ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
  • 企業・学校関係者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 在学生の方へ

ここからサイト共通メニューです

ここから本文です

  • ホーム
  • 特集
  • 良いところ探しの教育・研究をめざして

研究室だよりVol.19 戸ヶ里泰典准教授(生活と福祉コース・生活健康科学プログラム)
良いところ探しの教育・研究をめざして

大学院ゼミのメンバーと

患者・障害者におけるQuality of Life(QOL:生存・生活・人生の質)とその向上・支援のありかた、医療・看護・福祉系専門支援サービスの質の向上、などが共通のテーマです。除去すべきネガティブな問題を同定するだけではなく、増進・向上させるべきポジティブな要素を探るサルートジェニックアプローチで研究を進めることも共通しています。

研究テーマには「脳卒中患者の生活の再構築とストレス関連成長」「ソーシャルマーケティングを活用した子宮頸がん検診受診率向上プログラムの評価」「RIASによる理学療法士‐患者コミュニケーションの特徴」「慢性疲労症候群患者のQOL」などが挙げられます。研究方法論としては、社会調査方法論や疫学調査方法論を用いています。2か月に1度全員参加の研究指導に関するゼミのほか、定期的に方法論の学習会、論文抄読会を開催しています。テーマも背景も一見バラバラですが院生同士は仲が良く競いつつ助け合いつつ研究を行っています。

【学生の声】
私は精神科病棟の看護師をしており、研究テーマは「精神科急性期病棟看護師における心理社会的労働職場特性」です。戸ヶ里先生のゼミに入門(?)し、研究の奥深さに初めて気付きました。ゼミでは指導担当教員の横山先生をはじめ、同期や後輩の院生、OB、OGの方達、TAの先生方とご一緒し、遠方の院生はweb会議で参加し、研究内容や方法論について議論してきました。様々な方達より多様な視点の意見を頂き、毎回発見と驚きの連続です。厳しい意見もありますが、全員が議論しあえて笑いあえる雰囲気です。ゼミの後の懇親会も楽しみの一つです。戸ヶ里先生のゼミで学べているのは人生の大きな収穫です。(小杉英之)

ここからカテゴリ内メニューです

放送大学とは close
  • 放送大学で学ぶ6つの魅力
  • どんな人が学んでいるの?
  • 学習方法は?
  • インターネットを活用した学び方
  • 大学院で学ぶ6つの魅力
目的別に探す open
  • 学位に関係なく、好きな科目だけ履修したい方
  • 大学を卒業したい方[学士号取得]
  • 大学院を修了したい方[修士号取得]
  • 心理学を学びたい方
  • キャリアアップしたい方[現職教員]
  • キャリアアップしたい方[看護師、准看護師]
  • 放送大学で目指せる資格
科目を探す close
  • 大学
  • 大学院(修士課程)
  • 大学院(博士後期課程)
  • 科目群履修認定制度(放送大学エキスパート)
学生の声 close

院内研修のないクリニックに勤務。学ぶことで、焦りや不安がなくなりました

情報収集を徹底し、受験準備わずか半年で大学院に合格

大学を卒業し、大学院へ進学。医療現場で、妊婦さんや家族の心を支えたい

学費(授業料、入学料) close
  • 大学
  • 大学院
ページの先頭へ