新しい時代の技術者倫理(’15)

主任講師: 札野 順

1. 科学技術の発展に伴い、人間の「行為」の領域が拡大したので、技術を実践する「行為者」である技術者には、新しい「倫理」が必要であることを認識する。 2. 科学技術が、社会や環境に与える影響の範囲と大きさを説明できる。 3. 技術者の専門職としての倫理と責任について、その歴史的・社会的背景も含めて理解する。 4. 企業などの組織の社会的責任とそこでの技術者の役割について理解する。 5. 技術を実践する上で、技術者が直面する可能性のある倫理的問題を認識できる。 6. 倫理的問題を解決し、優れた判断を行う手法について理解すると共に、それらの手法を種々の事例に適用できる。 7. 新しい時代の技術者に求められる態度と共有すべき価値を理解し、共感できる。 検討中リストに追加

各回のテーマと放送内容

※テーマをクリックすると授業内容が表示されます。

第1回 新しい時代の技術者倫理とは何か
1.「新しい時代」とは-東日本大震災後の科学技術と社会
2. 科目概要と本科目の学習・教育目標
3. 技術者倫理の定義の説明
4. 科学技術と価値-技術者倫理の特殊性- 
5. 予防倫理と志向倫理 
6.「幸せ」を目指す技術者倫理
担当講師: 札野 順 (東京工業大学教授)
第2回 技術者が意思決定を迫られる状況とは(1)
1. 技術者倫理におけるケース(事例)の重要性
2. スペースシャトル・チャレンジャー事故の概要
3.技術者にとっての安全-ボジョレーの葛藤-
4. 倫理的問題-対立する価値-
担当講師: 札野 順 (東京工業大学教授)
第3回 技術者が意思決定を迫られる状況とは(2)
1. ステークホルダーと価値
2. 本事例を、技術者倫理の4つのレベル(メタ・マクロ・メゾ・ミクロ)と技術者倫理の必要性
3. チャレンジャー事故を4つのレベルで考える
担当講師: 札野 順 (東京工業大学教授) 栃内 文彦 (金沢工業大学准教授)
第4回 科学技術と社会・環境
1. 科学技術が人間社会に与える影響に関する考察
2.「未来はわれわれを必要としているか」
3. 21世紀にエンジニアが解決すべき重要課題と志向倫理
担当講師: 札野 順 (東京工業大学教授)
第5回 新しい時代の技術者とは何か -その資質と能力-
1. 新しい技術者像と技術者教育
2.技術者倫理教育
担当講師: 札野 順 (東京工業大学教授) 夏目 賢一 (金沢工業大学准教授)
第6回 技術者としての行動設計(1)
1. 技術者が直面しうる倫理問題
2. 倫理的思考の特徴
3. 代表的な倫理学理論
担当講師: 金光 秀和 (金沢工業大学准教授) ゲスト:西村 秀雄(金沢工業大学教授)
第7回 技術者としての行動設計(2) -技術者が重視すべき価値-
1. プロフェッションと倫理綱領
2. 倫理綱領の機能
3. 倫理綱領の歴史
4. 倫理問題と設計問題のアナロジー
5. 価値を共有するための倫理プログラム
担当講師: 金光 秀和 (金沢工業大学准教授) ゲスト:西村 秀雄(金沢工業大学教授)
第8回 技術者としての行動設計(3) -倫理的意思決定の方法-
1. セブン・ステップ・ガイド
2.倫理的問題解決のための手法(エシックス・テストとセブン・ステップ・ガイドなど)
3.事例を使った検討
担当講師: 札野 順 (東京工業大学教授) 金光 秀和 (金沢工業大学准教授)
第9回 技術者の責任 -優れた意思決定がもたらすもの-
1. 技術者が特別の責任を持つ理由
2. 優れた意思決定がもたらすもの
担当講師: 札野 順 (東京工業大学教授)
第10回 組織の中でいかに行動すべきか(1)
1. ケース・メソッドによる学習
2. 組織の中の技術者
3. 公益通報が倫理的に許される条件
4. 公益通報をめぐる諸問題
担当講師: 札野 順 (東京工業大学教授) 栃内 文彦 (金沢工業大学准教授)
第11回 技術者とISO26000「Guidance on Social Responsibility(社会的責任に関する手引き)」について
1. ISO26000とは
2. ISO26000の構成
3. 社会的責任の基本を理解する
4. 社会的責任の中核問題を理解する
5.社会的責任を組織に取り込む
担当講師: 札野 順 (東京工業大学教授) 岡部 幸徳 (金沢工業大学准教授)
第12回 組織の中でいかに行動すべきか(1) -企業の社会的責任と倫理-
1. 事例1 : パナソニックグループにおけるグローバル・コンプライアンスの推進
2. 事例2 : アデランス社「事業と一体化した戦略的CSR活動」
担当講師: 札野 順 (東京工業大学教授) 岡部 幸徳 (金沢工業大学准教授)
第13回 東日本大震災後の社会における技術者の新しい役割
1. 東日本大震災の教訓
2.技術に関連するリスクの不確実性とその客観的評価の限界
3.社会的合意形成を求めて-技術者の責任と役割の拡大-
担当講師: 札野 順 (東京工業大学教授)
第14回 責任ある研究活動とは何か
1.研究倫理の事件簿
2.責任ある研究活動とは何か
3.責任ある研究活動を促進するためには
担当講師: 札野 順 (東京工業大学教授) 栃内 文彦 (金沢工業大学准教授)
第15回 社会のなかの、社会のための技術者 -「幸せ」をもたらす技術者倫理-
1.「 新しい時代」-再考-
2. 社会の「福利」を最優先する技術者
3. 「幸せ」なPhilosopher-Engineerを目指して
担当講師: 札野 順 (東京工業大学教授)

放送メディア:

テレビ

放送時間:


2017年度 [第1学期] (日曜)
22時15分〜23時00分
2016年度 [第2学期] (木曜)
10時30分〜11時15分

単位認定試験 試験日・時限:

2017年度 [第1学期]
2017年7月23日 (日曜)
3時限 (11時35分~12時25分)

単位認定試験 試験日・時限:

2016年度 [第2学期]
2017年1月22日 (日曜)
1時限 (9時15分~10時05分)

開設年度:

2015年度

科目区分:

基礎科目

科目コード:

1234277

単位数:

2単位
このページの先頭へ