人体の構造と機能(’12)

主任講師: 大和谷 厚、佐伯 由香

日常生活を営むうえで、人体がどのような構造を持ち機能しているかについて理解し、疾病によって人体が受ける構造と機能の変化を学習するための基礎とする。 検討中リストに追加

各回のテーマと放送内容

※テーマをクリックすると授業内容が表示されます。

第1回 人体の基本構造と機能
人体を構成する最小単位である細胞の構造と機能について理解 し、細胞が集って組織、器官、器官系を形成してできる人体の基本構造を概説する。また、人体の基礎的機能を植物機能と動物機能に分けて説明する。
担当講師: 大和谷 厚 (大阪大学名誉教授)
第2回 恒常性の維持
多数の細胞からなる生体は細胞間で情報交換し、生命活動を行うのに最適な内部環境を整え、この恒常性を維持している。このことを体液の組成と量および体温の調節から説明する。また、生命活動には様々な周期での規則的な変動がありこの生体リズムについても解説する。
担当講師: 彼末 一之 (早稲田大学教授)
第3回 栄養と代謝
内部環境を維持し生命活動を営むため、私たちは外界より栄養素を取り入れ、人体にとって必要なものに代謝し、そして不必要なものを分解し外界へ排泄している。個々の栄養素について、この過程を説明する。
担当講師: 大和谷 厚 (大阪大学名誉教授)
第4回 生体の防御機構:免疫
自己と非自己を区別し、認識した非自己を排除するしくみが免疫である。免疫により外部からの病原微生物などから体を守る一方、アレルギー反応や自己免疫疾患など生体に不都合な状況を作り出してしまうこともある。この免疫のしくみについて解説する。
担当講師: 佐伯 由香 (愛媛大学大学院教授)
第5回 神経系の構成と機能
私たちの体の内外からの情報を集め、それを処理し、身体の機能をコントロールする神経系について、その構造と機能、情報伝達のしくみについて説明する。
担当講師: 彼末 一之 (早稲田大学教授)
第6回 内分泌系のしくみと働き
内分泌臓器はそれぞれの特有のホルモンを合成し分泌して、内部環境の調節を神経系とともに担っている。これらのホルモンには、どのような種類があり、どのようなしくみで作用し、生命活動を調節しているかについて解説する。
担当講師: 内田 さえ (東京都健康長寿医療センター研究員)
第7回 血液の組成と機能
体中を流れ、物質や熱の運搬、内部環境の維持、感染防御、止血などの機能を持つ血液について、その成分と機能を解説し、また、血液型の概略と輸血について説明する。
担当講師: 大和谷 厚 (大阪大学名誉教授)
第8回 循環器系(1):心臓の構造と機能
循環器系の中心である心臓について、その構造、発生と心奇形、心筋収縮のメカニズムとその調節機構、そして、心臓を栄養する冠循環系について解説する。
担当講師: 佐伯 由香 (愛媛大学大学院教授)
第9回 循環器系(2):血管系とリンパ系の構造と機能
心臓から送り出された血液は、血管の中を流れ、全身を灌流したのち心臓に戻ってくる。この血管の種類、構造、機能について説明し、個々の血管系、胎児期の循環、血圧の調節について解説する。また、組織液の循環を司るリンパ系についても解説する。
担当講師: 彼末 一之 (早稲田大学教授)
第10回 呼吸器系の構成と機能
細胞での物質代謝やエネルギー代謝に不可欠な酸素を取り入れ、生じた二酸化炭素を排出する呼吸器系について、その構成と機能、呼吸運動の調節について解説する。また、声帯での発声機構についても説明する。
担当講師: 佐伯 由香 (愛媛大学大学院教授)
第11回 消化器系の構成と機能
食物を摂取し、消化し、栄養素を吸収するための全長9mに達する消化管と、その消化吸収に関わる付属器官としての肝臓、胆嚢、膵臓について、構造と機能を説明する。また、咀嚼、嚥下、排便についても解説する。
担当講師: 内田 さえ (東京都健康長寿医療センター研究員)
第12回 尿の生成と排尿:泌尿器系の構成と機能
腎臓で生成された尿は、尿管を経て膀胱に溜め、尿道から排尿する。この泌尿器の構造、尿生成のメカニズム、蓄尿と排尿の調節機構について解説する。
担当講師: 佐伯 由香 (愛媛大学大学院教授)
第13回 運動器系の構成と運動のしくみ
骨格と骨格筋、関節の形態と構造、筋収縮の分子機構、そして姿勢や運動の制御のしくみについて解説する。
担当講師: 彼末 一之 (早稲田大学教授)
第14回 感覚器系の構造と機能
体の外の光、音、温度、圧力、重力や化学物質、あるいは体の中の運動感覚や臓器感覚(尿意、満腹感、内臓痛など)を認識している感覚器系について、構造とそれぞれの感覚の認識のしくみについて解説する。
担当講師: 大和谷 厚 (大阪大学名誉教授)
第15回 生殖と老化
新しい個体を生み出す生殖について、その機能を担う生殖器の構造と働き、受精から分娩に至る経過について説明する。さらに、誕生した個体の成長と加齢による変化、そして寿命と死についても解説する。
担当講師: 内田 さえ (東京都健康長寿医療センター研究員)

放送メディア:

テレビ

放送時間:


2017年度 [第1学期] (月曜)
13時45分〜14時30分
2016年度 [第2学期] (金曜)
18時15分〜19時00分

単位認定試験 試験日・時限:

2017年度 [第1学期]
2017年7月25日 (火曜)
8時限 (17時55分~18時45分)

単位認定試験 試験日・時限:

2016年度 [第2学期]
2017年1月28日 (土曜)
4時限 (13時15分~14時05分)

開設年度:

2012年度

科目区分:

共通科目

科目コード:

1234080

単位数:

2単位
このページの先頭へ