カリキュラム編成論(’13)

主任講師: 田中 博之

① カリキュラム編成の理論について、歴史的考察をふまえて理解している。
② カリキュラム編成の方法について、具体的な実践事例をふまえて理解している。
③ カリキュラム編成の理論と方法の特徴について、小論文形式等でわかりやすく論述することができる。
検討中リストに追加

各回のテーマと放送内容

※テーマをクリックすると授業内容が表示されます。

第1回 カリキュラム編成の特徴と今日的課題
初回の講義では、カリキュラムという用語の定義を行うとともに、その編成の特徴に関する基礎的な解説を行う。さらに、学校におけるカリキュラム編成の今日的課題を幅広くとらえることにより、学校がなぜ、どのように、どうやってカリキュラムを編成すべきなのかという問いに答えるようにする。
担当講師: 田中 博之 (早稲田大学教職大学院教授)
第2回 カリキュラム編成の理論と原理
カリキュラム編成の理論について、国内と海外の諸理論を歴史的に紹介するとともに、編成に関わる基本原理について解説する。また、それらの理論が学校でのカリキュラム編成の今日的課題とどのように結びついているかについて理解できるようにする。
担当講師: 田中 博之 (早稲田大学教職大学院教授)
第3回 カリキュラムの基盤をなす学力モデル
学校のカリキュラムは、その時代の学力観に強い影響を受けて編成される。そこで、平成23年度から全面実施となった新学習指導要領の学力観を検討するとともに、OECDが提唱する国際標準学力としてのキー・コンピテンシーやPISA型読解力についても解説を加える。
担当講師: 田中 博之 (早稲田大学教職大学院教授)
第4回 カリキュラムの統合
学校カリキュラムの領域を構成する原理として、「カリキュラム統合」という軸がある。これに沿って、今日のわが国の学校カリキュラムにおいては、総合的な学習の時間が設置されている。その歴史的・原理的な解説を行うとともに、今日的課題から見た総合的な学習の時間のカリキュラム編成のあり方を検討する。
担当講師: 田中 博之 (早稲田大学教職大学院教授)
第5回 新教科創設のためのカリキュラム開発と研究開発学校制度
学校カリキュラムの編成の中でも最も大規模な作業となるのが、新教科の設立である。文部科学省指定の研究開発学校での様々な取り組みを紹介しながら、それぞれの新教科設置のねらいや特徴について幅広く検討する。
担当講師: 田中 博之 (早稲田大学教職大学院教授)
第6回 教科横断的な課題(1)言語活動の充実
今日のカリキュラム編成においては、学校カリキュラムの全体に関わる教科横断的な教育課題の解決が求められている。その一つ目として、「言語活動の充実」という課題を取り上げ、そのねらいと特徴、カリキュラム編成上の工夫点について、事例を紹介しながら検討する。
担当講師: 田中 博之 (早稲田大学教職大学院教授)
第7回 教科横断的な課題(2)活用を図る学習活動
学校カリキュラムの全体に関わる教科横断的な教育課題の二つ目として、「活用を図る学習活動」を取り上げ、そのねらいと特徴、カリキュラム編成上の工夫点について、事例を紹介しながら検討する。
担当講師: 田中 博之 (早稲田大学教職大学院教授)
第8回 教科横断的な課題(3)学習スキルの育成
学校カリキュラムの全体に関わる教科横断的な教育課題の二つ目として、「学習スキルの育成」を取り上げ、そのねらいと特徴、カリキュラム編成上の工夫点について、事例を紹介しながら検討する。
担当講師: 田中 博之 (早稲田大学教職大学院教授)
第9回 人間関係スキルを育てるカリキュラムの編成
子どもの人間関係スキルを育てることが、今日の学校において喫緊の課題になっている。そこで、先進的な取り組みを行っている小学校と中学校のカリキュラムを紹介しながら、人間関係スキルの計画的かつ系統的な育成方法について検討する。
担当講師: 田中 博之 (早稲田大学教職大学院教授)
第10回 クロス・カリキュラムの編成
教科横断的な課題をカリキュラム編成に生かす視点と方法に加えて、さらにカリキュラム統合の方法として、教科横断的なカリキュラム編成がある。これは、いくつかの教科・領域・時間を組み合わせて大単元を構成するものである。その意義と方法について事例を交えて具体的に解説する。
担当講師: 田中 博之 (早稲田大学教職大学院教授)
第11回 学級経営カリキュラムの編成
今日の学校教育で大きな課題である学級経営のあり方を改善し、子どもの集団づくりに効果を上げるために、学級経営カリキュラムを作成・実施することを提案する。ここで、学級力モデルを検討し、学級経営の新手法を具体的に解説する。
担当講師: 田中 博之 (早稲田大学教職大学院教授)
第12回 カリキュラム開発のケース・スタディー
第5章で検討した研究開発学校におけるカリキュラム開発の事例について、新教科「市民科」と「ドラマ科」を取り上げて、その具体像とカリキュラム開発の特徴について具体的に解説する。
担当講師: 田中 博之 (早稲田大学教職大学院教授)
第13回 海外のカリキュラムに学ぶ
わが国の学校カリキュラムのあり方は、少なからず海外の影響を受けている。そこで、日本の学校カリキュラムに影響を与えているイギリスやアメリカの動向を紹介しながら、これからのカリキュラム編成について考える。
担当講師: 田中 博之 (早稲田大学教職大学院教授)
第14回 R-PDCAサイクルに基づくカリキュラム・マネジメント
各学校で編成したカリキュラムを組織的・計画的に実施・改善するためには、R-PDCAサイクルによる学校を基盤とした編成手法、つまりカリキュラム・マネジメントが必要となる。その意義と方法について具体的に解説する。
担当講師: 田中 博之 (早稲田大学教職大学院教授)
第15回 漸進的カリキュラム編成法の意義と特徴
教科横断的なカリキュラムや総合的な学習の時間におけるカリキュラムは、年度当初に編成された詳細案を実施するのではなく、入手可能な教材や実施可能な学習活動、さらには子どもの実態や反応に基づいて、実践を伴いながら漸進的に編成されることが必要である。そのような漸進的カリキュラム編成の意義と方法について、実践事例に基づいて解説する。
担当講師: 田中 博之 (早稲田大学教職大学院教授)

放送メディア:

ラジオ

放送時間:


2016年度 [第2学期] (火曜)
17時30分〜18時15分

単位認定試験 試験日・時限:

2016年度 [第2学期]
2017年1月20日 (金曜)
3時限 (11時35分~12時25分)

開設年度:

2013年度

科目区分:

大学院科目

科目コード:

8920648

単位数:

2単位
このページの先頭へ