通信概論(’14)

主任講師: 近藤 喜美夫

通信の基礎を理解することにより、通信について、またその応用などについて積極的に考えることができるようになることを目標とする。 検討中リストに追加

各回のテーマと放送内容

※テーマをクリックすると授業内容が表示されます。

第1回 信号の性質
信号を伝えるとき重要な役割を果たす波の性質と表現法を学ぶ。また波形とスペクトルの関係を理解し、波形がスペクトル成分の合成として表現される事を学ぶ
担当講師: 近藤 喜美夫 (放送大学名誉教授)
第2回 通信路と伝達関数
信号を伝える通信路について、その周波数特性など伝達特性が、通信路に加えられたインパルス応答から導かれた伝達関数により議論できることを理解するとともにフィルターの考え方を学ぶ。
担当講師: 近藤 喜美夫 (放送大学名誉教授)
第3回 情報伝送と情報量
情報量とその平均情報量の意味を理解し、符号化の方法とそのために必要な符号長と通信路で伝えられる情報量について学ぶ。
担当講師: 近藤 喜美夫 (放送大学名誉教授)
第4回 変調の方法
データを伝送するための変調、また信号の歪みによる符号間干渉や、SN比を最大にするための整合フィルターの考え方を理解し、変調信号の誤り率について学ぶ。
担当講師: 近藤 喜美夫 (放送大学名誉教授)
第5回 アンテナ
無線通信で用いられる電波について、空間における電磁波の性質を理解するとともに、アンテナの特性や給電方法、また代表的アンテナ形式についてその基礎を学ぶ
担当講師: 近藤 喜美夫 (放送大学名誉教授)
第6回 伝搬特性と通信
電波が伝搬することにより遮蔽、減衰の他、様々なところで反射、回折された波と相互に重なり合い、信号レベルの変動を生じる。この変動特性とこのような状況での通信の基礎を学ぶ。
担当講師: 近藤 喜美夫 (放送大学名誉教授)
第7回 誤り訂正符号
伝送途中で生じた誤りを検出、あるいは訂正する仕組みを、線形符号と線形符号の一つである巡回符号、また畳み込み符号を通して学ぶ。
担当講師: 近藤 喜美夫 (放送大学名誉教授)
第8回 通信の高速化
動画など高密度な情報伝送や伝搬路での複数の反射波への対応特性に優れた変調方式として、周波数拡散変調と複数キャリア変調などの基礎を学ぶ。
担当講師: 近藤 喜美夫 (放送大学名誉教授)
第9回 光の利用
光の信号を遠距離まで伝送できる光ファイバーや、光を効率的に発生する半導体レーザなどを用いて可能となっている光通信の基礎を学ぶ
担当講師: 近藤 喜美夫 (放送大学名誉教授)
第10回 音、動画の符号化
動画など情報量が大きいとき、耳や目の特性、また画像の特性を利用して情報量を圧縮する方法について、空間周波数による表現方法など、その考え方の基礎を学ぶ。
担当講師: 近藤 喜美夫 (放送大学名誉教授)
第11回 衛星通信
広い範囲での通信を可能とする衛星通信について、静止衛星、中継器特性などの基礎を理解するとともに、複数の局が同時に衛星を利用する多元接続などの考え方を学ぶ
担当講師: 近藤 喜美夫 (放送大学名誉教授)
第12回 放送
広い範囲に存在する不特定多数の受信者に信号を配信する放送について、デジタルテレビ放送の伝送方式とデータ放送の仕組みを学ぶ
担当講師: 近藤 喜美夫 (放送大学名誉教授)
第13回 インターネット通信
コンピュータ間を相互に接続して信号の交換を行うネットワークについて、その信号のやりとりの方法とこれを可能にする信号の宛先情報、また宛先に応じて転送をおこなう仕組みを学ぶ
担当講師: 近藤 喜美夫 (放送大学名誉教授)
第14回 インターネット応用
ネットワークにおいて複数のコンピュータに信号を届ける通信方法、また複数の利用者にサービスを提供する仕組みなど、ネットワークを介してコンピュータが連携する方法を理解する
担当講師: 近藤 喜美夫 (放送大学名誉教授)
第15回 安全な通信
情報漏洩など意図しない信号伝送、あるいは情報の変更に対してこれを防ぐ方法について、ファイアウォール、暗号、電子署名などの工夫とその考え方の基礎を学ぶ。
担当講師: 近藤 喜美夫 (放送大学名誉教授)

放送メディア:

ラジオ

放送時間:


2017年度 [第1学期] (金曜)
23時00分〜23時45分
2016年度 [第2学期] (土曜)
23時00分〜23時45分

単位認定試験 試験日・時限:

2017年度 [第1学期]
2017年7月30日 (日曜)
8時限 (17時55分~18時45分)

単位認定試験 試験日・時限:

2016年度 [第2学期]
2017年1月26日 (木曜)
1時限 (9時15分~10時05分)

開設年度:

2014年度

科目区分:

専門科目

科目コード:

1570129

単位数:

2単位
このページの先頭へ