障がいのある生活を支援する(’13)

主任講師: 朝日 雅也、吉川 雅博

障がい者と接したことがない健常者が多い。また、障がいを自分とは関係ない他人事と理解している人も多いが、実際は後天的に障がい者になることが多い。障がい者を知る人は少ない。共生社会を実現するためにも、障がい者を身近なものとして理解し、先入観をなくして積極的に接することが重要である。健常者が障がい者を、障がいのあるひとりの人間として理解する意識と障がい者を特別視しない意識をもち、健常者がもつ誤解や偏見をなくすことを本講義の目標とする。 検討中リストに追加

各回のテーマと放送内容

※テーマをクリックすると授業内容が表示されます。

第1回 障がいのある人
障がい者と接したことがない健常者は多く、接したことがないために障がい者を知らない。健常者を上回る運動能力をもつ障がい者スポーツ選手、意思を確認することも困難な重症心身障害児者、ろう、犯罪を繰り返さざるを得ない累犯障害者を取り上げ、障がい者の多様性を理解する。
担当講師: 吉川 雅博 (愛知県立大学教授)
第2回 障がいをめぐる思想の展開
障がいをめぐる思想は時代ともに変わってきた。実践を支える思想は生活を支援するうえで重要であり、また制度や政策を理解するためにも必要となる。障がいをめぐる思想として、基本的人権、優生思想、ノーマライゼーション、リハビリテーション、自立思想、エンパワメントなどを取り上げる。
担当講師: 吉川 雅博 (愛知県立大学教授)
第3回 障がいの概念
「障がい」という状態が環境との関係でより困難になったり、軽減したりすることを世界保健機関の「国際生活機能分類」(ICF)を手がかりに理解する。同時に、医学的な問題を社会的な不利益にしないための働きかけを学ぶ。
担当講師: 朝日 雅也 (埼玉県立大学教授)
第4回 制度の歴史的発展
第二次大戦後の日本における制度の歩みを、障害者福祉政策とそれに関連する施策について学習する。第1章~第3章を踏まえて、日本の法律の制定過程と人権思想の関係について触れておくこととしよう。
担当講師: 大曽根 寛 (放送大学教授)
第5回 障がいとリハビリテーション
リハビリテーションの発展や本質を押さえながら、医学、社会、職業、教育といった多面的な実践を理解する。同時に、それが医療機関や施設のみではない、地域リハビリテーションとして展開されることの意義を学ぶ。
担当講師: 朝日 雅也 (埼玉県立大学教授)
第6回 エンパワメント
障がい当事者が支援を受けるという受け身の問題解決だけでなく、本人が問題解決能力をつけていくことは重要である。言語の運用が困難である在宅失語症者の社会参加の現状と課題からエンパワメンについて考える。
担当講師: 吉川 雅博 (愛知県立大学教授)
第7回 雇用と就労の制度
一般企業に対する障害者雇用政策、就労支援、福祉的就労施設に対する労働法の適用に関する検討も行う。障害者の雇用政策については、雇用率制度や福祉的な就労施設に対する労働法の適用については、諸外国の動向を踏まえて学ぶ。雇用と就労の制度の現在と今後を考える。
担当講師: 高橋 賢司 (立正大学准教授)
第8回 雇用と就労の実践
今日の障がい者就労支援は、当事者を取り巻く周囲の環境の改善や生活支援の一体的提供が特徴である。そこで、ジョブコーチ支援と障害者就業・生活支援センターでの取り組みに焦点をあて、その実際や課題を考えていく。
担当講師: 朝日 雅也 (埼玉県立大学教授)
第9回 生活支援を担う人々
障がいのある方への生活支援には、当事者、医療職、介護職、相談支援の専門職、民生委員、ボランティアなどと多様な立場の人々が関わっている。ここでは、どのような人々が、どのような役割をもっているかを知り、担い手の教育や養成のあり方について理解を深める。
担当講師: 大曽根 寛 (放送大学教授)
第10回 障がいのある人の住まいと移動
障がいのある人の「住まい」に関する権利は、十分な保障がなされてきたとは言い難い。また、移動の機会や手段が保障されなければ社会参加は実現困難である。地域生活を実現するための要となる住まいと移動について考える。
担当講師: 朝日 雅也 (埼玉県立大学教授)
第11回 個別支援計画Ⅰ
個別支援計画は、制度的にも実践的にも重要視されている。しかしその概念や意義が不明確で、作成方法が確立しておらず、実践を展開する現場職員に混乱を来たしている。実効性のある個別支援計画を作成するための基本的な考え方とアセスメントの実際を学ぼう。
担当講師: 沖倉 智美 (大正大学准教授)
第12回 個別支援計画Ⅱ
個別支援計画の基盤となるアセスメントができても、計画化の方法を誤ると当事者の意向を踏まえた計画は成立しない。また計画の実施にあたっては地域に存在する多様な社会資源との連携は必須であり、それらを開発、強化する地域自立支援協議会の役割に関する理解を深めよう。
担当講師: 沖倉 智美 (大正大学准教授)
第13回 権利擁護
自己決定を支援する際には、セルフアドボカシーとエンパワメントが重要となる。自らの力で権利主張できるようにその人がもともと有している力を引き出す支援をすることである。こうした目的の下に利用されるべき、成年後見制度、日常生活自立支援事業など権利擁護にかかわる法制度について検討する。
担当講師: 高橋 賢司 (立正大学准教授)
第14回 障害者権利条約
2008年の国連の障害者権利条約は、障がいのある人の雇用、教育、法的能力、司法、手話・コミュニケーションなど多岐にわたる問題に関わる条約である。このため、日本でも様々な面での法改正が必要とされる。その意味で、同条約は障がいのある人の生活をめぐる今後のルールの指針になるようなものである。同条約の経緯と内容を概観し、今後の視座を探る。
担当講師: 高橋 賢司 (立正大学准教授)
第15回 共生社会の実現に向けて
共生社会の実現に向け、障害者基本法が改正され、障害者虐待防止法が施行され、差別禁止条例が制定されている。法律などが「絵に描いた餅」にならないためにはどうしたらよいのかについて考える。
担当講師: 講師全員による座談会

放送メディア:

テレビ

放送時間:


2016年度 [第2学期] (水曜)
17時30分〜18時15分

単位認定試験 試験日・時限:

2016年度 [第2学期]
2017年1月28日 (土曜)
6時限 (15時35分~16時25分)

開設年度:

2013年度

科目区分:

専門科目

科目コード:

1518860

単位数:

2単位
このページの先頭へ