化学結合論-分子の構造と機能(’17)

主任講師: 橋本 健朗

1.原子や分子の大きさ、電子の振る舞いの特徴、化学結合ができる仕組みを理解する。
2.炭素化合物の構造多様性とその原因を結合論、原子軌道、分子軌道の観点から理解する。
3.材料として機能する分子とその集合体の構造、電子状態と機能の関係を具体例を通じて理解する。
4.分子レベルでの遺伝の仕組み、放射線による化学結合の破壊とその生体への影響を理解する。
5.生体物質の化学結合、構造、機能、反応および医薬品の働きを理解する。 検討中リストに追加

各回のテーマと放送内容

※テーマをクリックすると授業内容が表示されます。

第1回 原子、分子の世界
実験結果に基づき、電子などミクロな世界での粒子の運動状態の記述には、従来の物理学に代わる新しい理論が必要であることを示す。水素原子の離散的なエネルギー準位、電子の波動性と粒子性の二面性が重要である。原子の大きさ、励起エネルギーのオーダーも押さえる。
担当講師: 橋本 健朗 (放送大学教授)
第2回 量子化学の基礎
量子力学の基礎方程式(シュレーディンガー方程式)を作り、その性質を調べ、さらに理論に基づく予想と実験とを比較する。シュレーディンガー方程式を境界条件のもとに解くと、波動関数と離散的なエネルギー準位が得られる。水素原子が離散的エネルギー準位を持つ理由を電子の運動と結びつけて理解する。
担当講師: 橋本 健朗 (放送大学教授)
第3回 水素原子・水素様原子
水素原子の状態は、三つの量子数で指定される。波動関数は原子軌道と呼ばれ、量子数の組み合わせに応じて名前がついている。原子軌道は、動径成分と角度成分の積で与えられ、動径成分は軌道の広がりを、角度成分は軌道の方向を担う。節の数と形状、それらの量子数依存性を押さえる。
担当講師: 橋本 健朗 (放送大学教授)
第4回 原子と周期表
原子の姿を掴む。周期表を俯瞰的に見て、元素の並び方の規則を読み解く。元素の性質の原子番号依存性とその理由を解き明かす。水素様原子に多電子効果を取り込む考え方と、その結果が種々の原子の類似点、相違点(元素の多様性)にどうつながるのかを学ぶ。
担当講師: 橋本 健朗 (放送大学教授)
第5回 化学結合ができる仕組み
化学結合ができる仕組みを、量子力学に基づいて説明する。分子軌道法の考え方、結合性軌道、反結合性軌道、分子の電子配置を理解する。本章で学ぶ原理、規則を活用して、二原子分子ができるのか、できないのかを予想する。また、相対的な二原子分子の結合の強さを理論的に説明できるようになる。
担当講師: 橋本 健朗 (放送大学教授)
第6回 共有結合とイオン結合
二つの原子の原子軌道から、どのように分子軌道が構成されるかを予想するには、理論に裏付けられた簡単な指針がある。軌道相互作用と電子配置を合わせると、結合の強さや、分子内の電荷の偏りが説明できる。量子化学を活用して、化学結合の多様性とその原因を理解する。
担当講師: 橋本 健朗 (放送大学教授)
第7回 有機化合物:混成軌道がもたらす構造多様性
混成軌道の考え方を基に、有機化合物の炭素-炭素単結合、二重結合、三重結合がどのように形成されるのか、分子の立体構造と結合の種類にどんな関係があるのかを理解する。また非共有電子対の立体構造への影響も学ぶ。二つの電子に占有された軌道と隣の原子の空軌道の相互作用による配位結合も理解する。
担当講師: 佐藤 総一 (首都大学東京准教授)
第8回 分子間相互作用と固体、液体
結晶の種類、構造、性質を分子間相互作用及び化学結合をもとに理解する。金属の電子状態は、原子軌道が無限に繋がったという考えを基にしたバンド理論で説明される。不純物半導体は、構成原子の電子構造の類似点、相違点を巧みに利用している。原子と固体の電子構造を結びつけて、化学の理解を深める。
担当講師: 橋本 健朗 (放送大学教授)
第9回 π共役系と色素
我々の身の回りの製品は、たくさんの色で彩られている。π結合が共役したπ電子系からなる色素が、多彩な色の表現を可能にしている。π共役系が、吸収する可視光の波長を精密に制御でき、無数の色を作れる理由について量子化学的な観点から理解する。また、色の表現だけに留まらない機能性色素にもふれる。
担当講師: 西長 亨 (首都大学東京准教授)
第10回 分子結晶と有機半導体
π共役系の分子結晶では、その配列構造が結晶内でのπ電子の移動経路を決めており、電気伝導性に大きな影響を与えていることを理解する。また、適度に相互作用したπ共役系分子の集合体は、外部刺激に応答して伝導度を発現し、軽量で柔軟性の高い様々な半導体素子への応用が可能であることを学ぶ。
担当講師: 西長 亨 (首都大学東京准教授)
第11回 電離放射線の生体影響Ⅰ
電離放射線とは、原子に電離作用を及ぼす放射線の総称である。本章では、電離放射線の種類と物理化学的性質、電離放射線が化学結合を崩壊させる過程を学ぶ。さらに、生物の遺伝の仕組みを学び、電離放射線が生体に影響を及ぼすメカニズムを理解する。
担当講師: 廣田 耕志 (首都大学東京教授)
第12回 電離放射線の生体影響Ⅱ
電離放射線によって引き起こされる障害に、しきい値が存在する「確定的影響」としきい値が存在しない「確率的影響」があり、その違いについて学ぶ。また、電離放射線の強さを表す様々な単位について学び、電離放射線の強さによる生体影響の違いについて理解する。
担当講師: 廣田 耕志 (首都大学東京教授)
第13回 タンパク質の構造
タンパク質は、多数のアミノ酸が直鎖状に重合した分子であるが、多くの場合、折りたたまれたかたちで存在する。タンパク質の構造中では、水素結合によって形成されたαヘリックス、βシートとよばれる特徴的な構造(二次構造)がみられることや、タンパク質の立体構造の分類法等を本章で学習する。
担当講師: 三島 正規 (首都大学東京准教授)
第14回 生命機能とタンパク質の立体構造
細胞内でおこる様々な化学反応において、触媒として働いているのが酵素である。酵素の多くはタンパク質であり、触媒として機能する際には、多様な化学結合が重要な役割を果たしている。本章ではDNAポリメラーゼを例にとり、酵素による触媒(本章の例ではDNA伸長)メカニズムを解説する。
担当講師: 三島 正規 (首都大学東京准教授)
第15回 タンパク質の立体構造と医薬品
医薬品は、一般に、体内で特定のタンパク質に結合し、そのタンパク質が生体内で果たしている機能に影響を及ぼすことで、薬としての作用を現す。医薬品とタンパク質との結合では、さまざま化学結合が形成されているが、本章ではサリドマイドとノイラミニダーゼ阻害剤を例に解説する。
担当講師: 橋本 健朗 (放送大学教授) 三島 正規 (首都大学東京准教授)

放送メディア:

テレビ

放送時間:


2018年度 [第1学期] (火曜)
13時00分〜13時45分
2017年度 [第2学期] (土曜)
15時15分〜16時00分

単位認定試験 試験日・時限:

2018年度 [第1学期]
2018年7月29日 (日曜)
5時限 (14時25分~15時15分)

単位認定試験 試験日・時限:

2017年度 [第2学期]
2018年1月21日 (日曜)
3時限 (11時35分~12時25分)

開設年度:

2017年度

科目区分:

導入科目

科目コード:

1760076

単位数:

2単位
このページの先頭へ