 目は口ほどにものを言う?

研究室だよりVol.9 小川俊樹教授(心理と教育コース・臨床心理学プログラム)
目は口ほどにものを言う?

ゼミ風景

私の専門は臨床心理学ですが、特にどのような研究をと問われた場合、表題のように答えています。「目は口ほどにものを言う」とは、広辞苑によれば「情をこめた目つきは、口で話す以上に強く相手の心を捉える」という意味だそうですが、私の場合は口で話してくれなくても、見えたものが心を語ってくれるという意味です。

インクを垂らして出来上がったインクブロットを提示して、それをどのように見ているかから、その人の心理的特徴を理解しようとする心理アセスメントはインクのしみ検査と呼ばれて、世界中で数多く発表されています。その中でもスイスの精神科医ヘルマン・ロールシャッハによって作成されたインクブロットが国際的に広く用いられており、ロールシャッハ・テストと呼ばれています。このテストが最も採用されている理由は、作成されたインクブロットが適当にいくつかのものに見えるという多義性を十分に備えているからで、ある意味芸術作品と言えるのではないかと思います。

【学生の声】月に1回、M1とM2合同でアットホームな雰囲気のゼミが開かれています。1人で行き詰ることなく、新しい視点を得て研究を進めていくことができます。特に、入学1年目は先輩方の体験談を聴けたことで、修士課程2年間の見通しを持つことができ不安が和らぎました。

毎回ゼミの後は、小川先生を囲んで昼食をとりながら、さらに交流を深めています。私たちにとって、ゼミは大変なことも喜びも共有できる仲間に出会える場です。(M2一同)

ここからカテゴリ内メニューです

放送大学とは close
  • 放送大学で学ぶ6つの魅力
  • どんな人が学んでいるの?
  • 学習方法は?
  • インターネットを活用した学び方
  • 大学院で学ぶ6つの魅力
目的別に探す open
  • 学位に関係なく、好きな科目だけ履修したい方
  • 大学を卒業したい方[学士号取得]
  • 大学院を修了したい方[修士号取得]
  • 心理学を学びたい方
  • キャリアアップしたい方[現職教員]
  • キャリアアップしたい方[看護師、准看護師]
  • 放送大学で目指せる資格
科目を探す close
  • 大学
  • 大学院(修士課程)
  • 大学院(博士後期課程)
  • 科目群履修認定制度(放送大学エキスパート)
学生の声 close

院内研修のないクリニックに勤務。学ぶことで、焦りや不安がなくなりました

情報収集を徹底し、受験準備わずか半年で大学院に合格

大学を卒業し、大学院へ進学。医療現場で、妊婦さんや家族の心を支えたい

学費(授業料、入学料) close
  • 大学
  • 大学院
ページの先頭へ