ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
  • 企業・学校関係者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 在学生の方へ

ここからサイト共通メニューです

ここから本文です

研究室だよりVol.16 関根紀子准教授(生活と福祉コース・生活健康科学プログラム)
筋の謎に迫る

研究風景

サルコペニアやロコモティブシンドロームが話題となることが増え、健康な生活を送るための筋の役割が注目されるようになってきました。加齢や不活動によって筋が萎縮することは広く知られていますが、これまであまり注目されていなかった横隔膜の萎縮が私の現在の研究テーマです。

横隔膜は手足の筋と同じ骨格筋に分類されますが、不活動に対する応答は随分異なっていて、あっという間に萎縮が進みます。たとえば、ギプス固定やベッドレストなどにより、脚の筋は1週間から10日ほどで萎縮します。ところが横隔膜は、人工呼吸器の使用などにより12時間で萎縮してしまいます。横隔膜が萎縮してしまうと人工呼吸器を外すことが困難になり、その後の生活の質を著しく低下させることになってしまいます。
これは、事故や病気から命を救うために使用した人工呼吸器が、その後の生活に影を落としてしまうことを意味します。なぜ横隔膜の萎縮はこんなにも速く進むのか、そのメカニズムを明らかにしたいと考えています。

私の専門分野である運動生理学では、トレーニングだけでなく、不活動に対するからだの応答も重要な研究テーマです。私の主な研究手法は実験動物を用いるもので、ゼミ生に同じような研究手法やテーマに取り組んでいる人はいませんが、「からだ」「健康」「運動」を主なキーワードとして、みなさん様々な角度から熱心に研究に取り組んでいます。いわゆる体育の研究室のイメージとは違うと思いますが、楽しいものです。

ここからカテゴリ内メニューです

放送大学とは close
  • 放送大学で学ぶ6つの魅力
  • どんな人が学んでいるの?
  • 学習方法は?
  • インターネットを活用した学び方
  • 大学院で学ぶ6つの魅力
目的別に探す open
  • 学位に関係なく、好きな科目だけ履修したい方
  • 大学を卒業したい方[学士号取得]
  • 大学院を修了したい方[修士号取得]
  • 心理学を学びたい方
  • キャリアアップしたい方[現職教員]
  • キャリアアップしたい方[看護師、准看護師]
  • 放送大学で目指せる資格
科目を探す close
  • 大学
  • 大学院(修士課程)
  • 大学院(博士後期課程)
  • 科目群履修認定制度(放送大学エキスパート)
学生の声 close

院内研修のないクリニックに勤務。学ぶことで、焦りや不安がなくなりました

情報収集を徹底し、受験準備わずか半年で大学院に合格

大学を卒業し、大学院へ進学。医療現場で、妊婦さんや家族の心を支えたい

学費(授業料、入学料) close
  • 大学
  • 大学院
ページの先頭へ