ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
  • 企業・学校関係者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 在学生の方へ

ここからサイト共通メニューです

ここから本文です

  • ホーム
  • 特集
  • 人やコミュニティを支援するICTの利用

研究室だよりVol.21 芝崎順司准教授(情報コース・情報学プログラム)
人やコミュニティを支援するICTの利用

大学院修士ゼミ終了後に学生さんたちとともに

私は教育・研究用のWeb アンケートシステムである、リアルタイム評価支援システム(REAS、リアスと呼んでいます)を開発し、提供しています。

2015年10月現在、アンケートの作成者である登録ユーザは大学の教員を中心に6,300人、作成調査票は41,000件、のべ回答者数は110万人をそれぞれ超えて利用されています。REASは通常のアンケート調査にもよく利用されていますが、日本の高等教育において従来消極的だった、対面や遠隔の授業や利用教材に対する学習者による応答データの収集と集計表示を日常的に簡便に行えるようにし、教育活動における評価活動やコミュニケーション活動を活性化させることを願って提供しています。また発展的に映像教材のような一方向的な情報に対する視聴中の学習者の応答反応を収集、集計、可視化し、学習者にフィードバックするシステムに関する研究をしています。

大学院の修士の学生さんに対しては、私自身の研究にこだわらず、ご自身のやりたい研究を進めていくことを支援しています。現在の学生さんの研究は、語学学習のオンラインコミュニティに関する研究、ICTを利用した防災、減災についての研究、大学生のICT活用能力育成に関する研究、企業におけるICT環境活用の研究、小型航空機搭載電子機器の点検支援ツールに関する研究などです。一見バラバラに見えますが、人やコミュニティを支援するICTの利用に焦点をあてた研究をしています。

ここからカテゴリ内メニューです

放送大学とは close
  • 放送大学で学ぶ6つの魅力
  • どんな人が学んでいるの?
  • 学習方法は?
  • インターネットを活用した学び方
  • 大学院で学ぶ6つの魅力
目的別に探す open
  • 学位に関係なく、好きな科目だけ履修したい方
  • 大学を卒業したい方[学士号取得]
  • 大学院を修了したい方[修士号取得]
  • 心理学を学びたい方
  • キャリアアップしたい方[現職教員]
  • キャリアアップしたい方[看護師、准看護師]
  • 放送大学で目指せる資格
科目を探す close
  • 大学
  • 大学院(修士課程)
  • 大学院(博士後期課程)
  • 科目群履修認定制度(放送大学エキスパート)
学生の声 close

院内研修のないクリニックに勤務。学ぶことで、焦りや不安がなくなりました

情報収集を徹底し、受験準備わずか半年で大学院に合格

大学を卒業し、大学院へ進学。医療現場で、妊婦さんや家族の心を支えたい

学費(授業料、入学料) close
  • 大学
  • 大学院
ページの先頭へ