経営学入門(’12)

主任講師: 小倉 行雄、齊藤 毅憲

①初学者が興味をもって楽しく経営学を学べるような工夫に努める。②経営学の基本的な概念をわかりやすく具体的に説く。③経営学の全体像をつかむことで企業活動の理解度を増す。これにより、現代社会と企業に関する自分なりの把握の一助にする。  検討中リストに追加

各回のテーマと放送内容

※テーマをクリックすると授業内容が表示されます。

第1回 経営学を大きくつかむ
経営学を大きく4つの側面からとらえることで、今日的な企業活動に関する一貫性ある説明を試みる。
担当講師: 小倉 行雄 (放送大学客員教授)
第2回 経営学の方法と考え方の理解を深める
経営学史を振り返ることと、経済学との比較により、経営学の方法や考え方の特徴を浮かび上がらせる。
担当講師: 小倉 行雄 (放送大学客員教授)
第3回 企業の理解
企業の機能を知るとともに、企業の分類や今日的にみた企業の意味について解説する。
担当講師: 齊藤 毅憲 (横浜市立大学名誉教授)
第4回 企業の内部構造
個別企業の内部構造を明らかにする。所有(出資)、経営、労働、組織などをキーワードにして、小規模企業と大企業の内部構造のちがいを認識したい。
担当講師: 齊藤 毅憲 (横浜市立大学名誉教授)
第5回 経営者の役割とコーポレート・ガバナンス
経営者の役割と専門経営者の増大。会社の内外に納得できるコーポレート・ガバナンスづくりとはどのようなものか。
担当講師: 齊藤 毅憲 (横浜市立大学名誉教授)
第6回 環境変化と企業の対応
今日の経営における環境変化の持つ意味と、環境変化に対応する経営について理解する。
担当講師: 齊藤 毅憲 (横浜市立大学名誉教授)
第7回 企業経営と経営理念
現代経営においてなぜ経営理念が重視されるのか。
担当講師: 齊藤 毅憲 (横浜市立大学名誉教授)
第8回 経営戦略とは何か
経営戦略とはどのようなものか。戦略の基本的構成要素、戦略の策定方法について検討し、経営戦略のこれからのあり方についても考察を加える。
担当講師: 小倉 行雄 (放送大学客員教授)
第9回 事業システムの理解
事業システムとは何か。事業システムはどう位置づけられてきたか。事業システムを構成する要素は何か。事業システムは全体としてどう調整されるか。事業システムの優劣評価や再構築の問題を検討する。
担当講師: 佐藤 善信 (関西学院大学大学院教授)
第10回 マーケティングの理解
マーケティングの基本を理解する。現代社会においては、なぜマーケティングの重要性が増すのか。マーケティングの手法にはどのようなものがあるか。
担当講師: 佐藤 善信 (関西学院大学大学院教授)
第11回 企業組織をどうつくるか
企業組織の基本構造や組織設計の基本原則とは、どのようなものか。企業の発展と大規模化に伴い、組織形態にどのような変化が出てきたか。主な組織形態をとりあげて解説する。
担当講師: 原田 順子 (放送大学教授)
第12回 組織のなかで人を動かす
組織において人材は重要な要素である。組織と人材の関わりについて学習する。人材に関する議論のなかから、日本企業における内部人材の重視、キャリア開発に焦点をあてて解説する。
担当講師: 原田 順子 (放送大学教授)
第13回 財務・会計の役割を理解する
経営における財務・会計の基本的役割について理解する。企業の成績表と呼ばれる財務諸表には何があるか。どのような内容になっているのかについて学習する。また、財務諸表を分析する手法を紹介する。
担当講師: 齋藤 正章 (放送大学准教授)
第14回 企業評価
財務情報を企業評価に生かす。企業財務からみた企業の目的を理解し、企業価値評価の手法を学ぶ。また、企業価値を高めるための活動について検討する。
担当講師: 齋藤 正章 (放送大学准教授)
第15回 企業の変化と新しい経営学
持続可能性という観点から新しい経営学のあるべき方向性を探る。自治体経営や非営利組織の経営の問題についても検討する。
担当講師: 齋藤 正章 (放送大学准教授)

放送メディア:

ラジオ

放送時間:


2017年度 [第1学期] (日曜)
19時00分〜19時45分
2016年度 [第2学期] (金曜)
19時00分〜19時45分

単位認定試験 試験日・時限:

2017年度 [第1学期]
2017年7月26日 (水曜)
2時限 (10時25分~11時15分)

単位認定試験 試験日・時限:

2016年度 [第2学期]
2017年1月29日 (日曜)
1時限 (9時15分~10時05分)

開設年度:

2012年度

科目区分:

共通科目

科目コード:

1128280

単位数:

2単位
このページの先頭へ