ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
  • 企業・学校関係者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 在学生の方へ

ここからサイト共通メニューです

ここから本文です

  • ホーム
  • 学生の声
  • 経営理論を学び、7年で卒業。困難があっても、学ぶことで道は開ける

経営理論を学び、7年で卒業。困難があっても、学ぶことで道は開ける教養学部 全科履修生会社経営 白須さん教養学部 社会と産業コース卒業(全科履修生)高校卒業後、アメリカ放浪、飲食店勤務などを経て、プリント基板のパターン設計などを手がける会社に就職。執行役員に抜擢される。2007年4月に全科履修生として入学。13年3月、独立してアートワーク株式会社を設立。14年3月に教養学部を卒業。

─入学の動機を教えてください。

起業する前に勤務していた会社の社長が放送大学の卒業生で、以前から勧められていたのです。 でも、「僕は高卒でのし上がります」と宣言し、入学しなかった。ですが、経営にかかわる執行役員という立場になったとき、大卒や大学院卒の部下を率いて会社の舵取りをしていくには、やはり大学で最新の経営学を学ぶ必要があると気づいたのです。僕の判断が、会社や社員の人生に影響を及ぼしかねないですから。

─仕事との両立で、悩んだり困ったりしたことはありませんでしたか?

社長からアドバイスを受けていたので、戸惑いはありませんでした。「最初から無理して飛ばしすぎるなよ。そのうち“勉強筋肉”がついくるから、その後で科目数を増やしていけばいい」と言われ、まずは易しそうな2、3科目からスタート。仕事があるので、進み方は一般の大学生の半分くらいと考え、4年制大学の2倍にあたる8年での卒業を目標にしました。5年目くらいにやる気の火がつき、実際には7年で卒業。間に1年間休学しているので、正味6年ですね。自分でもよくやってきたと思います。

─やる気に火がついたとは?

仕事の都合で1年間勉強を休み、再開した頃のことです。言葉を覚えるときと同じで、バラバラに蓄積してきた知識が、頭の中で一気につながったような感覚があったのです。すると、学ぶことがどんどん楽しくなってきて。得た知識を実戦に応用できるようにもなりました。

─例えば、どのような場面で?

労働災害の経験則の一つに、ハインリッヒの法則といって、「1つの重大事故の背後には29の小さな事故があり、その背景には300のヒヤリミスがある」というものがあります。社内でプリント基板のミスが出たとき、以前はその場の対応だけで済ませていたのですが、現在は違います。その奥に小さなミスが潜んでいるはずだと考え、現場の人に突っ込んで話を聞き、不具合を起こさない対策をとることができるようになりました。

─そして、いよいよ卒業ですね。これからの夢や目標を教えてください。

卒業を前に起業し、自分の会社を経営する立場になりました。これまでに得た知識を、お客さまや会社、そして社会のために使っていきたいですね。将来は、MBA(経営学修士)の学位取得も視野に入れています。僕は、母子家庭で育ち、色覚異常の障がいのために夢だった料理人への道を断たれ、高卒で社会に出ました。でも、勉強することで、いくらでも上にいける。そのことを僕自身が証明し、悩みを抱えている人たちに、「大丈夫、あきらめないで」というメッセージを伝えていきたいです。

入学検討中の方へ

ビジネスの世界で闘う中で、机上の学問など意味がないと思っていた時期もありました。
でも今は、理論や知識を得ることの意義を実感しています。学ぶ喜びを、皆さんもぜひ味わってください。

白須さんの学習スタイル

人間や動物の頭が最も冴えるといわれる朝8時前後に学習。その前に入浴と朝食を済ませ、体を目覚めさせます。
仕事の後や休日には、ランニングマシンなどで体を動かしながら印刷教材を読んでいます。

ある1日スケジュール

  • 6:30起床 → 入浴、朝食
  • 7:45 - 8:15録画した番組を1.5倍速で視聴
  • 8:30 - 20:00仕事 → 夕食、リラックス
  • 22:00 - 23:00半身浴をしながら印刷教材を読む
  • 0:00就寝

白須さんのおすすめ授業科目

問題解決の進め方
さまざまな技法を学ぶことができ、素晴らしかったです。
仕事だけでなく、人間関係や恋愛など、あらゆるトラブルに使える内容です。
近現代史のなかの横浜 *面接授業
横浜にかかわる外国人の知られざるエピソードなどを通じて歴史を学びます。
出身地なので興味深く、世界の中の日本を実感できました。

入学案内

資料請求 (無料)大学案内や授業科目案内を無料で郵送 インターネット出願インターネットからも出願可能

電話でのお問い合わせ043-276-5111受付時間 平日/9:00~18:00 土曜日/9:00~13:00

ここからカテゴリ内メニューです

放送大学とは close
  • 放送大学で学ぶ6つの魅力
  • どんな人が学んでいるの?
  • 学習方法は?
  • インターネットを活用した学び方
  • 大学院で学ぶ6つの魅力
目的別に探す open
  • 学位に関係なく、好きな科目だけ履修したい方
  • 大学を卒業したい方[学士号取得]
  • 大学院を修了したい方[修士号取得]
  • 心理学を学びたい方
  • キャリアアップしたい方[現職教員]
  • キャリアアップしたい方[看護師、准看護師]
  • 放送大学で目指せる資格
科目を探す close
  • 大学
  • 大学院(修士課程)
  • 大学院(博士後期課程)
  • 科目群履修認定制度(放送大学エキスパート)
学生の声 close

院内研修のないクリニックに勤務。学ぶことで、焦りや不安がなくなりました

情報収集を徹底し、受験準備わずか半年で大学院に合格

大学を卒業し、大学院へ進学。医療現場で、妊婦さんや家族の心を支えたい

学費(授業料、入学料) close
  • 大学
  • 大学院
ページの先頭へ