社会福祉の国際比較(’15)

主任講師: 埋橋 孝文

現在のグローバリゼーションの進展下での各国のダイナミックな対応を示し、海外の社会保障・社会福祉への理解を深め、また、わが国への示唆を得る。 検討中リストに追加

各回のテーマと放送内容

※テーマをクリックすると授業内容が表示されます。

第1回 社会福祉の国際比較
先進諸国の社会福祉はどのような構造と特徴をもち、どういう役割を果たしているのであろうか。本章は、その全体像を大掴みに把握することを目的としている。
担当講師: 埋橋 孝文 (同志社大学教授) 
第2回 医療保障制度の国際比較
高齢化の進展と技術の進歩に伴い、各国とも医療費支出が上昇している。主要先進5か国における医療保障制度の基本構造を明らかにし、改革の動向を探る。
担当講師: 岡 伸一 (明治学院大学教授)
第3回 失業保障制度の国際比較
雇用・失業問題は先進諸国に共通する課題である。主要先進5か国において、失業保険制度を中心に失業保障の基本構造を明らかにし、対応の在り方を比較・検討する。
担当講師: 岡 伸一 (明治学院大学教授)
第4回 国際機関の社会保障政策
社会保障の国際的な諸問題を解決するために国際機関の強力なリーダーシップが不可欠である。国際的に影響力を持つ国際連合、ILO、EU、欧州評議会の社会保障政策を概観する。
担当講師: 岡 伸一 (明治学院大学教授)
第5回 国際比較から見た日本の公的扶助制度とセーフティネット
日本の公的扶助制度である生活保護制度は国際比較的にみてどのような特徴があるのであろうか。本章ではその仕組みや水準に関する特徴を探っていく。
担当講師: 埋橋 孝文 (同志社大学教授)
第6回 福祉国家の発展と政治
本講義では、福祉国家とは何かを検討し、その推進力として民主主義政治が重要な役割を担ったこと、福祉国家の発展を導く上でとりわけ重要なのは市場の生み出す不平等を是正しようという考えと勢力であったことを明らかにする。

担当講師: 新川 敏光 (京都大学大学院教授)
第7回 福祉国家の諸類型
福祉国家と一口にいっても、現実の福祉国家は多様である。本章では、そのような多様性を脱商品化と脱家族化という基準に基づいて、社会民主主義、保守主義、自由主義、家族主義という四つに分類し、それぞれの類型の特徴を、代表的例を紹介しながら、明らかにする。
担当講師: 新川 敏光 (京都大学大学院教授)
第8回 福祉国家再編の政治
福祉国家は一国主義的な経済管理と完全雇用を前提に、民主主義政治を通じて実現した。しかしグローバル化のなかで一国主義的な経済管理は限定され、他方で各国とも高齢化が進行している。このようななかで福祉国家政治はどのように再編されようとしているのかを理解する。
担当講師: 新川 敏光 (京都大学大学院教授)
第9回 日本の高齢者ケア
日本は、これまで高齢者問題にどのように対応し、現在、何が課題となっているのだろうか。日本の高齢者福祉の過去と現在を振り返り、家族ケアの社会化の視点から社会福祉のあり方について考える。
担当講師: 大塩 まゆみ (龍谷大学教授)
第10回 スウェーデンの高齢者ケア
福祉先進国スウェーデンの高齢者福祉の歴史的変遷と思想基盤を探り、高齢者ケアの最近の動向・特徴を紹介する。
担当講師: 大塩 まゆみ (龍谷大学教授)
第11回 家族ケアの社会化と男女平等思想
人口の高齢化と要介護高齢者の増加という共通する課題に対して、日本とスウェーデンは、どのような視点で社会制度化してきたのだろうか。両国の社会福祉の発達史についての共通点と相違点を比較検討し、ケアの社会化を進める原動力となった民主主義思想や家族政策に焦点をあてて考察する。
担当講師: 大塩 まゆみ (龍谷大学教授)
第12回 東アジアの社会福祉
近年経済の発展や少子高齢化などを背景に、社会福祉が急速に発展している東アジアを取り上げ、制度発展の全体的な背景や経緯を紹介したうえで、東アジアの社会福祉を考える際に必要な視点を提示する。
担当講師: 李 蓮花 (静岡大学准教授)
第13回 韓国と台湾の社会福祉
日本以上に深刻な少子化、若年の雇用不安、外国人労働者や移民への対応を迫られている21世紀の「新興福祉国家」―韓国と台湾が直面する課題とその対応を考察する。
担当講師: 李 蓮花 (静岡大学准教授) 
第14回 中国の社会福祉
経済の急成長と格差の拡大を背景に、中国でも近年「皆保険・皆年金」を中心とする福祉拡充が行われている。これらの福祉改革の背景、現状および特徴を明らかにする。
担当講師: 李 蓮花 (静岡大学准教授) 
第15回 世界の社会福祉で注目される政策動向
先進諸国に共通した福祉政策の新しい動向として、ワークフェア、メイキング・ワーク・ペイ、ディーセントワークの3つを取り上げる。その上で、こうした国際動向が日本に対して示唆するものをまとめる。
担当講師: 埋橋 孝文 (同志社大学教授) 

放送メディア:

テレビ

放送時間:


2017年度 [第1学期] (金曜)
6時45分〜7時30分
2016年度 [第2学期] (木曜)
22時15分〜23時00分

単位認定試験 試験日・時限:

2017年度 [第1学期]
2017年7月23日 (日曜)
6時限 (15時35分~16時25分)

単位認定試験 試験日・時限:

2016年度 [第2学期]
2017年1月22日 (日曜)
4時限 (13時15分~14時05分)

開設年度:

2015年度

科目区分:

専門科目

科目コード:

1519000

単位数:

2単位
このページの先頭へ