少子社会の子ども家庭福祉(’15)

主任講師: 山縣 文治

社会福祉は、すべての人が生きていく上で必ず利用する制度やサービスです。できるだけ身近なものを紹介しつつ講義を展開していく予定です。受講生の方も、子ども時代に自分自身が身近に経験した状況を思い出し、そこにどのような福祉制度が関係していたのかを実感してください。 検討中リストに追加

各回のテーマと放送内容

※テーマをクリックすると授業内容が表示されます。

第1回 現代社会の特徴と子ども家庭福祉問題
本章では、今日の子どもが置かれている状況を、人口構造、社会生活など、多様な側面から解説し、子ども家庭福祉を学習する意義について確認します。
担当講師: 山縣 文治 (関西大学教授)
第2回 子ども家庭福祉の基本的枠組みと理念
本章では、まず、子ども家庭福祉のとらえ方、基本的枠組みとターゲットを示します。さらには、このようなとらえ方の背景にある、子どもの人権概念、その概念を基礎にした、子ども家庭福祉の理念について学びます。
担当講師: 山縣 文治 (関西大学教授) ゲスト:福田 公教(関西大学准教授)
第3回 子ども家庭福祉の歩み
子ども家庭福祉は社会福祉の一分野です。本章では、まず、社会福祉の原初形態について学習します。それを踏まえ、欧米の子ども家庭福祉のあゆみ、日本の子ども家庭福祉のあゆみを学習します。
担当講師: 山縣 文治 (関西大学教授) ゲスト:小池 由佳(新潟県立大学准教授)
第4回 子ども家庭福祉の援助
子ども家庭福祉は社会福祉の一分野であり、援助の基本的視点や進め方の多くは共通しています。ここでは、まず、その共通性について学びます。それを踏まえ、子ども家庭福祉分野の特性や援助目標についての理解を深めます。
担当講師: 山縣 文治 (関西大学教授) ゲスト:福田 公教(関西大学准教授)
第5回 子ども家庭福祉の法律と制度体系
子ども家庭福祉施策の基礎をなす法律の体系を理解し、それに基づく制度体系を解説していきます。さらに、施策の実現に重要な役割を果たす子ども家庭福祉の財源についても学習します。
担当講師: 山縣 文治 (関西大学教授) ゲスト:林 浩康(日本女子大学教授)
第6回 子ども家庭福祉の実施体制
子ども家庭福祉施策を有効に展開していくには、それを推進していくための体制整備や、実際に担う事業主体の充実が必要となります。本章では、推進機構としての行政、事業主体としての公的相談支援機関、公的施策の事業主体としての民間機関、さらにそこに従事する専門職などについて学習していきます。
担当講師: 山縣 文治 (関西大学教授) ゲスト:林 浩康(日本女子大学教授)
第7回 就学前の保育・教育と子ども家庭福祉
子どもは育つ存在であると同時に、育てられる存在でもあります。子どもを育てるもっとも大きな存在は、当然のことながら親になりますが、成長するにつれて、社会制度も重要な意味をもちます。本章では、就学前の保育・教育の中心的な資源である保育所および幼稚園を中心に、そのあゆみや現状を理解することを目標とします。
担当講師: 山縣 文治 (関西大学教授) ゲスト:汐見 和恵(新渡戸文化短期大学教授)
第8回 地域子育て支援と子ども家庭福祉
就学前の保育・教育施策の展開で明らかにしたように、戦後の就学前保育・教育施策は、大きく5段階で展開しています。このうち、第4段階が地域子育て支援への展開期でした。本章では、地域子育て支援への取り組み経過と、内容等について学習します。
担当講師: 山縣 文治 (関西大学教授) ゲスト:汐見 和恵(新渡戸文化短期大学教授)
第9回 社会的養護と子ども家庭福祉
社会的養護の施策を考えるためには、まずは社会的養護問題とは何かを理解する必要があります。社会的養護の問題は、子どもの生存権にもかかわる大切な問題であり、その施策の構築には、人権視点も重要になります。本章では、子どもの権利条約も含めながら、社会的養護のあり方を検討します。
担当講師: 山縣 文治 (関西大学教授) ゲスト:林 浩康(日本女子大学教授)
第10回 子ども虐待と子ども家庭福祉
子ども虐待は、社会的養護問題の一つですが、近年、死亡事例など、問題が深刻化しているため、社会的に大きな関心を集めています。そのため、本章でも、独立してこの問題を取り上げています。子ども虐待は、子どもの人権を侵害するものであり、保護者の状況を理解しつつも、あくまでも、子どもの視点でこれに取り組む必要があります。
担当講師: 山縣 文治 (関西大学教授) ゲスト:林 浩康(日本女子大学教授)
第11回 ひとり親家庭と子ども家庭福祉
ひとり親家庭は、徐々に増加しています。ひとり親として子どもを育てるには、自らの努力も当然必要ですが、社会的な支援も必要です。ひとり親家庭の生活基盤は必ずしも十分ではありません。本章では、ひとり親家庭の現状を知るとともに、どのような支援策が講じられているかについて学習します。
担当講師: 山縣 文治 (関西大学教授) ゲスト:小池 由佳(新潟県立大学准教授)
第12回 障がいのある子どもと子ども家庭福祉
障がいのある子どもに対する福祉サービスは、「障がい」を軸に構築していくのか、「子ども」を軸に構築していくのか。本章では、単なる福祉サービスの紹介に留まらず、「障がい」観を基礎に、問題を把握することに努めます。また、近年大きく変化している障がい福祉サービスの枠組みについても理解を深めます。
担当講師: 山縣 文治 (関西大学教授) ゲスト:小池 由佳(新潟県立大学准教授)
第13回 母子保健と子ども家庭福祉
母子保健は、とりわけ、妊娠期から幼児期における母と子の健康を支援するための施策です。母子保健施策は、母子保健法を中心としつつ、児童福祉法や地域保健法などにより実施されています。本章では、母子保健の水準、実施体制、サービスの概要について整理し、今後の課題について検討します。
担当講師: 山縣 文治 (関西大学教授) ゲスト:小池 由佳(新潟県立大学准教授)
第14回 さまざまな子ども育成施策と子ども家庭福祉
本章では、これまでの各章で紹介してきた子ども家庭福祉施策では紹介できなかった子ども育成施策のうち、私たちが日常生活で出会う可能性が高いものや、近年、大きな課題となっている3つの内容について学習します。
担当講師: 山縣 文治 (関西大学教授) ゲスト:林 浩康(日本女子大学教授)
第15回 子ども家庭福祉の展開と展望
子ども家庭福祉施策に限らず、社会福祉施策の内容は国民の生活に密着したものであり、常に変化し続ける必要があります。このことは、一方で、生活状況の変化の後追いである点は否めず、常に対応できていない課題があるということを意味しています。本章では、この20年の社会福祉改革、子ども家庭福祉改革を概観し、さらなる課題について検討します。
担当講師: 山縣 文治 (関西大学教授)

放送メディア:

テレビ

放送時間:


2017年度 [第1学期] (金曜)
12時00分〜12時45分
2016年度 [第2学期] (水曜)
6時00分〜6時45分

単位認定試験 試験日・時限:

2017年度 [第1学期]
2017年7月30日 (日曜)
8時限 (17時55分~18時45分)

単位認定試験 試験日・時限:

2016年度 [第2学期]
2017年1月26日 (木曜)
1時限 (9時15分~10時05分)

開設年度:

2015年度

科目区分:

専門科目

科目コード:

1518992

単位数:

2単位
このページの先頭へ