現代の国際政治(’13)

主任講師: 高橋 和夫

一番目の目標は国際政治への興味を引き起こす。
二番目にニュースを批判的に受け取る姿勢を養う。つまり、誰が、どういう目的で、いかにしてニュースを「制作」したかを考える習慣を養うきっかけを提供する。そのためにニュース映像を多用し、その背景を解説する。
三番目に論理的な思考の習慣を養うきっかけを提供する。そのために適切な分量の印刷教材を提供し、読むと言う行為を通じての思考を求める。 検討中リストに追加

各回のテーマと放送内容

※テーマをクリックすると授業内容が表示されます。

第1回 テレビと国際政治/もうだまされないために 
テレビの国際政治に対する影響と為政者による映像操作の例を提示する。またユーチューブなどの新たなメディアの意味を考える。
担当講師: 高橋 和夫 (放送大学教授)
第2回 アメリカの世界戦略(1) スーパー・パワーへの道
アメリカの「普通」の国から超大国への成長の過程を振り返る。
担当講師: 高橋 和夫 (放送大学教授)
第3回 アメリカの世界戦略(2) 唯一のスーパー・パワーへ
第一次世界大戦、第二次世界大戦、冷戦という三回のアメリカのヨーロッパへの介入を解説し、唯一の超大国への軌跡をたどる。
担当講師: 高橋 和夫 (放送大学教授)
第4回 次のスーパー・パワーは?
スーパー・パワーの条件を検討しつつ、アメリカの次の「アメリカ」を考える。
担当講師: 高橋 和夫 (放送大学教授)
第5回 アメリカの中東政策   
アメリカの中東政策の目標は何か?アメリカは、なぜイスラエルを支持するのか?こうした疑問を考える。
担当講師: 高橋 和夫 (放送大学教授)
第6回 アフガニスタン(1) 大国のはざまで 
アフガニスタンの歴史を紹介する。その焦点は、19世紀からのイギリスとロシアの対立であり、1979年から1989年までのソ連の軍事介入である。
担当講師: 高橋 和夫 (放送大学教授)
第7回 アフガニスタン(2) 戦争から戦争へ
ターリバンの支配の確立後のアフガニスタン現代史を語る。アメリカの対ターリバン戦争、いわゆるアフガン戦争が話題の中心となる。
担当講師: 高橋 和夫 (放送大学教授)
第8回 パキスタンの苦悩
パキスタンという国家の直面する構造的な問題点を分析する。
担当講師: 高橋 和夫 (放送大学教授)
第9回 イラク(1) 同盟者フセイン
イラク国家の成立からイラク戦争までの時期を振り返る。また1980年代のアメリカとイラクの友好関係に光を当てる。 
担当講師: 高橋 和夫 (放送大学教授)
第10回 イラク(2) 「戦後」の風景
イラク戦争後に悪化した治安は、アメリカ軍の撤退までに劇的に改善した。その理由を語る。そしてアメリカ軍撤退以降のイラクの政治の現状を語る。焦点は二つである。第一にイラク中央政界の混乱、第二に北部のクルド地域の安定と繁栄である。 
担当講師: 高橋 和夫 (放送大学教授)
第11回 アラブの春
2011年に起こったアラブ諸国での民主化運動を振り返り、その動向を分析し、将来を展望する。
 
担当講師: 高橋 和夫 (放送大学教授)
第12回 イランとアメリカ/「世界の中心」と超大国 
イランの核開発をめぐる国際的緊張を近現代史の流れに位置づける。焦点はアメリカ・イラン・イスラエルの錯綜する関係である。
担当講師: 高橋 和夫 (放送大学教授)
第13回 アメリカのイスラム/文明の衝突を越えて
アメリカとイスラムの対決という図式が、しばしば描かれる。しかし、アメリカ国内にイスラム教徒が増えている。現実はスローガンより複雑である。このアメリカのイスラム教徒について論じる。
担当講師: 高橋 和夫 (放送大学教授)
第14回 ロボットの戦争
イラクやアフガニスタンでのロボット兵器の利用の実態を紹介し、戦争の将来におけるロボットの役割を考える。
担当講師: 高橋 和夫 (放送大学教授)
第15回 国際政治の新しい風景
国際機関、多国籍企業、「国内」官庁、NGO、個人などが国際関係の新しいアクターとして活躍している。この多様なアクターの織り成す万華鏡のような国際政治の風景を描写する。
担当講師: 高橋 和夫 (放送大学教授)

放送メディア:

テレビ

放送時間:


2017年度 [第1学期] (土曜)
16時00分〜16時45分
2016年度 [第2学期] (火曜)
12時00分〜12時45分

単位認定試験 試験日・時限:

2017年度 [第1学期]
2017年7月23日 (日曜)
5時限 (14時25分~15時15分)

単位認定試験 試験日・時限:

2016年度 [第2学期]
2017年1月22日 (日曜)
3時限 (11時35分~12時25分)

開設年度:

2013年度

科目区分:

専門科目

科目コード:

1639250

単位数:

2単位
このページの先頭へ