道徳教育の方法(’15)

主任講師: 堺 正之

道徳教育を支える基礎理論を学び、学校における道徳教育の目標と内容、児童生徒の道徳性を育成するための指導計画、道徳の時間の指導方法について理解を深める。具体的な到達目標は以下の通りである。
(1)道徳教育の基礎となる概念、理論、歴史についての知識を有している。
(2)小中学校の教育課程における道徳の位置づけと道徳教育の目標・内容を理解している。
(3)道徳教育の計画の意義、道徳の時間の指導過程や指導方法に関する基本的事項を理解している。
(4)以上の目標を達成する中で、自分自身の道徳観・道徳教育観を深めている。 検討中リストに追加

各回のテーマと放送内容

※テーマをクリックすると授業内容が表示されます。

第1回 道徳と道徳教育
道徳には社会に根づいた「制度」としての側面があり、人間は道徳規範に従うことによって絶えざる自己決定を免除される。しかし、他方で道徳は個人の「自由」において自律的に行使されることに本質的な意義がある。本講義では、「道徳」の本質を類義語との比較などを通して明らかにするとともに、現代社会において求められる道徳教育のあり方を考察することにより授業全体の導入とする。
担当講師: 堺 正之 (福岡教育大学教授)
第2回 日本における道徳教育の歩み
戦後日本では、道徳教育は学校における教育活動全体を通じて行うという原則が確立され、1958年の道徳の時間の実施以降も堅持されている。ここには戦前・戦中の教育への反省と、時代の要請を背景とする学校教育の方向性が反映している。この講義では、以上のような問題意識から、主に戦後の教育改革と道徳教育の歩みについて考察する。
担当講師: 堺 正之 (福岡教育大学教授)
第3回 シティズンシップ教育の要請
これからの社会を形成する主体として自立し、権利と義務の行使により、社会に積極的に関わろうとする態度等を身に付けさせる教育(シティズンシップ教育)の必要性が認識されてきている。本講義では、このような要請に応えうる取り組みとしての法教育など社会参画への意欲を高める教育と道徳教育の関係について考察する。
担当講師: 堺 正之 (福岡教育大学教授)
第4回 子どもの発達と道徳教育(1) -社会化論-
「道徳」には、社会によって承認される行為の規準という側面がある。共同体に生きる個人にとって、道徳は外的・客観的に存在するものであり、これを内面化することこそが教育の本質であるとする立場もある。この講義では、「個」が強調される現代において子どもたちに社会との絆を意識化させることに重きを置く指導の在り方について考察する。
担当講師: 堺 正之 (福岡教育大学教授)
第5回 子どもの発達と道徳教育(2) -道徳性発達論-
人格の基盤をなす道徳性の形成については、それを説明するいくつかの立場がある。この講義では、ピアジェらに代表される認知発達論に基づく研究をとりあげ、他律から自律へと向かう道徳性の各段階の特質を解説し、これに対応する子どもへの指導の在り方について考察する。
担当講師: 堺 正之 (福岡教育大学教授)
第6回 学校における道徳教育(1) -教育課程上の位置づけとその目標-
小学校及び中学校の教育課程には「道徳」という領域が設定されており、学習指導要領は道徳教育の目標を「道徳性を養うこと」であるとしている。この講義では、学校における教育活動全体を通じて児童生徒の道徳性を養う上で、どのような側面に着目することが効果的かについて考察する。
担当講師: 堺 正之 (福岡教育大学教授)
第7回 学校における道徳教育(2) -道徳の内容-
道徳の内容は、児童生徒が自ら道徳性を発展させるための窓口であると言われる。この講義では、その広がり(4つの視点)とつながり(学校、学年の接続や系統性)という点から解説する。また、いくつかの内容項目を取り上げて深く掘り下げ、道徳的指導の在り方について考察する。
担当講師: 堺 正之 (福岡教育大学教授)
第8回 学校における道徳教育(3) -道徳の指導計画-
道徳教育はあらゆる教育活動を通じて児童生徒の道徳性の育成を図るものであり、各教科等における道徳教育と、それらを補充、深化、統合する道徳の時間の指導とが関連をもって機能することではじめて効果が期待できる。この講義では、道徳教育の全体計画をはじめ、道徳教育の諸計画が有効に機能するための方策について考察する。
担当講師: 堺 正之 (福岡教育大学教授)
第9回 道徳授業の実践(1) -道徳の時間の意義-
学習指導要領では、道徳の時間の教育課程上の位置づけを「要(かなめ)」と表現するとともに、その目標を「道徳的価値及びそれに基づいた人間としての生き方についての自覚を深め道徳的実践力を育成する」(中学校)ことであるとしている。この講義では、授業という形をとりながらねらいをもって道徳教育を行う場としての道徳の時間の意義について解説する。
担当講師: 堺 正之 (福岡教育大学教授)
第10回 道徳授業の実践(2) -道徳の時間の指導過程・指導方法-
道徳の時間の形態は、教科のそれと共通するところも多い。しかし、生徒の道徳的価値及びそれに基づく人間としての生き方についての自覚を深め道徳的実践力を育成するという目標に応じた固有性がある。この講義では、道徳の時間のねらいに迫るため、どのような指導過程を構成するのかについて考察するとともに、一般的に用いられるさまざまな指導方法について解説する。
担当講師: 堺 正之 (福岡教育大学教授)
第11回 道徳授業の実践(3) -新たな指導法の開発-
前回において検討した「基本型」の課題を乗り越えるために、道徳授業の新しい在り方を模索して、指導過程や指導方法を多様に展開する試みが行われている。この講義では、今日提唱されているさまざまな道徳授業論を紹介、比較検討するとともに、これらを補完的に応用しようとする取り組みについて考察する。
担当講師: 堺 正之 (福岡教育大学教授)
第12回 道徳教育における評価
道徳教育も教育活動の一環である以上、その改善のためには適切な評価を必要としている。この講義では道徳教育の「要」である道徳の時間(道徳授業)の評価を中心として、評価の観点や方法について説明を加えるとともに、子ども理解にもとづく道徳性の評価という課題についても考察する。
担当講師: 堺 正之 (福岡教育大学教授)
第13回 道徳教育における家庭・学校・地域社会の連携
社会の大きな変化の中で家庭や地域の教育力が低下したことが子どもの生活習慣の未確立につながり、さらには問題行動の背景にあると指摘されている。この講義では、学校が道徳教育を進めるにあたって、家庭や地域社会との共通理解を深め、協力体制を整えるとともに具体的な連携を図る方策について、具体的な取り組みの事例を交えて考察する。
担当講師: 堺 正之 (福岡教育大学教授)
第14回 外国における道徳教育
日本の道徳教育の特徴を理解するためには、外国の道徳教育との比較という視点が有効である。この講義では、学校教育における宗教の位置づけやシティズンシップ教育の動向等を視点として、諸外国における道徳教育を類型的に紹介する。
担当講師: 堺 正之 (福岡教育大学教授)
第15回 道徳教育の課題 -人権と道徳、道徳教育の妥当性-
教育するという意図がいかに善いものであったとしても、「教育的配慮」には子どもの人権を制約する側面があることは否定できない。「教育的配慮」は常に子どもの「人格的自律への配慮」とのバランスを必要とする。この講義では、このような道徳教育の妥当性にかかわる問題について体罰等を例にとりながら考察するとともに、道徳教育の課題を提示して授業全体のまとめとする。
担当講師: 堺 正之 (福岡教育大学教授)

放送メディア:

ラジオ

放送時間:


2017年度 [第1学期] (水曜)
15時15分〜16時00分
2016年度 [第2学期] (日曜)
16時45分〜17時30分

単位認定試験 試験日・時限:

2017年度 [第1学期]
2017年7月30日 (日曜)
1時限 (9時15分~10時05分)

単位認定試験 試験日・時限:

2016年度 [第2学期]
2017年1月28日 (土曜)
7時限 (16時45分~17時35分)

開設年度:

2015年度

科目区分:

専門科目

科目コード:

1529013

単位数:

2単位
このページの先頭へ